« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013/12/24

J・A・シーザーコンサート『大鳥の来る日』

12月20日、金曜日は豊島公会堂でJ・A・シーザーコンサート『大鳥の来る日-The End Of The World-』を見てきました。
(正直に告白すればJ・A・シーザーの楽曲はよく知りません。音源もあまり持っていません。寺山映画の音楽とか演劇実験実◎万有引力の劇伴としては親しんでいるのですが。で、演奏された曲の曲名はあまりよく解りませんでした.。以下、その点をお含みおきくださいな。)

会場の豊島公会堂は初めて行く場所かなぁ。故郷にいたころの、小さいころの、地元の市民会館とか学校の講堂を思い起こさせる、古びた場所。好きな雰囲気ですが。ただ、つくりが古いせいかデブ的には席が狭いのがちょっと…。

舞台には楽器がいっぱいに置かれてます。ドラムセットもキーボードも複数置かれています。舞台前には一段下がった台。開演してわかりましたが、ここがコーラス隊の場所になってました。

ややあって開演。

続きを読む "J・A・シーザーコンサート『大鳥の来る日』"

| | コメント (0)

2013/12/13

『寺山さん、誕生日おめでとうございます』

今年は寺山修司没後30年ということで、いろいろなイベントがあったようです。そして、そのいくつかは見に行って、楽しんできたのだけど。
昨日、12月10日は寺山修司の誕生日。それを記念して昭和精吾さんのトークショーがザムザ阿佐ヶ谷でありました。

今回は昭和精吾さんと昭和精吾事務所のこもだまりさんとイッキさんの朗読、そして萩原朔美さん、森崎偏陸さん、山田勝仁さんをお迎えしてのトークショーという趣向でした。

昭和精吾さんは天井棧敷元団員。あの伝説の『力石徹の葬儀』で弔辞を読まれた方。
萩原朔美さんは天井棧敷元団員、美少年役として入団され、のちに演出をお勤めになった方。
森崎偏陸さんは寺山修司の右腕であった方。そして寺山没後、寺山の母、はつさんに請われ、九條今日子さんと共にはつさんの養子となり、寺山修司の弟になられた方。
そして山田勝仁さんは演劇ジャーナリストでいらして、天井棧敷の美姫、新高けい子さんの評伝『寺山修司に愛された女優-演劇実験室◎天井棧敷の名華・新高けい子伝』(河出書房新社)をお書きになった方。

そうそうたる皆様でありました。

続きを読む "『寺山さん、誕生日おめでとうございます』"

| | コメント (0)

2013/12/09

『(仮)蛸の逆襲』

週末は青果鹿スタジオでTYO30/10記念公演『(仮)蛸の逆襲』というお芝居を観てきました。去年10月に同じく青果鹿スタジオであった烏合の衆公演『十月の蛸』のシリーズになりますか。演劇実験室◎万有引力関係の方々が多く参加されているというので。
井内俊一さんは万有でもいっとう好きな方です。

青果鹿スタジオは小体なスタジオ形式の劇場。
舞台奥に引き戸。これは去年の『十月の蛸』と同じかしら。あと、木枠の台、万有では「島」と呼ぶのでしたっけ?そのくらいが大道具。

お芝居はどういうお芝居といえばいいのかなぁ。

桃から生まれることのできなかった、生まれながらに欠落を抱えた桃太郎と、孫悟空、スーパーマン、C3POといったヒーローたちの物語、…と言って言えなくもないかしら?いや、言えないか…
ストーリー的にはうまく説明できないのだけど。

ストーリーが中心でずんずん進むというオーソドックスなお芝居ではないです。場面場面を楽しむような感じ、ここらへんは万有スタイルと言えるかなと。

続きを読む "『(仮)蛸の逆襲』"

| | コメント (0)

2013/12/03

『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』

つう訳で、やっとこさ映画館で『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』を観てきました。公開から1ヶ月以上経ってしまいました。前売り券も買ってスタンバっていたのですが、なんか腰が重くてなかなか持ち上がらず。

正直にいえば観に行くのがちょっと怖かったです。しばらく欝状態になるほど打ちのめされるんじゃないかと怖かったのです。

で、観に行ったので、ちょっと感想でも書いてみたいと思いますが。

えと、告白しますが、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズはテレビ版しか見てません。前2作の劇場版は未見です。劇場版はテレビシリーズの総集編という話ですが…。もし劇場版で追加された部分が伏線になっていたり、それ前提の部分があったら分からないのですが。
ま、それはもって瞑すということで…。
あ、あと、サイドストーリーのコミックスも読んでないか…。

しかしテレビ版で完結してる、これって続編作れないんじゃないかなぁと思っていたのですが、続編作っちゃうってほんと凄いと思います。

ネタバレゾーンに行く前に書いておきますと、面白くて、楽しめました。想像以上のストーリー展開でしたし、画づくり、美術もよかったです。それだけは事前に言っておきます。

では。

(以下、お話に触れながら書いていきますので、ネタバレ注意です)

続きを読む "『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』"

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »