« 烏合の衆公演「十月の蛸」 | トップページ | 新アニメ『中二病でも恋がしたい!』 »

2012/10/10

新アニメ『ガールズ&パンツァー』

今クールの新アニメ『ガールズ&パンツァー』、見てみました。

なんつーか、かなり怪作っぽく。いや、「ミリタリーとおにゃのこ」という作品は最近多いようで、ロートルミリオタとしてはあまりぶっ飛びすぎたセンスに思わず頭を抱えたりするのですが。ま、ちょっとついていけない場合も多いです。「ストライクウィッチーズ」も1期面白いと聞いたので、2期見てみましたが、1話で「ついていけねー」となっちゃいましたし。
『うぽって』も見てみましたが。あの、軍用銃がおにゃのこになってるっての。さらに頭を抱えてしまい、数話まで何とか見れましたが、もうついて行けなくなりました。

若い衆のセンス、恐るべし。

どうやら「戦車道」という、戦車を使った武道が大和撫子のたしなみとなっている世界のおはなしのようです。
その設定を聞いた時点で頭を抱えちゃいましたが。ま、なぜかマージャンが女子のたしなみになってるアニメもあったようなので、もうなんかなんでもアリなんだろうなぁと。
せんじつめれば「突っ込んだら負け」の世界観のようであります。

ま、ミリタリーもおにゃのこも好きなんで、見てみました。
けっきょくいちばんツッコみたい対象は自分だわw

第1話、のっけから戦車戦のシーンでした。ただ、夢オチというかたちで。
おはなし的に第1話は主人公・西住みほが戦車道を始めるまでのおはなしで、尺的には戦車戦のシーン、アクションシーンを入れられないようなので、こういうかたちをとったんではないかと。

セーラー服&スカート姿の女子高生が戦車乗るなよぉ、ひっかけたらどうすんだって思いましたが、「突っ込んだら負け」でありますな。

戦車は第2次世界大戦中のもの、しかもかなりマニアックなセレクトです。主人公サイドが短砲身のⅣ号戦車、38(t)、Ⅲ突、それから日本軍の八九式といったところ。パンサーやタイガーじゃなくてⅣ号戦車、しかも初期~中期の短砲身75ミリ砲型。日本軍の戦車ももっともポピュラーであろうチハたんじゃなくて八九式。
そして冒頭の戦車戦の相手役はマチルダにチャーチル。渋すぎ…。

ただ、第2次世界大戦当時の戦車は走行中の砲発射はやらないものだと思いますが。砲も揺れて狙いがまったく安定しないので。第2次世界大戦末期にジャイロ式安定装置が開発されるまでは。
う~ん、細部の真実が全体のムチャ設定を補うものと思いますが。女子高生が戦車戦をたしなむというムチャ設定なら、逆に細部は妥協を許さずにリアルにこだわってほしい物だと思います。

いや、ふと気がつくと、「おにゃのこの方が小柄だし、室内スペースの限られた戦車の搭乗には向いてるかもしれんなぁ」と思うようになりましたが、見ているうちに。

(以下ネタバレゾーンにつき)

う~ん、正直言って第1話、ちょっときつかったです。いや、トンでも設定を受け入れがたいとかそういうわけじゃなくて、ストーリー的に。
先に書いたように第1話は主人公・西住みほが学校で戦車道を始めるまでのおはなしなんですが。

主人公・西住みほは公式サイトによると、高校2年生、県立大洗女子学園に転入してきたようです。ここらへんも本編を見ている限りでは新入か転入かよく解らないカタチ。入学式のシーンor転入生と紹介されるシーンもないし。尺の都合上っぽいですが、そういう説明シーンは飛ばされてます。ちらと学校の全景の絵で桜が咲いてるように描かれていますので、季節は春っぽいのですが。

転校から少し経ったぐらいのタイミングでしょうか、彼女はやっと友達ができます。

どうやら西住みほは戦車道の名家の生まれ。ただ、彼女自体は戦車道が大嫌い。あと、フラッシュバックされるシーンによると、戦車搭乗中に事故に遭ったようで、それがトラウマになっているようです。大洗女子学園に転校したのも、そこには戦車道がないからという理由みたい。

しかし、戦車道世界大会が日本で開かれる関係で、大洗女子学園でも戦車道を復活させる事になります。選択授業の一科目として(私は部活かと思ってましたが)。
ただ、学園には戦車道経験者がおらず、西住みほが戦車道の名家の出身だと知った生徒会が彼女に戦車道を選ぶように圧力をかけまくります。

ま、ここらへんが、ちょっときっついなーと感じたところ。
戦車道が嫌いな、トラウマがある、西住みほが、友人たちの助けも得て、戦車道を再び始めて、「戦車道」の才能を花開かせる、トラウマを乗り越える、という「マッチョ」なストーリーが展開していくんでしょうが。

あたしは部活入部強要されたりして、嫌な思いした経験がありますが。

西住みほは、かなり抑圧的な育てられ方をした少女のようです。
目覚ましが鳴ると飛び起きて、すぐに寝具を片付ける。軍隊生活のようにね。そしてふと気がつくと「もう家じゃないんだ」と気がついてほっとする。ここらへん、とても厳しく躾けられてきたと思います。っていうか軍人一家?

彼女はクマの?縫いぐるみが好きなようで、いくつか部屋に置かれていますが。しかし、包帯姿の縫いぐるみが多くて、あれはたぶん彼女の自己像じゃないかと思うのですが。傷ついている自分の。
転校してひとり暮らし始める事についても、このままじゃ彼女がもたないと判断した、家人の誰かか、身近な誰かの判断によるものじゃないかと。

そういった中で彼女を戦車道に引き込もうとする生徒会。
そして、やっとできた友達も。彼女たちふたりは戦車道に興味は持つのですが、西住みほが戦車道はやらないと言うと、ふたりは戦車道は諦めて西住みほと同じ課外授業を選択しようとします。

その同調圧力。見ていて息苦しくなりました。

しかし「戦車道」ってどうすんだろ?夢の中の戦車戦のシーンだと、実弾撃ちあうっぽいですが。まさか実際に殺し合いはしないよねぇ…。貫通力を減らした模擬弾とか使うのかな?いや、それにしてもハッチを空けたままで乗ってたら、砲弾を受けて死んだり負傷するんじゃないかな?ハッチを開けているのは夢の中だからで、実際にはハッチは決して開けてはいけないルールなのかなぁ。最低でもそうしないと、死人出ちゃうんじゃないかなぁ…。

いや、戦車戦とか、それも昔さんざんプラモとかで親しんだ第2次大戦の戦車の活躍する戦車戦、良かったです。戦車に乗るおにゃのこたちも可愛らしかったし(←オイコラ)。

そしてあのラスト、「世界観」というか“舞台”設定、なんなのでしょうか?ひょっとしたら『ガールズ&パンツァー』の世界はある種の仮想世界なのかなぁ。ミニチュアというか、ディオラマの世界だったりして。女の子たちも実は仮想記憶を植えつけられたフィギュア。「戦車道」も含めて。だから、ガチの戦車戦でもフィギュアが「壊れる」だけ、そしてスペアのフィギュアはいくつもある、という設定なのかなぁ。

そういう世界観の種明かし方向にも興味があります。
ついて行けるだけはついていってみようかなと。

しかし戦車戦、楽しそうだな。
死んだり怪我をしなければ、だけど。

|

« 烏合の衆公演「十月の蛸」 | トップページ | 新アニメ『中二病でも恋がしたい!』 »

コメント

初めまして、こんばんは。
私もこのアニメを見て、色々つっこみたくなりましたwストライクウィッチーズも萌え萌えと見る私は、女学生と戦車道という設定自体には障害がありませんでしたが、冒頭で旧式英戦車が走行しながら結構正確に射撃しまくってるのに吹きました。
BUFFさんは真剣に戦車による戦いと死を考えていらっしゃるようですね。確かに、ドロンボーやポケモンのロケット団みたいに、やられても絶対死なない系とはちょっと雰囲気が違いますし(みほのトラウマとか考えればかなり真剣っぽい)戦闘でどう収拾をつけるのか気になります。私もしばらく継続して見る予定ですww

投稿: 足軽 | 2012/10/15 21:30

足軽様
遅レス失礼であります。
まぁ基本楽しく見られている作品ですので、あたしも継続視聴しております。
しかし、空母の件とか、何かの伏線なのかしら?

投稿: BUFF | 2012/10/22 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 烏合の衆公演「十月の蛸」 | トップページ | 新アニメ『中二病でも恋がしたい!』 »