« 映画『海軍特別年少兵』 | トップページ | 詩学校の記事 »

2012/09/01

blacksheepと日比谷カタン

昨日は荻窪のベルベットサンさんへ、「blacksheepと日比谷カタン」というライブを見てきました。もちろんお目当ては日比谷カタンさんでした。

ベルベットサンさんは珍しい、1階にあるライブハウス。まだライブハウスに足しげく通えたころはちょくちょくお伺いしていましたが、ここんとこはライブハウス通いからも遠のいてしまっていて、ベルベットサンさんは久しぶり。

荻窪駅からベルベットサンさんへの道すがらは、ちょっと面白そうなミリタリーショップがあったり、昭和精吾さんとイッキさんの寺山修司ネタの公演を拝見したイベントスペースがあったり、だったのですが。そのミリタリーショップはなくなってしまったらしく、そのイベントスペースはその日は公演はないみたいでした。

blacksheepさんは初見になるかしら?

ベルベットサンさんの前にケモノ耳着けた方々がいらして、ご出演の方の扮装かと思ったのですが。blacksheepのファンの方のようでした。ヒツジ耳着けた方は割り引きという趣向だったようです。

開演。

ちょっと事情はわからないのですが、冒頭いきなりblacksheepのリーダーの方(?)の断髪式でした。
長い髪にバンドの方、日比谷カタンさん、お客さんが次々と鋏を入れていきます。なんかフリーダムな鋏の入れ方。お相撲さんの断髪式は大銀杏の根元に少しづつ鋏を入れていくって感じみたいなんだけど、昔見たテレビによると。そういうかたちじゃなくて。

数年かけて伸ばした髪も切るときは一瞬、ですな。

それからblacksheepさんの演奏が始まりました。

blacksheepさんはサックスとトロンボーンとピアノの三人編成のバンドみたいです。その断髪されたリーダーさんがサックスでした。
モダンジャズになるのかしら?よく解ってなくて申し訳ない。
都会的な感じ、1曲目はゲームに例えれば、シムシティのBGMとかによく似合う感じでした。
海外SF作家と作品をイメージ元にした曲がいろいろありました。SF者のバンドなのでしょうか。

それからまた断髪式がちょっとあって。

そしてblacksheepのリーダーの方メインと日比谷カタンさんのトークのコーナー、必殺シリーズをメインに、日比谷さんの時代劇曲のカヴァーを交えて。
ほんと、特濃のトークでありました。あたしはまぁ、ノスタルジーという印象がいちばんでしたが。「子連れ狼」とか、エッチなシーンがあったりしたこともあるので、家族が寝静まったころ、いないタイミングを見計らって、こそこそと断片的に見た、という思い出ですが。

そして日比谷さんソロでの時代劇トークと時代劇カヴァー。そしてオリジナル(?)曲へ。
いや、『Fake Fur bought by Summer Sale BOT』がありました。久しぶりに聴けました。

『Fake Fur bought by Summer Sale BOT』は「サマーセールでキミにフェイクファーを買ったボクの愛はホンモノさ」って感じの歌なんですが。なんつーかサンプリングというかデータベース消費というか、そういう歌です。
前に聞いたときはネタ元は渋谷系(?)が中心と思っていたのですが(私は渋谷系もほとんどわかりまへん)、昨夜のバージョンはなんかめちゃくちゃネタ元が拡がってました。

どっかんどっかんお客さんから笑いが起きてましたが。やっぱ音楽に詳しければ詳しいほどわかるようであります。あたしは疎いものですから…。それでも少しはわかるの、ありました。
いや、この曲はふつーにしっとりとした(ちょいと変化球な)恋愛歌的部分もあって、そういう形で訊いてもいい曲でしたよ。

そして『対話の可能性』で〆。

またそのあと、断髪式は続き、美容師さんがいらして仕上げというかたちになりました。

左耳の前だけ長い髪が一房あるという髪型、『serial experiments lain』っていうアニメの主人公、岩倉玲音の髪型を思い出しました。ちょっと前、バンダイチャンネルで一気見した作品ですが。なんていうか、SF者が好きそうなアニメでしたが。(見る人を選ぶと思いますが、SF者にはおススメアニメかなぁ)

ほんと、日比谷さんのライブもあまり行かなくなってしまって。
久しぶりの日比谷さんのライブ、楽しみました。

|

« 映画『海軍特別年少兵』 | トップページ | 詩学校の記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『海軍特別年少兵』 | トップページ | 詩学校の記事 »