« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/24

月蝕歌劇団『人力飛行機ソロモン-劇場版-』

昨日は南阿佐ヶ谷のひつじ座さんで月蝕歌劇団の公演、『人力飛行機ソロモン-劇場版-』を見てきました。
月蝕歌劇団さんの単独での公演は初めてになります。

月蝕歌劇団、寺山修司系劇団の雄、でありますが。なんとなく今まで見ずにきました。

月蝕歌劇団さんは私が見た2009年、松山での市街劇『人力飛行機ソロモン 松山篇』では演劇実験室◎万有引力その他と共同でご参加でしたし、私が初めて行った万有引力の公演、97年の『百年気球メトロポリス』にもご参加でしたので、接点はあったかなぁと。

そして、月蝕歌劇団主宰の高取英さんは、だいぶ前ですが、初台のThe DOORSでの寺山修司関連のトークショーで拝見した事があります。
寺山修司関連の知識がとてつもなく深い方、という印象でした。他のゲストの方があるエピソードをおはなしになると、高取さんが「あれはあれだから、何年ころのことでしょう」とお話されていたのが印象的でした。とてもお詳しい方なのだなと。
九條今日子さんのあるトークショーで、寺山修司についての高取さんのある本を「これはとてもいいです」とご紹介があって、それを求めた事もありました。

まぁこんな経緯なのですが、月蝕歌劇団さんの本公演は拝見した事はありませんでした。

今回は「ソロモン」と聞いて、松山の市街劇の『人力飛行機ソロモン』を拝見した事もあり、それとはまったく別のお芝居とも伺いましたが、見てみようかなと、やっとこさ重い腰を上げて見に行った次第です。

今回、『ソロモン』の前に詩劇ライブ『悪魔(サターン)のクリスマス』もあり、セットだとお安いので、それも一緒に見てきました。

続きを読む "月蝕歌劇団『人力飛行機ソロモン-劇場版-』"

| | コメント (0)

2012/12/10

3DS『とびだせ どうぶつの森』

さて、絶賛大ヒット中らしい3DS『とびだせ どうぶつの森』の話など。

これが3DS LLを買った時に同時購入しようと思ってたゲームでした。
パッケージ版はまぁ手に入らないと思っていたのですが、ダウンロード版でもいいと思ってました。しかしそれも手に入らず。
んじゃアマゾンでと思いましたが、アマゾンではダウンロード版の扱いはなく?、パッケージ版は絶賛品切れ中、つかプレミアムつけた中古屋が並んでいてげんなりしました。(物の値段ってのは需要と供給のバランスで決まるもの、希望小売価格より高い値付けもアリとは思いますが)

ここでいったん整理すると、3DSのソフトはパッケージ版とダウンロード版があるようですな。(どちらか一方だけってのもあるでしょうが)

で、ダウンロード版の販売方法も、特定のソフトだけダウンロードできる、そのソフトのダウンロード版と、汎用のポイントを使う方式があるようで。さらにそのポイントは、クレジットカード決済とプリペイドカード決済があるようで。
つまり「とびだせ どうぶつの森」は「パッケージ版をお店で買う(通販含む)」「ダウンロード版を買ってダウンロードする」「ポイントを使ってダウンロードする」という買い方があるようで。(勘違いあったらすみません)
ただあともちろんダウンロード版はインターネット環境必須ですな。

ただ、このソフトの流通形態、「なんだかなぁ」と思う部分もあって。

某量販店で、他のソフトのダウンロード版をつらつら眺めてると、パッケージ版より高い値付けになってます。パッケージ版は若干値引き販売されてますが、ダウンロード版は希望小売価格そのもので。

コスト的にはダウンロード版のほうがはるかに安いと思いますが。ただ、量販店的には、ソフトの流通がダウンロード版に移行して、お店で買わないようになっていけば損だから、ダウンロード版はあまり売りたくないのかなぁとも思うのですが。どうかしら?
某量販店ではニンテンドーeショップのプリペイドカードも定価販売の上、ポイントはつかないし。

ま、そんなこんなでもにょってきて、「流通が落ち着いてからでいいかなぁ。AMAZONあたりで普通のディスカウント価格になったあたりでいいかなぁ」と思って。けっきょく別のソフトを発注して遊んでいました。

んで、ふと入った某コンビニ。そこに『とびだせ どうぶつの森』のダウンロード版が売られていました。量販店の定価販売じゃなくて、量販店のふつうのパッケージ版くらいのディスカウントもされてます(もちろん量販店みたくポイントはつかないけど)。思わず衝動買い。

3DSのダウンロード版はSDメモリーカードに記録されるようです。そして「とび森」は1Gぐらい使うようです。3DS LL付属のメモリーカードは容量4G。3DSは2Gかな?両方「とび森」インストールするぐらいならOKですが、3DSの2Gはちょっと苦しいような…。
私は3DSシリーズが扱えるSDHC規格の上限の32Gを買ってありましたので、それを装着の上、インストールしました。
インストール時間かかかるかなぁと思っていたら、30分物のテレビ番組見てる間に、気がついたら済んでました。もっと高速なネット環境だともっと早いかしら?

まぁそんなわけで無事に『とびだせ どうぶつの森』もプレイ開始。
まだ始めて10日ほどですが、あとは感想など。

続きを読む "3DS『とびだせ どうぶつの森』"

| | コメント (0)

2012/12/08

もいちどお風呂で音楽を

お風呂で音楽を聴くのにSONY純正のWALKMAN用防水ドックスピーカー、RDP-NWR100を使っていたのだけど。どうも故障してしまったらしく。WALKMANとの接続コネクタのところでケーブルが断線したっぽいです。ケーブルをうにゅうにゅするとたまに繋がって音がするんですが。
まぁなんか弱そうな感じがしていたし、私の使い方も荒っぽいから、断線もしょうがないと思うのだけど。

結局寿命は2年ちょっとになってしまいました…。

さて買い替えようか、でも結構高い品物だし、同じ物買ってもまた2年で壊れるのならなぁ、どうしようかなぁと悩んでいたのだけど。
RDP-NWR100以外のSONY純正WALKMAN用防水ドックスピーカーはないようです。店頭やネットで携帯オーディオプレーヤー用の防水スピーカーを探してもこれはという品物もないようで。

ふと、気がついて。そういえば、先日買った3DSにもミュージックプレイヤーついてたよなぁ。
3DS用の防水ケースでもありやお風呂でゲームもできるし楽しいんじゃね?と思って。
そういう品物があるかどうか調べてみました。ありました。ネット通販で購入しました。

続きを読む "もいちどお風呂で音楽を"

| | コメント (2)

2012/12/04

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

先日、やっとこさ重い腰を上げて『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を見てきました。

なんか、見たい気持ちと、見たくない気持ちがせめぎあっていました。
見ると決めて、席をネット予約して、その当日は朝からドキドキしていました。そのドキドキは、単純に「楽しみ」だけではない感覚でした。その感覚、何かに似ているような気がしてならなかったんですが、ふと気がついて「ああそういう感じだなぁ」と膝を叩きました。

それは、つまり、大好きな女の子をやっとデートに誘えた、そのデートの日の気持ちですな。

その子とデートする、やっとデートできる、それが楽しみな反面、大失敗してしまうんじゃないか、思っていたのとは違う子でがっかりするんじゃないか、あるいは思いっきり振られるんじゃないか、そういう怖い気持ちもありました。(つかおにゃのこには全員振られたけど)

旧テレビ版から『エヴァンゲリオン』シリーズの魅力というか、「人々を捕らえて放さない」最大の原因は、(もちろんお話の面白さとか散りばめられた謎とか、そういうのも大いにありますが)、それは、「オタク」が抱いていがちな「心の傷」を絶妙に刺激してくるからだと思っています。(「オタク」と限定されるものか「現代の人々」などと敷衍できるものかはわからないのだけど)
強烈に惹かれると同時に、痛みにのた打ち回らせる作品。痛いのだけど、逃げる事もできない、その痛みに見る者を捉えてしまう、そういう作品だったのではないかと。

だから、「エヴァ語り」が大流行したのではないかと。たくさん本も出ましたし。サイトもたくさん。ある作品について謎解きしたり熱く語ったりするサイトを見て回るのも「エヴァ」が初めてじゃなかったかしら。

いや、まぁ、そういう感じで、「ヱヴァQ」もきっちり観る者をシメてくるんじゃないかなぁと。
というわけで、楽しみと同時におっかなびっくりドキドキしながらヱヴァQ、見に行ってきました。

ま、結果からいえば、好きな女の子との初デートに例えれば、恋に落ちる事もなかったし、手ひどく振られる、傷つけられた気持ちもしませんでした。
いや、disるつもりはありません。面白かったです。私のちんけな予想をはるかに上回る凄いおはなしでしたし。
次の完結篇も見に行くだろうと思います。

(以下、ある程度ストーリーに触れつつ書いていきますので、ネタバレ注意)

続きを読む "『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』"

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »