« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012/09/27

東京都現代美術館「特撮博物館」

東京都現代美術館で開催中の『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』展を見に行ってきました。平日、有休とって。
この展覧会はとても楽しみにしていました、ただ、混雑は苦手ですし、混んでるとあまりゆっくり見ていられないし、というので、とりあえず、学生さんの夏休み過ぎたころ、休日は避けて平日に行こうと思いました。で、有休とって、やっと見に行きました。

現代美術館はアニメ映画『イノセンス』タイアップの「球体関節人形展」に行った事があります。調べてみると8年前か。だいぶ間があいて2度目になりますな。そして今回の展覧会も「館長」としてフィーチャリングされてる庵野秀明の『ヱヴァQ』がらみの部分もあるでしょうから、アニメタイアップでありましょうか。『特撮博物館』公式サイトのキャッチコピーに「エヴァの原点は、ウルトラマンと巨神兵。」とありますしね。「現代美術」でありますな。

ま、当日やっぱり引きこもりの虫に手こずって、出かけたのは午後、平日は空いてるかなぁと思っていたら、切符売り場からすでにけっこう並んでいました。これが休日とか夏休み期間だったら大混雑だったんだろうなぁ。
まぁ、会場内は混んでいましたが、それでも見たいものはだいたい見られるレベルでありました。

でもやっぱ早めに出といたほうが良かったかと反省します。午前中のほうが空いていたのではないかと。そして、午後になると、学校終わった小学校低学年の子供たちもやってきていて、騒がしかったですし。いや、子供嫌いという訳じゃないけど、やっぱ映画の上映中とかも騒いでたし、そしてそれはある程度は仕方ない事と思います、だからこちらが気をつけてぶつからないようにしようという意味ですが。

「ミニチュアで見る昭和平成の技」という事で、展示物は特撮物のミニチュア、メカとか建物のとか、スケッチや設計図といった設定資料、コンセプトアートとか、そういったものがメインでした。

フロアは2フロア使ってました。東京都現代美術館は地面をくり抜いて建てられているという奇妙なというか,アートなつくりになってるのですが、上のフロアから入って下のフロアに行くって順路になってました。

ワクワクしながら入場。
あ、あと、音声ガイドがあったのですが、使わずに見学しました。もし音声ガイド使っててれば解るって部分を勘違いしてたらごめんなさい。貸し出し所がちょいと混んでて、一刻も早く見たいと気が急いてたもので。

続きを読む "東京都現代美術館「特撮博物館」"

| | コメント (0)

2012/09/21

『対話の可能性』#12

昨日は渋谷のアップリンクさんへ。
日比谷カタンさんのライブ&トークショー、『対話の可能性』#12に行ってきました。
『対話の可能性』は日比谷カタンさんのライブとゲストをお迎えしてのトークショーと云う趣向なのですが、今回は法政大学非常勤講師/ジェンダー論・やおい研究の金田淳子さんをお迎えしてのボーイズラブ(BL)談義という趣向でした。

ボーイズラブ(BL)、う~ん、オタク界隈の知識として程度の知識はありますが。“腐女子”とかいろいろセンスの面白い用語も溢れているようでありますが。でも、そういう、”外の人”の解ったような知識は、一般人対オタクでも、一般人の解ったような言葉にオタクがムカッとするという事がありますから、中の人に対しては発するべきじゃないかもしれませんが。
つかBL者でもないオトコ(つかオッサン)が行ってもいいのかしらん。

BLコミックなり小説なりは実読はしてないのだけど。ただ、BLじゃなくてゲイ向けの漫画なんでしょうが、児雷也『五人部屋』はとても面白く読みました。なんていうのかな、ゲイの世界なんだけど、センスは70年代あたりまでの少女マンガ風な感じ、その「切なさ」がとてもよかったです。

じゃあ昔風のふつーの少女マンガなら私も読めるんじゃね?考えたりもしますが、でも、現代を舞台にした、っていうか、舞台じゃなくて、なんていうか、“現代”の70年代まで風少女マンガはたぶん読めないと思います。嘘くさくって。そういう“ゲイ”の世界を舞台にしてたからすんなりと読めたっていうか。つかこれ逆にゲイの世界に対する先入観や偏見があたしにはあるかもですが。

いや、閑話休題。

続きを読む "『対話の可能性』#12"

| | コメント (0)

2012/09/18

J・A・シーザーコンサート

先の金曜日、14日は渋谷のLA MAMAへ。J・A・シーザーさんのミニコンサート、「萱草歌=鬼蜻蜒が飛び交う日2012」を見に行ってきました。

渋谷駅から焼き鳥の煙に巻かれながらラ・ママへ。なんか焼き鳥屋さんがめっちゃある道で煙ってます。(焼き鳥、食べたかったナ)

ラ・ママを訪れるのは確か2度目。かわなかのぶひろ先生をお迎えしてのびん博士のライブでお伺いしたことがあります。

あと、なんか、「ラ・ママ」で引っかかる感じがしたんですが、会場にいらした方に「寺山修司と縁の深いニューヨークの実験劇場の名前だよ」と指摘していただきました。この渋谷のラ・ママとどれだけ関係があるのかはわからないのですが。

ラママの場所は渋谷駅の井の頭線に沿って坂を上がっていった場所、飲み屋街が切れてオフィス街?に変わっていくあたり。
広い、いい感じのライブハウスです。名店かと。

途中で見かけたコンビニでサンドイッチを腹に入れて、ラママに入店。
お客さん、いっぱいでした。

ややあって開演。

 

続きを読む "J・A・シーザーコンサート"

| | コメント (1)

2012/09/12

『ギャルと不思議ちゃん論』

『ギャルと不思議ちゃん論 女の子たちの三十年戦争』(松谷創一郎:著 原書房)
読了。「若い女性たちの(BUFF註:80年代から現在までの)約三十年を描いたものだ。しかもそれを“ギャルと不思議ちゃん”という切り口で描写した。読んでいただければわかるように、それは若い女性たちのコミュニケーションの歴史でもある。」(350p「あとがき」より)という本であります。

そういう本になぜ私が手を出したかというと。

ま、まず、あたしは、若い女性向けの商売をしていたり、若い衆を理解しなきゃいけない職業、例えば教師とかじゃないですし、マーケット関係の仕事をしていたり、そういう人間でもありません。
若い女性には、世間一般的な“オトコ”としての興味はありますが、しかし、まぁ、作中の80年代初頭(いや、それ以前からか)からこっち、おにゃのこには縁がありませぬ。つかそれ以前にコミュニケーション障害気味ではありますが。

そして、現役ギャルなら自分の娘ぐらいの年代になっちゃいますな。いや、もし私が“普通”の人生を辿っていたとしたら、普通に結婚して、所帯を持って、子供を作って、育てていたら。そして私はそれができませんでしたが。

だから、そういった意味での本書を読む動機はあまりないのだけど。

ただ、私は、現代の人々のメンタリティの変容について興味があります。人々と世の中の変化。私はそれにとても違和感を感じるときがあります、その私が感じている「違和感」の正体とは何か。そして、私だけではなく、世の中の人の多くが感じているようである、閉塞感。良かれと思って進んできた世の中がどうしてこうなったか?突破口があるのか?そういったことを知りたいと思ってます。それには本書が役に立つかなと。

結論から先に言えば、とても役立ったし、知的エンターティンメントとしてもとても面白く読めました。また、今までそういった思いで読んできた本たちともリンクする部分もあって、それもまた面白かったです。

本書の目次はこんな感じ。

まえがき
第1章 ギャルと不思議ちゃん前史
第2章 コギャルの誕生
第3章 不思議ちゃんとはなにか
第4章 ギャルと不思議ちゃん
第5章 ギャルと不思議ちゃん、その後
第6章 時をかけるギャルと不思議ちゃん
あとがき

各章の最後にかんたんなまとめ的なパラグラフが置かれています。丁寧な構成。
そして、章末に筆者の思い出話的な短いエッセイ。
思いの丈を入れ込んでいらっしゃるのだなぁと感じました。

以下、本書の内容紹介というより「自分語り」な感想を。

続きを読む "『ギャルと不思議ちゃん論』"

| | コメント (0)

2012/09/10

詩学校の記事

最近ブログのネタにしてませんが、月一の三上寛さんの詩学校、行けない時もありますが、なるべく行くようにしています。

昨日は詩学校のあとに三上寛さんのライブがありました。
んで、ライブのお客さんに、詩学校の事が夕刊フジで紹介されているよって教えて頂きました。

『あの人NOW!』って連載の「三上寛“怨歌”歌い続ける!俳優の顔も ★“怨歌”を歌い続けるフォークシンガー・三上寛」という記事のようです。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120907/enn1209070736002-n1.htm
(いつまで残っている記事かわかりませんが、リンク切れになっていたらごめんなさい)

ありがとうございますであります。
ほんと、嬉しいです。

| | コメント (0)

2012/09/01

blacksheepと日比谷カタン

昨日は荻窪のベルベットサンさんへ、「blacksheepと日比谷カタン」というライブを見てきました。もちろんお目当ては日比谷カタンさんでした。

ベルベットサンさんは珍しい、1階にあるライブハウス。まだライブハウスに足しげく通えたころはちょくちょくお伺いしていましたが、ここんとこはライブハウス通いからも遠のいてしまっていて、ベルベットサンさんは久しぶり。

荻窪駅からベルベットサンさんへの道すがらは、ちょっと面白そうなミリタリーショップがあったり、昭和精吾さんとイッキさんの寺山修司ネタの公演を拝見したイベントスペースがあったり、だったのですが。そのミリタリーショップはなくなってしまったらしく、そのイベントスペースはその日は公演はないみたいでした。

blacksheepさんは初見になるかしら?

ベルベットサンさんの前にケモノ耳着けた方々がいらして、ご出演の方の扮装かと思ったのですが。blacksheepのファンの方のようでした。ヒツジ耳着けた方は割り引きという趣向だったようです。

開演。

ちょっと事情はわからないのですが、冒頭いきなりblacksheepのリーダーの方(?)の断髪式でした。
長い髪にバンドの方、日比谷カタンさん、お客さんが次々と鋏を入れていきます。なんかフリーダムな鋏の入れ方。お相撲さんの断髪式は大銀杏の根元に少しづつ鋏を入れていくって感じみたいなんだけど、昔見たテレビによると。そういうかたちじゃなくて。

数年かけて伸ばした髪も切るときは一瞬、ですな。

それからblacksheepさんの演奏が始まりました。

続きを読む "blacksheepと日比谷カタン"

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »