« 森田智子さんのワンマンコンサート | トップページ | 万有公演『SUNA』 »

2013/05/22

3DS LLを修理に出しました

3DS LLを修理に出した話をちょっと書いてみます。
これから3DS LLを修理に出そうとする人にちょっと参考になるかと思って。
故障箇所とかはぼかして書きます。ま、かなり私の使い方が荒っぽかったのが原因でありますが…

故障したのが木曜日の夜でした。だいたい修理というと購入店に持ち込んで、というものだと思っていたので、持ち込もうかと思ったのですが。
任天堂のウェブサイトをチェックすると、任天堂のサービスセンターに送付しての修理という事もできるようで、その方法をとることにしました。

で、その木曜の夜にまずメールアドレスを登録して、その登録メールに記載されていたアドレスからオンラインで修理の申し込みをして。
発送用のキットというのを送ってくれるサービスもあるようなので、それを申し込みました。
受付番号の記載された受付完了メールが届きました。

それからその発送用キットが着いたのが翌週の月曜日でした。3日ぐらいで到着するそうなので、順当かと。
その発送用のキットというのは梱包用の段ボール箱と緩衝材や袋、そして箱の組み立て方 と送り方を説明した取り説もついてました。あ、あと、必要事項が記載されたゆうパック用の荷札もついてました。荷札の発送主のところがバーコードになっ ていて、私の名前だけ小さく書かれていて、住所が文字で書かれてないのにちょっと驚きました。ここまで合理化されてるんだなぁって。
郵便局の人もこのバーコード荷札にちょっと戸惑われた様子でしたよ。

んで、月曜日の夕方に故障した3DS LLをその箱に収めて発送しました。
そして、水曜日に受付け処理をしたとのメールがきて。

んでなんと。その翌日の木曜日に修理品を発送したとのメールが届きました。早っ!
その翌日の金曜日に修理完了品を受け取りました。
いやだいたい家電品やPC関連機器の修理って2週間~1ヶ月くらいかかるものだって思ってました。
こんなに早く済むなんて思ってもいませんでした。
(すべての修理がこの日程で済むとは理解しないでくださいな)

ま、サービスセンター側もバックオーダー抱えたりすれば置き場所も取るだろうから、すぐ修理してすぐ返送する方が効率はよいのかな。
それと、故障箇所の特定に時間がかかる故障でもなかったのかな。つかあやしい部分は即モジュール交換の方がむしろコスト的には安上がりになるだろうし。
もちろん直送修理なのもだいぶ日数の短縮に貢献してるのでしょう。店舗経由でサービスセンターに送るとすれば、それだけで日数取られるでしょうしね。
しかし、直送修理体制なのにえらく時間のかかった某メーカーも見習って欲しいぞ。

あと、もう一点、ちょっと気がついたことがあったので書きます。

私は3DS LLに、保護用にクリアプラのカバーを着けていたのですが。今回修理に出す時にカバーを外してびっくり。本体に大きな傷がいくつか入ってました。本体とカバーの隙間に硬くて小さいゴミが入ると、挟みこまれた状態で擦れてかえって大きな傷がつくようです。たまにカバーを外して掃除しなきゃいけなかったなと。

とまれ、ほんと、修理が早くてありがたく、嬉しかったです。
任天堂への好感度がだいぶアップしましたわ。
そしてもう壊さないように、もちょっと丁寧に扱わないとなぁ…。

|

« 森田智子さんのワンマンコンサート | トップページ | 万有公演『SUNA』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森田智子さんのワンマンコンサート | トップページ | 万有公演『SUNA』 »