« 万有公演『羅針盤式気球船』 | トップページ | エコール・ド・シモン人形展 »

2013/05/29

万有公演『架空庭園の犯罪《交声詩劇篇》』

昨日で3日目の笹塚ファクトリー。今度は演劇実験室◎万有引力の一回限りの特別公演『蜃気楼映画館映像劇 架空庭園の犯罪《交声詩劇篇》-闇の庭園俳優・ガーディナーたちの映像遊撃一夜』を観てきました。(いつもの事ながらタイトル長っ!)
『SUNA』公演に挟み込まれた特別公演。1983年5月の寺山修司の死去を受け、同年解散した演劇実験室◎天井棧敷の衣鉢を継ぐ演劇実験室◎万有引力の旗揚げ30周年記念特別公演のふたつめ。前日はそのひとつめ『羅針盤式気球船』を楽しみましたが。

定刻に勤務先を飛びだして、一服すると入場列をつくる時間(お腹、減ったけど…)。今回もいつもの万有の客入れと同じく、入場前のお客さんを整列させて一気に入場させる方式。そして、席自体は自由席です。かなり、むちゃくちゃ、前の方にしました。

『羅針盤式気球船』と同じく、舞台にはスクリーンが張られ、上手にはドラムセットとキーボードが設置されています。舞台前の一段低くなった台には小さな椅子と譜面台が数セット。

前日の『羅針盤式気球船』は万有引力の過去映像とトーク、そして団員の皆さんによる歌という、ある意味オーソドックスな回顧イベントだったのですが、今回はどういうスタイルなのかしら?と思っていましたが。万有公式サイトには「即興気ままに撮影された映像を、俳優弁士の試みとして構成した映像作品劇」とありましたが、いまいち想像できず…。

なんと、びっくり!スクリーンに映された映像と役者さんの掛け合いというかたちでした。
そうか、そういう事だったのか!!

その映像がちょう貴重品かと思うのですが。天井棧敷は(海外)公演の合間に映像を撮っていたようです。海外公演、かなり多忙だったと思いますが、よくそういうのを撮れる時間を作ったなぁと。それも単に風景を撮影したとかじゃなくて、きっちり天井棧敷ならではの映像として、役者さんも出して。
今回の映像はオランダ、イギリス、イランで撮影されたものとか。他でも撮ったりしてたのでしょうか。

数年前、「写真屋・寺山修司展」というのを見に行った事があります。寺山修司が撮った写真の展覧会。海外で撮影され、モデルさん?や天井棧敷の団員さんたちが配されたものでありましたが、あれも同じように海外公演の合間に撮影されたものなのかしら。

ちなみに寺山修司の写真のお師匠さんが荒木経惟。前日の万有特別公演『羅針盤式気球船』で、98年の万有引力公演、『人力飛行機ソロモン 青森篇』の映像で、荒木経惟さんが映っていらっしゃいましたが、寺山修司とそういう関係であったわけで。そして「寺山修司の弟」、偏陸さんが荒木経惟さんの人妻写真集のレイアウトをされているのも、そういうご縁からだと思うのですが。

しかし、ほんと、貴重な映像。未発表なのかしら?寺山修司には実験映画の世界もありますが、そちらに使われたりした事はあるのかしら?

そして、その映像に役者さんたちが絡んでいきます。ナレーションだったり、無声の映像の台詞だったり、スクリーンの中の役者さんたちと同じ格好をして演じたり。天井棧敷時代の映像ですから、三十数年を経ての共演。
これもまた寺山の実験映画『ローラ』のように、三次元と二次元、虚構と現実が侵食しあう、不思議な心地でした。

井内俊一さんのお中入りを挟んで、第二部。

第二部もまた映像の上映なんですが、今度は万有引力の映像。
そして、役者さんたちははけ、今度はアジアンクラックさんの演奏をバックに映像を見せるという趣向です。(ギターの方などは第一部からいらっしゃいましたが)
それから映像をバックにしての舞踏もありました。

万有引力さんは公演で映像もよくお使いですが。どういう方がどういうかたちで撮ってきたのかなぁ。公演にも使われた映像かしら?
何本か、きちんとクレジットが入って「映像作品」として完成された作品もありました。ほんと、公開されたりしたんでしょうか。
画面で鶏肉と戯れるシーンを見てたら、なんか生臭い匂いがしてきて驚いたのですが、バンドさんがキャベツかレタスみたいな野菜をいじってたり(そいや『SUNA』でも冷凍マグロのかすかな生臭さが…)。あと、希望するお客さんにワインもふるまわれました。あたしは森永牛乳がよかったぞ(笑)。

公演は2時間少々、楽しみました。
そしてちょっとさみしくもなって。

5月のどとーの寺山月間。いや、正確には4月頭の万有特別公演『アリス・イン・アンダーグラウンド』からですが。5月4日、寺山修司のお命日に高尾霊園でお墓参りそして昭和精吾さんの『われに五月を』公演。お墓参りの時に伺った、九條今日子さんの『回想・寺山修司』(角川文庫)を購入し、面白く拝読し。5月11日、国際寺山修司学会の懇親会にちょっと混ぜていただいて、翌12日は早稲田大隈講堂での寺山修司映画の上映会とトークショー。そして26日日曜日は万有引力本公演『SUNA』、そして27日の特別公演『羅針盤式気球船』、27日の特別公演『架空庭園の犯罪』。
めっちゃ楽しみました。そして終了。

次の万有公演は7月下旬の『邪宗門』とか。
そちらもできる限り見に行きたいと思っていますが。
ま、先のことが自分でもまったくわからない状況であります…。

|

« 万有公演『羅針盤式気球船』 | トップページ | エコール・ド・シモン人形展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万有公演『羅針盤式気球船』 | トップページ | エコール・ド・シモン人形展 »