« ソニタブPを買いました | トップページ | チョコレート展 »

2013/02/08

ソニタブPを買いました2

さて、前回に続き、先日買った2画面タブレットという珍品、SONY Tablet Pのおはなしですが。
今回はマルチメディア(古っ)関連の件について。
尚、OS等は昨年12月に公開された最新版、4.0.3(release5a)にしてあります。

前回もちょっと触れましたが、Youtubeアプリで動画は上画面のみに表示されます。バンダイチャンネル(私は千円見放題コースに加入しています)も上画面のみに表示される方式。バンダイチャンネルはAndroid視聴アプリというのを入れてみましたが、どうも実態はブラウザのショートカットぽいです。何らかのパラメーターを入れてるのかもしれませんが。

んで、あと、ニコニコ動画はブラウザで見るとふたつの画面にまたがって表示されてしまうようですが。
ネットで調べて「NicoRo Tri-α」というニコ動ビューワを入れてみました。そうすればニコ動も上画面のみの表示にできるようです。ただ、本ソフトの安全性とかはまったく解らないので、導入は自己責任でです。…と、失礼なことを書いてしまいましたが、このソフトの製作者さん(たち?)にはとても感謝しています。

あと、本機はDLNAクライアント機能があって、4.0.3r5aにプレインストールされている「ムービー」というアプリを使うと、対応しているSONY製レコーダーなんかと連携して、そこに録画されている番組とか見られるそうですが。あたしはSONY製レコーダー、持ってないけど。

私は地デジなんかの録画はPCで、アイ・オー・データのチューナーボードを使ってやっていますが。これにはDLNAサーバソフト、DiXiMが入っているようです。だから、DLNAクライアントソフトのムービーで見られるかなぁと。
もちろん「ソニー縛り」がかかっているならどだい無理でしょうけど、「動くかもしれないけど動作確認はしてないし、動作保証はしない」というスタンスなら、見られる可能性もあるのだけど。
んで、動かしてみます。私はセキュリティソフトはESET Smart Securityを使っているのですが、DiXiMを使うためにはちょっとややこしいファイアウォール設定が要るようです。

んで、PC側でDiXiMサーバーを起動させ、ソニタブのほうで「ムービー」を起動してやりました。とりあえずPC側のDiXiMサーバソフトと、ソニタブPの「ムービー」ソフトは相互に認識できて、PCのHDD上の録画された番組も認識されるのですが。再生しようとすると、対応してませんとメッセージが出て再生できません。
で、Google Playで見かけた、DLNAクライアントソフト、「Twonky Beam」をインストールしてみましたが。これも番組の存在まではたどり着けましたが、再生そのものは対応してないとエラーが出て視聴できませんでした。

サーバがDiXiMなら、クライアントもDiXiMで統一すれば相性とかも起きないと思いますが。
ただ、Android機のDiXiMクライアントソフトは端末にプレインストールのかたちでだけ供給され、Google Play等での販売はないようです。残念。

要研究ですな。つかデュアルコア1ギガヘルツぐらいで地デジ録画ファイルの再生ってできるのかしら?

あと、WALKMANアプリが入ってました。WALKMANをうたうなら、ハードウェアWALKMANとPCの連携アプリ、X-アプリでそのまま音源を送れるかなぁと思ってたら、それはできないようで。「Media Go」なるアプリを別途PCにインストールしなきゃいけないみたい。無償ですが。
んで、Media GoでWALKMAN用の音源フォルダを指定してやって、ソニタブPに転送してみます。ちなみにPCからソニタブPへの転送には、別売りのmicroUSBのケーブルが必要です。無線LAN経由じゃダメなのかな?それができるといいのですが。

で、ソニタブPに転送してみたのですが。普通のメディアへの書き込みにしてはえらく時間がかかります。ケーブルが不良品で転送速度が落ちてるのか、SDメモリカードが不具合か相性をおこしてるのか、それともソニタブPに最適化でコンバートをかけているのか、と思いましたが。

どうやらソニタブのWALKMANアプリはその曲調を解析して、その曲調で分類して再生する機能がついてるようです。「おまかせチャンネル」というのがそれのようです。その曲調の解析のために転送時間がかかるみたい。その分析はPCサイドでやってるか、ソニタブサイドでやってるか、わからないのですが。

分類は「アクティブ」「アップビート」「リラックス」「メロウ」…等々、それと、朝に立ち上げると「朝のおすすめ」、昼に立ち上げると「昼のおすすめ」、夜に立ち上げると「夜のおすすめ」というリストも出現します。
ま、WALKMANにはたくさん曲を入れてますが、いつも聴いてるのはその一部、めったに聴かない音源もその機能で聴いたりして、「あ、いい曲じゃん」なんて楽しみもありますが。

曲はもちろん、ジャケ写、それからアーティスト名、アルバム名は入りますが、ハード用のWALKMANのプレイリストはインポートできないみたい。あと、アルバム、アーティストのソートは、アルファベットはアルファベット順になるのですが、日本語だと頭一文字でソートされちゃいます。アイウエオ順にはなりません。この部分はハードウェアのWALKMANならアイウエオ順のソートになってるので、できないことはないと思います。対応してくれたらいいなと。

あと、moraでダウンロードした音源が転送できないってSONY的にはどうよ?と思いますが(苦笑)。
ま、ハードウェアのWALKMAN持ってるから、あまり使わないだろうなと。その「おまかせチャンネル」機能はとても面白いと思いますが。

あと、本機はBluetoothに対応してるので、Bluetoothヘッドフォンも使えます。「おまかせチャンネル」をBluetoothヘッドフォンで聴けば取り回しも楽ですし、楽しいです。
(2/21追記 BluetoothやWi-Fiを搭載したスマホが普及したせいか、満員電車内でBluetoothヘッドフォンを使うと混信?で音が途切れまくります。ちょっと使えないなぁと)

Bluetoothに関しては、携帯(NOKIA NM705i)、NEC Life Touch NOTE、そして本機ソニタブPと相互に認証して、ファイル交換とかできるようにしました。その機能を使ってLife Touch NOTEにあったアドレス帳をソニタブPに一括転送しました。

ま、こんな風にいろいろやって、便利なマシンに仕立て上げていこうと思ってます。
ほんと、いいオモチャだわ。

|

« ソニタブPを買いました | トップページ | チョコレート展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソニタブPを買いました | トップページ | チョコレート展 »