« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014/01/19

『失踪日記2 アル中病棟』

『失踪日記2 アル中病棟』(吾妻ひでお:著 イースト・プレス刊)
読了。コミックスです。漫画家の吾妻ひでおがアル中で入院した、その体験記です。

私は吾妻ひでおのデビュー当時の衝撃を体験できた者のひとりです。漫画マニアの同級生に「すごい漫画がある」と見せられたのが吾妻ひでおの『やけくそ天使』でした。なんていえばいいのかな、あの、ぶっ飛んだアナーキーさ、衝撃を受けました。

それからまず『やけくそ天使』を全巻自分でも買い、そのほかの作品も買いました。
「やけ天」ではあまりわからなかったのですが、SFネタも多くちりばめられてSF者的にも面白かったです。(あたしはそんなにはSF小説読まなかったけど、オタクのはしりとして「SF」がある種のステータスだった時代でありました)

「吾妻ひでお現象」とでも呼ぶべきものがあのころ確かにありました。本書にアシスタントとして参加され、巻末で吾妻ひでおと対談されている“とり・みき”さんも他の本で自分が漫画家になったのは吾妻ひでおの影響だったとお書きになっていた記憶があります。

しかし、そのうち、吾妻ひでおの本を買うこともなくなり。新刊も出なくなり…。
失踪したらしい、などというゴシップ記事を昔の雑誌で読んだような記憶もありましたが。

2005年にその失踪時代を描いた『失踪日記』(イースト・プレス刊)が出たと知り、読みました。失礼かもしれませんが、面白かったです。それから時代は遡り、漫画家デビュー前夜を元にしたお話、『地を這う魚 ひでおの青春日記』(角川グループパブリッシング)も読みました。「地を這う~」は吾妻ひでおの真骨頂と呼ぶべきシュールなタッチで描かれていて、面白かったです。

そして今度は『失踪日記』でもちょっと触れられていた、アル中入院時代のころを題材にした『アル中病棟』であります。入院されていたのは時期的には98年末から99年にかけてのことだったようです。

続きを読む "『失踪日記2 アル中病棟』"

| | コメント (0)

2014/01/17

『壜の中の鳥』

先週の土曜日は明大前のキッド・アイラック・ホールで惑星ムラリス制作『壜の中の鳥 没30周年、寺山修司へ~』公演を観てきました。
惑星ムラリスというのは演劇実験室◎万有引力の村田弘美さんのユニットになるのかな(勘違いしてたらごめんなさい)。惑星ムラリス名義での公演は2008年の『歌うシンデレラ』、2009年の『壜の中の鳥』を拝見しています。3度目。

『歌うシンデレラ』は別役実戯曲のお芝居。住宅地の2階がアトリエになった?お宅を使った公園で、会場に向かう道すがらも役者さんたちがいたりして、面白いお芝居でした。大好きな井内俊一さんもご出演でね。
『壜の中の鳥』は朗読と音楽のパフォーマンス。村田さんと万有の森陽子さんとフルートの岩井藍子さんのお三方による公演でした。
(ほんと、ブログつけてるとあとからいろいろ検索できて便利だわ)

明大前のキッド・アイラック・ホールは初めて行く場所。明大前は三上寛さんがCDを出しているPSFレコードの直営店、モダ~ン・ミュージックがあるので何度か訪れている場所です。
キッド・アイラック・ホールはスタジオ形式の、決して広くはないホールなのですが、天井が高くて開放感があり、そう狭いと感じさせません。

ややあって開演。

続きを読む "『壜の中の鳥』"

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »