« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012/10/29

LDゲー『ROAD BLASTER』

自転車創業『ロードブラスター(Windows/X68030/60版』を買ってみました。
アーケードゲームだった『ロードブラスター』をできる限り忠実に移植した作品だそうです。
(Xなんちゃらという表記があったので、最初XBOX版かと思いましたが、シャープの古いPC、X68000シリーズの製品の事でした。勘違い。でもほんと動くのかしら、つかこのゲーム、メディアはDVD-ROMだけど、X68000シリーズに対応したDVDドライブってあるのかしら?)
個人的に思い出深いゲームです。で、しばらく前にこの自転車創業さんのWindows版の存在を知って、「買ってみようかなぁ。でも、買うほどじゃないかもなぁ」と悩んでいたのですが。
しかしどうも10月いっぱいを以って『ロードブラスター』は販売終了になるようで(版権が切れるのかしら?)、やっぱ買っておこうと思って、秋葉原のナツゲーミュージアムさんで買いました。

『ロードブラスター』、いわゆる「LD(レーザーディスク)ゲーム」と称されるジャンルのゲームのひとつ。もう大昔に姿を消したタイプのゲームですが。
LDゲーム、ゲームを始めるとレーザーディスクのアニメとかの動画が流されます。
んで、時々、操作を要求するシーンが現れます。その時、画面の指示に合わせて(指示の出ないオニ仕様のものもあったかと)、ジョイスティックをある方向に動かしたり、ボタンを押したり、表示された選択肢を選択します。
それが正しければそのまま進行、失敗すればやられシーンに切り替わり、自機を1機失うとかペナルティーがあります。このやられシーンにさくっと切り替わるのが、LDのランダムアクセス機能を活かした部分です。LDゲームのミソ。
このやられシーンを面白く作ってるのもあって。わざとミスってやられシーンを見るのも楽しかったです。

まぁ基本、どのシーンでどう操作するか憶える(時々左右反転とかありますが)、いわゆる「覚えゲー」です。
そういう事もあってか、1ジャンルは成していたけど、メインストリームになることはなく、ゲーセンの片隅にちょっと置かれてるぐらいでした。

『ドラゴンズレア』『タイムギャル』『宇宙戦艦ヤマト』『サンダーストーム』そしてこの『ロードブラスター』ぐらいかなぁ、遊んだ記憶があるのは。あ、あと、実写物の野球拳も遊んだことが(汗)。最後まで行ったのは『タイムギャル』『サンダーストーム』『ロードブラスター』ぐらいか。『タイムギャル』は主人公の女の子可愛いし、やられシーンも面白く作ってあるし、いっとう好きだったです。

そして『ロードブラスター』はいっとうやりこんだゲームでした。ノーミスクリアまでやれるようになったかなぁ。ただ、私が行っていたゲーセンに置かれていた『ロードブラスター』はオリジナルのハンドルつき筐体ではなく、『サンダーストーム』の筐体を流用した操縦桿つきの筐体で、操作がそのぶん簡単だったせいかと思います。(後にオリジナルのハンドルつき筐体で遊んだこともありますが、さっぱりでした)

『サンダーストーム』と『ロードブラスター』は「照準」という要素がありました。それをユニークに感じたと記憶しています。
『サンダーストーム』は自機が武装ヘリで、ミサイルとかを照準を合わせて撃つ仕様だったかと。『ロードブラスター』はハンドルで照準を合わせてアクセルを操作して、敵の車にぶつけたりするようになっていました。これが画期的と感じた部分です。単純にレバーとボタンを操作するLDゲーと比べてね。もちろんこの狙う場所は決まっていて、これもまた「覚えゲー」ではあるんですが。

LDゲームが存在したのは何年間くらいだったかなぁ。気がつけば姿を消していたって感じです。ただ、わたし的には一番ゲーセン通いにはまっていた頃が全盛期なので、そのぶん思い出深いです。

続きを読む "LDゲー『ROAD BLASTER』"

| | コメント (0)

2012/10/22

眼帯アリス症候群09

昨日は池袋のLIVE INN ROSAへ。ARTiSMさん主催の『眼帯アリス症候群 09 -建國六周年記念祭-』という企画ライブイベントに行ってきました。ご贔屓の母檸檬さんと日比谷カタンさんご出演という、わたくし的にとても「お徳用」なライブという事で。

池袋ROSAさんも母檸檬さんの定席みたいな感じで、なんかめっちゃよく行くライブハウスになりましたな。最近ではいちばんよく行くライブハウスになってるかもしれない。

しかしまぁ、池袋RosaさんでのARTiSMさんの企画ライブイベントは4時スタートの10時終了という長丁場ライブイベントなので、なかなかオッサンの体力的にはきついライブであります。全部はなかなか見られません。

出たり入ったりしながら。タイムテーブルがあるといいと思いましたが。
ライブをつまみ見してました。

続きを読む "眼帯アリス症候群09"

| | コメント (0)

2012/10/18

新アニメ『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』

今期の新アニメ話、今度は『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』(以下「おにあい」)を見てみました。第2話まで。

第1話、女の子が学生寮に向かう様子からおはなしは始まります(モデルとなった場所は目白あたり?)。どうも彼女の兄が主人公で、そのおにいちゃんのいる寮へ向かうようです。兄と暮らすのは6年ぶりとか。

彼女は極度のブラコン、兄に恋心を抱いてるってレベルじゃなくて、欲情しきってるレベル。んでもって超うざく、なんとなくニャル子さんを連想させます。

いや、寮だから、兄妹ふたりきりって事はないでしょうが、それにしても唐突に、紹介シークエンスもなく、同寮者が現れます。それもみんな女の子、しかもどうやらみんな主人公にちょうラブラブ。しかもなぜだかみんな、主人公も含めて生徒会メンバーです。これもいきなり生徒会のシーンになり、面食らわされます。

ここらへん、展開がズンズン過ぎるなと感じました。もうちょっと人物紹介とか、登場とかゆっくり丁寧にしたらどうかなぁ、尺の都合もあるだろうけど。と思ったんだけど。
ま、テンポを優先した演出なんだろうな。省かれても特に説明不足とは感じられない展開だし、省いてもいいパートだったんだろうな。だから省略してテンポよく演出したんだろうなと感じたんですが。

そう思う自分にふと気がついて。
「省いているところ」を脳内補完している自分に気がついて。
んで、膝を叩いたのだけど。

続きを読む "新アニメ『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』"

| | コメント (0)

2012/10/15

新アニメ『武装神姫』

さて新アニメの感想、こんどは『武装神姫』ですが。
2話まで見ました。

この『武装神姫』、もとはフィギュアのシリーズなのかな?ゲームもあるようですが。
以前、フィギュア情報サイトで見かけて「面白そうだな」と思いました。
手のひらに乗るぐらいの女の子のフィギュアに、外付けで武装をまとわせるというフィギュアのシリーズ。
もちろんその品物は関節が動く程度のアクションフィギュアなんですが、未来の小型アンドロイド、自分の意思を持って動く、そして神姫同士を戦わせるのが未来の娯楽になっている、という設定。つまりその大きさで1/1フィギュアになるようです。

いや、買ったりはしなかったんですが。
懐と置き場所に余裕があったら買ったかもしれないけれど。

ま、その武装神姫たちをモチーフにしたアニメというので見てみました。

(以下ちょっとだけネタバレゾーンにつき)

続きを読む "新アニメ『武装神姫』"

| | コメント (2)

2012/10/13

新アニメ『中二病でも恋がしたい!』

(この文章はアニメの感想に名を借りた「自分語り」なのでご注意ください)

今期の新アニメ『中二病でも恋がしたい!』、2話まで見てみました。
軽く感想など。

主人公の男の子、中学時代は重度の「中二病」だったようす。
「中二病」といっても色々あるようですが、彼の罹っていたのは、「自分はSForオカルト系の特殊能力を持つ戦士である」という幻想にとり憑かれるタイプの中二病のようです。
んで、高校進学を機に、その中二病とはきっぱり訣別し、ふつーの高校生活を送って、ふつーに彼女とか作ろうと決心したらしく。

しかし、彼の住むマンションの真上の階に同い年の現役中二病患者の女の子がいて。
出会ってしまい、しかも、主人公と同じ高校に入学した様子。

ま、第2話ぐらいまではそういった状況説明と、主人公の周りにぽつぽつと女の子たちが配置されていくような展開になってました。あとちょっとしたエピソード。
主人公の彼女に誰がなるのかなぁと(誰もならない可能性もありますがw)。
その現役中二病少女か、いいんちょの才色兼備系か、それともおっとりの先輩か、まさかの中二病少女の姉か。

ま、そんな感じでした。

なんかシャフトアニメっぽいとか思ったのですが、京都アニメーション制作ですな。
絵はさすがにきれいでいい感じに動きます。技術力のあるところみたいですね。

見始めたきっかけは、たまたま公式サイトを見たんですが、トップに32年型モーゼル(モーゼルM712)拳銃を構えた女の子の絵があったのがきっかけ。その中二病メインヒロインのようですが。
モーゼルM712のモデルガン、私も持ってます。マルシンの奴。木製のホルスター&ショルダーストックも。

第2話ではそのモーゼル712が出てきました。木ストつき。
彼女の中では特別な武器っぽいです。
私のと同じマルシン製のモデルガンかなぁ。それとも他のメーカーの品かしら?
(追記:実際劇中に出てきたモーゼルはセレクターなしのノーマルモーゼルのようにも見えますが…)

ちなみに京アニの『けいおん!』(私は2期1クール目まででリタイアしましたが)を見始めたきっかけも同じく、公式サイトのトップ絵で私が持っているのと同じレスポールタイプのギターを持った女の子(つまり唯)が描かれていた事がきっかけでした。

あたしのはコピー品で、唯のは本物レスポールですがね…
(ちなみに私のレスポールコピーは長期貸しして行方不明。さらにちなみにまだギターは弾けないw)

なんか同じきっかけですな。不思議。

続きを読む "新アニメ『中二病でも恋がしたい!』"

| | コメント (0)

2012/10/10

新アニメ『ガールズ&パンツァー』

今クールの新アニメ『ガールズ&パンツァー』、見てみました。

なんつーか、かなり怪作っぽく。いや、「ミリタリーとおにゃのこ」という作品は最近多いようで、ロートルミリオタとしてはあまりぶっ飛びすぎたセンスに思わず頭を抱えたりするのですが。ま、ちょっとついていけない場合も多いです。「ストライクウィッチーズ」も1期面白いと聞いたので、2期見てみましたが、1話で「ついていけねー」となっちゃいましたし。
『うぽって』も見てみましたが。あの、軍用銃がおにゃのこになってるっての。さらに頭を抱えてしまい、数話まで何とか見れましたが、もうついて行けなくなりました。

若い衆のセンス、恐るべし。

どうやら「戦車道」という、戦車を使った武道が大和撫子のたしなみとなっている世界のおはなしのようです。
その設定を聞いた時点で頭を抱えちゃいましたが。ま、なぜかマージャンが女子のたしなみになってるアニメもあったようなので、もうなんかなんでもアリなんだろうなぁと。
せんじつめれば「突っ込んだら負け」の世界観のようであります。

ま、ミリタリーもおにゃのこも好きなんで、見てみました。
けっきょくいちばんツッコみたい対象は自分だわw

第1話、のっけから戦車戦のシーンでした。ただ、夢オチというかたちで。
おはなし的に第1話は主人公・西住みほが戦車道を始めるまでのおはなしで、尺的には戦車戦のシーン、アクションシーンを入れられないようなので、こういうかたちをとったんではないかと。

セーラー服&スカート姿の女子高生が戦車乗るなよぉ、ひっかけたらどうすんだって思いましたが、「突っ込んだら負け」でありますな。

戦車は第2次世界大戦中のもの、しかもかなりマニアックなセレクトです。主人公サイドが短砲身のⅣ号戦車、38(t)、Ⅲ突、それから日本軍の八九式といったところ。パンサーやタイガーじゃなくてⅣ号戦車、しかも初期~中期の短砲身75ミリ砲型。日本軍の戦車ももっともポピュラーであろうチハたんじゃなくて八九式。
そして冒頭の戦車戦の相手役はマチルダにチャーチル。渋すぎ…。

ただ、第2次世界大戦当時の戦車は走行中の砲発射はやらないものだと思いますが。砲も揺れて狙いがまったく安定しないので。第2次世界大戦末期にジャイロ式安定装置が開発されるまでは。
う~ん、細部の真実が全体のムチャ設定を補うものと思いますが。女子高生が戦車戦をたしなむというムチャ設定なら、逆に細部は妥協を許さずにリアルにこだわってほしい物だと思います。

いや、ふと気がつくと、「おにゃのこの方が小柄だし、室内スペースの限られた戦車の搭乗には向いてるかもしれんなぁ」と思うようになりましたが、見ているうちに。

(以下ネタバレゾーンにつき)

続きを読む "新アニメ『ガールズ&パンツァー』"

| | コメント (2)

2012/10/09

烏合の衆公演「十月の蛸」

7日の日曜日は宮前の青果鹿スタジオというところに烏合の衆公演「十月の蛸ー蛸は蛸より出でて蛸より蛸しー」を見に行ってきました。演劇実験室◎万有引力関係者のみなさんご出演という事で。

会場の青果鹿スタジオ(打ってて気がついたけど「生か死か」のダジャレ?)、公式サイトに井の頭線高井戸駅からの詳細な道案内がありましたが、バス路線までサポートするようになったGoogle Mapによるとバスで宮前一丁目から歩くのがいちばん楽っぽいのでバスで向かいました。ま、バスは遅延する事も多いのですが。

案の定、バスはだいぶ遅れましたが折り込み済みでしたので開場時間は過ぎちゃいましたが開演時間前に無事到着。なんか、郊外の雰囲気を帯びた、ちょち殺風景な場所にあるスタジオでした。地下スタジオ。各回30人限定の小体な公演。
舞台装置はシンプル。奥に互い違いになった引き戸状の衝立。あと「島」っていうんでしたっけ、四角い台。低いの二つに高いの一つ。

お客さんはちょうどいっぱい。
ややあって開演。

続きを読む "烏合の衆公演「十月の蛸」"

| | コメント (0)

2012/10/05

滝本竜彦『僕のエア』

『僕のエア』(滝本竜彦:著 文春文庫)読了。
久しぶりの滝本竜彦でした。

滝本竜彦は小説『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』『NHKにようこそ!』、エッセイ『超人計画』を読んでます。ぜんぶとても面白く読めて。自分の中の琴線にも触れてくる作品でした。
それからしばらく新作を待ったんですが。どうも音沙汰もなく。そのうちに忘れてしまったのですが。先日本屋さんで本書を見かけて購入した次第。
改めて調べてみると、本書のほかに『ムーの少年』というのが単行本化されてるようですね。そして本書は2010年に出た単行本の文庫版。

正直に告白すると、ここんとこ小説が読めなくなってきて。小説を買うこともあまりなくなってきたのに、部屋の隅には途中で放り出した小説本が何冊か重ねられている有様。
ノンフィクション系はけっこう分厚いのも読みとおせるのですが。『リトル・ピープルの時代』とか『ギャルと不思議ちゃん論』とか。

本書は、久しぶりに最後まで読みとおせた小説本でした。
そう厚い本ではありませんでしたが。

デビュー作『ネガティブハッピー~』と第2作『NHKへ~』は、シノプシスは似通っている小説です。乱暴にせんじ詰めれば「虚しさに囚われてる少年が傷ついた少女に出会う、彼は、彼女のために戦うことにより、ちょっとだけ人生に意味を見い出す」ってな感じです。そして、わたしは、そういう"物語"にとても琴線を震わされます。

滝本竜彦は「引きこもり世代のトップランナー」とか。『ネガティブハッピー~』にしろ『NHKに~』しろ、主人公が囚われている虚無感は、痛いほど解りますし、それからの解放を求める気持ちも解ります、ヒリヒリします。

ある意味、滝本竜彦の小説は、現代の「ロスト・ジェネレーション」(迷子の世代)だと思ってます。既存の価値観が崩壊し、新しい価値観、つか、消費社会で踊ることもできず、馴染めず、虚無の世界、喪男の世界を見つめる事になってしまった人たち。たぶん、私もその世界の住人。

いや、彼らは若い衆。まだまだかと思いますが。彼らよりはるかに年上のあたしが「解る」っていうか、その渦中から抜けられないってのもさ、いろいろ手遅れ感が濃厚だよなぁ。

いや、閑話休題。『僕のエア』に話を戻して。
(以下ネタバレゾーンにつき注意)

続きを読む "滝本竜彦『僕のエア』"

| | コメント (2)

2012/10/04

新アニメ『学園魂』

10月になって新しいクールが始まって、深夜アニメも新番組が始まりましたが。
いくつか見始めていますが、今回はショートアニメの『学園魂』を。
10分くらいの番組で、『極楽院女子寮物語(ゴクジョッ。)』と『ライチDE光クラブ』の2本立て。

ショートアニメ、30分フォーマットより短いアニメ、『よんでますよ、アザゼルさん』とか『gdgd妖精s』とか面白かったから、ちょっと注意してチェックするようになってます。このふたつは15分アニメ、『学園魂』は10分アニメ、しかも2本立て、かなり短編になりますかね。

『ゴクジョッ。』は女子高が舞台の作品のようですが。

いや、1話からもうむちゃくちゃ。だいたいサブタイトルからが「ノーパンは誰だ!?」。
ノーパン女子がもつれ合って96の体制でじぶんの「ラフレシア」を相手の鼻先に突きつけちゃうし。ラストはおいど丸出しの女子がふたり転がっちゃいますし。

ほんと、もう、むちゃくちゃ。「いいぞもっとやれ!」であります。

『ゆるゆり』に出てきたような百合妄想鼻血女子とか、綾波系の、たぶんダウナー系女子とか、出てきましたから、彼女たちもそのうちおはなしに絡んでくるのでしょう。

バカでエッチなの、大好きですし、ショートプログラムなぶん、凝縮感もあっておもろいです。

続きを読む "新アニメ『学園魂』"

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »