« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014/07/17

ロアルド・ダール『チョコレート工場の秘密』

『チョコレート工場の秘密』(ロアルド・ダール:著 柳瀬尚紀:訳 評論社:刊)読了。
「ロアルド・ダールコレクション」というロアルド・ダールの子供向けの?作品を集めた叢書の第2巻になります。
もちろんティム・バートンの映画『チャーリーとチョコレート工場』の原作ですな。

(のっけからネタバレゾーンにつき注意)

数年前、テレビでこのティム・バートンが05年に映画化した『チャーリーとチョコレート工場』と71年に最初に映画化された『チョコレート工場の秘密』がたて続けにあって、両方とも面白く観ました。

両作ともあらすじは同じ。
謎のチョコレート王、ウィリー・ウォンカ(この翻訳では「ワンカ」)の秘密の工場に招かれた、くじに当たった5人の子供たちと付き添いの大人たち。
そこはぶっ飛んだ場所。チョコの川が流れていたりして。その工場の見学の途中途中、子供たちはひとり、またひとりと、自らのわがままが招いたアクシデントで消えていきます。
そして、ひとり残った貧しい家の子供、チャーリーがウォンカから特別なプレゼントを手にする。
そんなお話しなんだけど。

ただ、チャーリーがワンカからの特別なプレゼントを貰うことになる最終的な流れがふたつの映画では違っています。
71年の『チョコレート工場の秘密』では、工場見学の前にライバル会社からのスパイを頼まれたチャーリーがそれを断ったのがきっかけ。信義を守ったのがきっかけ。
05年の『チャーリーとチョコレート工場』では、父親と仲たがいしていたウォンカが父親と和解する機会をチャーリーが作ったのがきっかけ。

71年の映画化作では「信義」がキーワードで、05年のでは「家族」がキーワードなのが面白いなと思いました。そして、そうなると、やっぱり原作をチェックして、原作的にはどういう流れなんだろと確かめてみたくなってきました。

ただそう思いつつ、原作本には手を出さず、ずっときたのですが。
たまたま入った本屋さんで本書を見かけて、そいやそだったなぁと思って読んでみることにしました。

続きを読む "ロアルド・ダール『チョコレート工場の秘密』"

| | コメント (0)

2014/07/16

ガールズ&パンツァーOVA

OVA『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』の劇場公開を観てきました。
『ガールズ&パンツァー』、ロートルの元ミリタリーマニアとして、正直言って初見時は最初はちょっとあの世界観に頭を抱えました。女子高生が二次戦型の戦車で戦う「戦車道」というのがあるのも、あんなあちこち引っ掛けたりめくれたりしけそうな格好で戦車に搭乗するのも、現実的にはありえないほど巨大な「学園艦」という設定も。…それらをなんとか受け入れても、あの、砲弾がびゅんびゅん飛び交う中、ハッチから身を乗り出して平気なのになんとも違和感を感じたのですが。ま、しばらく見ていたら、頭のネジがいい塩梅に何本か飛んでくれたらしく、楽しく見られるようになりました。
そして自分が内心ミリタリーに求めていた、(死と隣り合わせの、)血腥ささ、悲惨さ、悲壮さを逆照射してくれたと思ってます。こういうからっとしたミリタリーの世界もありなんだって。

『ガールズ&パンツァー』は、なんていうのかな「幸せな」作品だなぁって思います。ヒットしたのはもちろんですが、「聖地」の大洗の町おこしにも役立ち、町の人たちにも愛されて。どうしてそこまで愛されるようになったかはあまり解らないのですが。同じような「アニメで町おこし」の取り組みもたくさんなされているようですが、ここまで盛り上がっているのはほんと奇跡的じゃないかと思ってます。

もちろん大洗というロケーション、首都圏から日帰りでもいけるギリギリの距離、泊まればもっと楽しめる、小旅行気分が味わえる、そういうぴったりの場所が「聖地」だったせいもあると思うのですが。
しかし大洗の町の人たちも、普通のドラマじゃない、部外者にどれだけ解ってもらえるのかなぁって、高度なオタクリテラシーが必要そうなこのアニメに付き合ってくれて。

ほんと、ガルパンってたくさんの人に愛されている、幸せなアニメだなぁって。

ガルパンの本放送当時、制作スケジュールがかなりタイトだったようで、1クールアニメだったのに2回も総集編が入るという事になりました。(アニメの製作現場はかなりたいへんで、一概に責められる事ではないとも理解しています)
しかし、そのおかげか、2話総集編が入ったせいかオミットされてしまったアンツィオ高校戦が、こういうかたちでパワーアップしてOVAとしてリリースされることになった。それもほんとうにガルパンが稀有な愛された、幸せな作品だったからじゃないかなぁと。

私は残念だけど、好きなアニメのソフトやグッズを揃えたりは色々ちょっと無理です。大洗もミリタリーの師匠の土産話など聞くととても行ってみたいのですがちょいと無理。
OVAもソフトを買うのはちょっと無理なので、この映画館上映に行ってみたという次第です。

続きを読む "ガールズ&パンツァーOVA"

| | コメント (0)

2014/07/14

犬神まつり 千秋楽

土曜日は渋谷のO-EASTで「祝!20周年 犬神まつり千秋楽」というライブイベントを見てきました。J・A・シーザー&Asian Crack Bandさんご出演という事で。

当日のご出演は
人間椅子さん
J・A・シーザー&Asian Crack Bandさん
そして、犬神サアカス團さんでした。
犬神サアカス團20周年記念という事で、ソロツアーをなさっていたそうで、このライブでその千秋楽という事で、ゲストを迎えてのライブイベントだそうであります。

犬神サアカス團さん。もちろん寺山修司の映画『田園に死す』の劇中登場したサーカス団の名前。寺山系バンドとしてチェックしとかなきゃなぁと思いつつ、でありましたが。
ライブを拝見したのは一度だけ、確か母檸檬さんの対バンで拝見したと思います。そして、その時にマキシシングルを1枚買ったのが、私が持ってる犬神サアカス團さんの唯一の音源なのですが。
人間椅子さん。バンド名の元ネタはもちろん江戸川乱歩でありますな。お名前だけは存じ上げている程度でありますが…。
そしてJ・A・シーザーさんも。いちばん馴染みがあるといえばあるのだけど。シーザーさん率いる演劇実験室◎万有引力公演は行ってますが、シーザーさんの楽曲は疎くて。(なので、セットリストとかはわかりませぬ…)

ま、そういうスタンスであります。

どうやらオールスタンディングらしいのが不安要因でありますが。
腰の按配がどれだけもつかなぁ。

続きを読む "犬神まつり 千秋楽"

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »