« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/26

イメージフォーラム映像研究所2012年度卒業制作展

この週末はイメージフォーラム映像研究所2012年度卒業制作展を拝見してきました。
去年は別の用事と重なって1プログラムしか拝見できなかったのですが、今年は無事にA~Dの4プログラムぜんぶ見ることができました。昔はgとかhとかぐらいまでプログラムがあって全部見ようと思うと大変だったのですが。

イメージフォーラム映像研究所の生徒さんたちの作品が、私のような部外者(完全には部外者ではないけれど、少なくともOBとかではありません)に公開される、初めての機会かと。(もちろんそれ以前に作品を発表されている方も少なくないのでしょうが)

副都心線で渋谷へ。東横直通化から初めて。ヒカリエのエスカレーターで地上へ。それだけですが、ヒカリエに入ったのは初めて。昔のプラネタリウムのよすがらしい設置物を見てちょっと苦笑。
そして、久しぶりのイメージフォーラム。

まぁ私は実験映画についてきちんと教育を受けた者ではありません。そして、実験映画について語る事は難しいです。特に特定のストーリーを持たない、抽象的な、映像を構成した作品については。それを語る言葉もその作品にいたる系譜の理解も乏しいですし。なので、書かなかった作品がつまらないという事ではなく、それを語る言葉が無かったという部分もあることをお含みおきください。ま、「言い訳」として、まずそういう言葉を置きます。
あとそれと、記憶違い、勘違いがあったら、それもごめんなさい。

Bプログラム
「目目朱朱」(
木村瞳/ビデオ/15分)
ある女性の、日常の様子をモチーフにした作品。そのタイトル通り、淡い朱色が基調になっていて。

「哀情」(田代眞梨/ビデオ/4分)
イメージで綴られるショートストーリー。愛が壊れるまで、かなぁ。
押しつぶされた口紅。

「Trip」(須賀川望美/ビデオ/8分)
旅の映像でしょうか?自然や車窓っぽい風景、それを様々に加工し、重ねあわせ、そういった映像で構成されている作品。なんとなく私も旅に出たいなぁと感じました。

「ありきたりのふつうの日々」(白岩義行/8ミリ/58分)
8ミリフィルムはもうとっくの昔に販売終了していると思いますが、イメフォの卒展にはまだ8ミリ作品があります。これもその1本。

映画の世界を志す青年の焦燥と高揚を、ぼそぼそとした独白と、自画像を中心としたイメージ映像で構成した作品です。映画青年、だからこそのフィルム撮り、8ミリではないかと。
映画界を目指し、しかし思うようにいけず、苦悩する姿。それは視点をちょっとずらせば「イタい」姿。もちろん作者さんはそこまで理解して、あえてこしらえてると思いますが。

いや、人の一生というのは、大なり小なり「自意識」との戦いかもしれません。それなくしては人は生きられないのだろうけど、またそれは人をさいなむものであり。うまく折り合いをつけて生きるべきなのでしょうが。この歳まで生きてきて、そんな感じがします。

それはたとえば映画という「アート」だけではなく、サラリーマンの世界の出世競争も同じじゃないかと思います。「特別な人間」であろうとする欲望、それはほとんどの人が大なり小なり持っているんじゃないかしら。
この作品の主人公の焦燥を、たとえば会社でなかなか出世できないサラリーマンの焦燥と置き換えても、同じような作品ができるのではと。

続きを読む "イメージフォーラム映像研究所2012年度卒業制作展"

| | コメント (0)

2013/03/18

清水真理20周年記念個展

昨日はギャラリー新宿座さんへ。
『清水真理20周年記念個展1993~2013「St.Freaks~聖なる異形~」を拝見してきました。
人形作家・清水真理さんが活動を始めてから今年で20年になるそうで、それを記念した個展のようであります。
もう10年くらい前になりますか、三上寛さんのライブである球体関節人形作家さんに出会って。それからちょっと興味を持って、人形展とかもちょっと見るようになりました。清水真理さんもそういう中で出会ったおひとりであります。

ギャラリー新宿座さんは新宿御苑に程近い場所にあります。だったら新宿御苑も寄ろうと思って。ま、人形展拝見してから御苑と考えたのですが、調べてみると御苑は4時閉演だそうで、なので、御苑から先に見ることにしました。

東京暮らし幾星霜でありますが、新宿御苑に行くのは2度目。初めてのときはある集まりで行ったので、入ってすぐの広場しか行かなかったですが。

今回はちょっとだけ歩き回ってみました。温室とか、面白かったです。桜も全部じゃないだろうけど、咲いているのもあって、きれいでした。フランス庭園も、今は冬枯れで、並木もバラもさみしい感じでしたが、シーズンになれば壮観かと思います。
メタボがシャレにならない状態になっているので、ここんとこなるべく週末はいろんな所に行って歩いて体を動かそうと思っているので、新宿御苑も足しげく通いたいなと思いました。

着いた時間が遅かったので、しばらく滞在してるともう閉園時間。ギャラリー新宿座さんに向かいました。

続きを読む "清水真理20周年記念個展"

| | コメント (1)

2013/03/15

日比谷カタン/瀬里奈 ジョイントライブ

昨日は西荻窪のサンジャックさんで、日比谷カタンさんと瀬里奈さんのツーメンライブを見てきました。

最初が瀬里奈さん。瀬里奈さんはピアノ弾き語りの方。端整なピアノ。
どんな感じと書けばいいのか、経験も技巧も拙い私にはうまく書けないのだけど、私の知ってる範囲でたとえると、メルヘン風味のないVEXATIONさんか、自虐がなくて若い柴草玲さんというか。
ここらへん、完全に自分のレベル低さが露呈しますな。
ぶっちゃけた部分もあり。露悪なのかな、それとも妙な思い入れによる妙ないい方への勘違いをされたくないという、真摯さのせいなのか。
瀬里奈さんは丸刈り姿でした。以前は前髪ぱっつんだったようですが。「前髪ぱっつん系」のイメージを被せられるのが嫌だったのかなぁとちょっと思いました。これも前述の真摯さのせいなのかなぁ。
日比谷さんが女性だったら一周して前髪ぱっつんやりそうですが…。

続きを読む "日比谷カタン/瀬里奈 ジョイントライブ"

| | コメント (0)

2013/03/11

東郷隆『定吉七番の復活』

東郷隆『定吉七番の復活』(講談社)、読了。
四半世紀の時を越え、やれうれしやの定吉七番の復活です。
東郷隆さん、ほんとうに思い出深い方です。
(以下、私のおぼろげな記憶をネット情報で補強しつつ)

私が初めて東郷隆さんのお名前を見かけたのはいつだったかしら?『タミヤニュース』(田宮模型のPR誌)か『ホビージャパン』(模型雑誌)だと思うのだけど。
記憶は定かではないのだけど、とにかく30年以上前のことでした。

それから東郷さんは『コンバット☆マガジン』(ガン&ミリタリーのスーパーマガジン)の編集部に在籍していらして、ただ、私が『コンバット☆マガジン』を買い始めてからほぼ入れ違いに東郷さんは編集部を去られたように記憶しています。

東郷さんの『コンバット☆マガジン』編集部時代のお仕事の白眉は、(対ソ連のころの)アフガニスタン紛争真っ只中の、ムジャヒディーン(イスラムの「聖戦(ジハード)」を戦うイスラムの戦士たち)の後背地であったアフガニスタン-パキスタン国境地帯に潜入し、彼らが鹵獲した、当時噂になっていたソ連軍の新型小銃を取材されたこと。これはガンマニアの世界だけでなく、一般的な意味でも大スクープでした。この記事の載った『コンバット☆マガジン』誌は、後述する『戦場は僕らのオモチャ箱』を読んで興味を持って、バックナンバーで手に入れたと記憶しています。

そして『戦場は僕らのオモチャ箱』!これはその、東郷さんのアフガニスタン紛争に投入されたソ連軍の新型小銃探しを描いたルポルタージュ。その新型小銃の正体はAKシリーズの小口径高速弾化モデル、AK-74シリーズだったのだけど。(正確には東郷さんが見つけたのはAK-74のスタンダードタイプではなく、AK-74の分隊支援タイプの空挺モデル、長銃身、二脚つき、折り畳み銃床タイプの品物だったと記憶していますが。んで、その品物の折り畳み銃床のパーツは破損していたかと)

この、『戦場は僕らのオモチャ箱』という刺激的なタイトル、当時はまだまだ鉄のカーテンの向こうだったソ連の最新兵器が題材だったこと、そして何よりもその面白さで夢中になって読みました。
パキスタンの手作り銃器の街、ダラについて初めて知ったのも『戦場は僕らの~』でした。
イスラムの基礎知識、そして彼らにとって「聖戦(ジハード)」とは何かという解説もわかりやすくて面白く、それが私のイスラム理解の根っ子になってます。

ちなみにこれをヒントに船戸与一さんがお書きになったのが『血と夢』という冒険小説。
これも面白本でありますよ。

それから数年して、本屋さんの角川文庫売り場で東郷隆さんのお名前に再会しました。
それが定吉七番シリーズ第1作『定吉七は丁稚の番号』。本書は「ドクター・不好(プーハオ)」「オクトバシー・タコ焼娘」の2本の中篇を収めたもの。

夢中になって読みました。まさに「巻を措く能わず」状態。

「全関西人の食卓に納豆を!」のスローガンの元、暗躍する「NATTO」という関東の秘密結社、それに対する大阪商工会議所秘密会所所属の「殺しのライセンス」を持つ丁稚、定吉七番の活躍。ほんと、面白かったです。パロディ、そして薀蓄、私のツボにはまりまくるギャグセンス。

続く『ロッポンギから愛をこめて』『角のロワイヤル』『ゴールドういろう』『太閤殿下の定吉七番』、本屋さんで見かけると歓声を上げて購入し、夢中で読みました。
PCエンジンでゲーム化もされたらしいのですが、PCエンジンは持ってなかったのでそれは知らないのだけど。

『太閤殿下~』を読み終わって、新作を首を長くして待っていましたが、それは出ず。
そして、東郷隆さんは時代小説家への道へお進みになり。そちら大活躍され、大きい賞をいくつかお取りになったようです。そこらへんはあまり読んでないのですが、東郷隆さんの時代小説も面白かったと記憶しています。

それからまた数年して、こんどは講談社文庫から定吉七番シリーズが復刊される、旧角川文庫版はぜんぶ再刊され、新作も出る、という話を聞いて。
『定吉七は丁稚の番号』『ロッポンギから愛をこめて』復刊された2冊を買って(応援と云う意味と、それから角川文庫版は実家に置いてきたので)、続く復刊、そして新作をワクワクしながら待ったのですが。それで途切れてしまい、もちろん新作も出ませんでした。(改めてネットで調べると『ゴールドういろう』も講談社文庫版が存在するようですが、それの記憶はありません。出ていたのなら買ったはずとは思いますが。歳ですな)

まぁ、それはしょうがないものとも思いました。「定吉七番」シリーズはきわめてマニアックなシリーズじゃないかと思ってます。だから、熱く語ってしまう人は、思わず熱く語ってしまうから、このように(苦笑)。そしてその「熱い想い」を見た出版社の方が「これは売れるんじゃないか?」と思って出しても、マニア向け、少数の人が熱狂的にハマるような作品で、予想したよりもあまり売れなかったのではと思ってます。

ただほんと、ミリオタ(今は引退状態ですが)であり、ケンリックやハイアセンみたいな笑える冒険小説が大好きだった私にとっては、めちゃくちゃツボにはまる小説でありましたよ。
『角のロワイヤル』みたいだけど、バニーガール姿の女子高生が三脚つきMG42(34だったかも?)を軽井沢(清里だったかもしれない)で乱射するシーン、また読みたいなぁ。
(いや、ほんとうに読みたいのなら電子書籍版はまだ入手できるそうですが)

それからまたまた幾星霜、数年前ですが。こんどは雑誌に定吉七番の新作が連載されたという話を聞きました。おぉ、復活か!と喜んで。んで、単行本化を首をながぁ~くして待っていたのですが、音沙汰がどうもありません。
講談社文庫版の時から十数年、今はネットがありますから、検索してみると、どうも刊行が延び延びになってる様子。このままお蔵入りなのかなぁ…。と半ば諦めムードで待っていましたが。

んで、ある日、AMAZONで。またちょっと思い出して「定吉七番」で検索かけてみて。
「『定吉七番の復活』…在庫あり。」と表示されました。ちょっとぽかんとなって、このメッセージの意味するところを理解するまでちょっと時間がかかりました、そして意味がわかったとたん、ワォー!と歓声を上げました。

ほんと、四半世紀を経ての定吉七番シリーズの新作でありますよ。
いよっ!待ってました!!

(以下若干のネタバレゾーンにつき)

続きを読む "東郷隆『定吉七番の復活』"

| | コメント (2)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »