« 自分の中の課題として | トップページ | ARTiSM FESTA 2012 SUMMER »

2012/08/15

『おおかみこどもの雨と雪』

ま、盆休み中でありまして。といっても部屋でぼんやりするばかり。
まぁ映画の一本も、久しぶりのぜーたくで封切り映画でもと思って。
昨日、『おおかみこどもの雨と雪』を見てきました。

ただ、細田守監督作品で有名なの、『時をかける少女』『サマー・ウォーズ』は未見でした。
両方ともテレビ放映を録画したのはあるのですが。
(本作を見てちょっと興味を持って、改めて『サマー・ウォーズ』の録画は見てみました)

どうもなんか可愛い女の子が出てきて「キラキラしている」作品っぽい印象があって。残念だけど、地虫のような人生を送ってきたあたし、そういう作品を観ると、「オリにはこんな人生無縁だったヨォ!」と髪かきむしって壁殴りしそうでありますので。
だから原田知世の時かけも見なかったなぁ。映像化作品は『タイム・トラベラー』しか観てないよ…。
ただ、本作は、「ファミリー」路線っぽいし、いろいろ興味を惹かれる部分もあったし、ちょっと見ようかなと。

ここ十数年のことですが、「トシ取ったなぁ」と感じるのは、それまでただただウザいだけの存在と思っていた“子供”を可愛いと思うようになったことです。
もう結婚して子供を作って、育ててってのは無理な相談のトシなんですがね。
まぁそれがさみしくもあり、「無い子には苦労しない」って事も思う部分もあり、ひとり暮らしの気楽さとさみしさっちゅーか、ま、そんな感じなんですが。

まぁ、この世に愛する存在がある、憎みきってはいけない、と気づくのは、自分をいろいろ引き止める手段としても有効ですしな。だから、心の防衛機能のどこかが、子供を可愛いと感じる、微笑む事を選択しているのかも知れません。なんかそんな感じの「取ってつけた」感も自分の中に感じます。

ま、ここらへんが本作を見るにあたっての自分の中のスタンス、として言っておくべき事かなぁ、と。

んでちょっと閑話休題して。

印象に残ったのは美術。冒頭の花のシーンとか、実写かと思いましたよ。実写取り込みと3DCGIを併用しているのかなと思うのですが、そういうリアルさとあわせてアニメーションらしい手作りの温かみもあって。とてもうつくしい作品でありました。

さて、お話について。

(以下ストーリーに触れつつ書いていきますので、ネタバレ注意)
(あと感想というより辛気臭い「自分語り」が続きますので注意)

花という女性。冒頭では大学生。奨学金とバイトで大学に通っています。それは作中わかったのですが、公式サイトによると父子家庭で、高校時代に父親も亡くなってしまい、天涯孤独の身であるようです。(見落としましたか)

彼女は大学でニセ学生として講義を受けていた“彼”と出会います。公式サイトによると名前はなく“彼”です。免許証もあるので名前はあるようですが。どこかで戸籍を買ったりした偽名かもしれませんが。

花と彼は付き合い始めます。その中で彼は自分が「おおかみおとこ」である事を告白し、花はそれを受け入れ、同棲を始め、子供ができます。子供はふたり、長子が長女で「雪」という名前、次子が長男で「雨」という名前。
だとすると『おおかみこどもの雪と雨』じゃねーの?と思いますが、ここらへん男の子を先に書くものなのかなぁ。無意識かなぁ、なんか葛藤や議論はあったのかなぁと少し考えたりします。

しかし“彼”は事故であっさりと死んでしまいます。
何らかの不注意からか用水路に落ちて溺死したようです。

花はひとりでふたりの幼子を育てなくてはならなくなり。ふたりの子供も“彼”の血をひいてウェアウルフ、「おおかみこども」なんだけど。そして、幼いからその変身をコントロールできない。
街中のアパートに暮らす三人、いつかはその事がばれてしまいそうになって、一計を案じた花は田舎の、人里離れた民家に暮らして子供を育てていくことを思いつきます。人目につかない場所、そして自然の中で子供を育てようと。

その、田舎暮らしでのふたりの「おおかみこども」の成長のおはなしです。
それを、長女の雪の口から回想として語られます。

大学時代の花は肉親もいない天涯孤独の身、大学に特に友達もいないぼっち状態みたい。バイトに明け暮れてるから誰かと駄弁って友達作る暇もないのかなぁ。
そして、だからこそ、“彼”というパートナーの出現がどれだけ嬉しい事だったか、っていう部分もあるのだろうけど。ひょっとしたら「おおかみおとこ」である彼の存在を受け入れられたのも、その深い孤独が関わっていたのかもしれません。

大学生でひとり暮らしでぼっちなのはあたしもそうだったわぁ(笑)。

ま、“彼”はイケメンさんでありますし、黙っていても女の子寄ってきそうではありますが。
運送業の仕事に明け暮れていたら、そういう出会いの場所はなかったかもしれません。
いや、実はニセ学生やってたのは向学心じゃなかったかも?人恋しくて?彼もまた「おおかみおとこ」である事を隠しながら生きていかなきゃいけない、孤独な存在。仲間は、肉親もいない、最後の「おおかみおとこ」。大学のキャンパスという同年代の男女が集っているところにいて、せめてその人いきれに触れたかったのかもしれないな。

ま、あたしは大学でもぼっちでしたがね(ひつこい)。

孤立無援の田舎暮らしを始めた花。しかしそれでも周りの人たちが彼女を助けるようになり、生活も安定し、そしてふたりの子供も変身をコントロールできるようになり、小学校に通い始めます。

そして、ふたりの子供の前に、ちょっと早すぎるかもしれないけど、「“人”として生きるか?“狼”として生きるか?」の問題が立ちふさがり、それぞれはそれぞれの選択していきます。

そういうふたりの成長に伴う大小いくつかの「できごと」が描かれていく、と。そういうおはなしでありました。

う~ん、私は先入観として、『おおかみこども』のおはなしを、息を潜めて生きていかなきゃならない異形の者、被差別者、虐げられた人々のおはなしとして思っていたのですが。そのまろやかなアレゴリーかと。そういうのを主軸として描かれるおはなしではないかなぁと。

そういう部分は、ただ花(と“彼”の)“怯え”、ウェアウルフとばれてしまう事の恐怖、として描かれていただけかな。花はそのために産婦人科にもかからず“彼”とふたりだけで子供を出産し、子供が具合を悪くしても医者に診せることもできません。

カミングアウトして、そして、と、ちょっと想像してしまいますが。

その上で、異形の存在とその受容は大切な部分だったかなと。「おおかみおとこ」である“彼”の存在を花が受け入れ、雪にもそれを受け入れてくれる存在ができ、雨も自分の理解者を得て、ふたりは母親の花以外に関係にも居場所を見つけることができ、だったと。

なんとなくご都合主義だなぁと思う部分もあります。
田舎ってのはどうも閉鎖的で余所者には厳しい、という話も聞きますし。

田舎暮らし作家、丸山健二のエッセイに、都会人が田舎にやってきて成功するには上に出るか下に出るしかないって文章がありましたが。丸山健二の他の小説に、上に出て成功した例、東京帰りをウリにして服屋で成功した人の話とかありますが。
たぶん、花は下に出た例、周りのの人たちが「なんとかしてあげなきゃ」と思わせた例かなと思いますが。

花の性格もそういう周りの人の援助を、「おおかみこども」が露見するのを怖れる以外は、感謝をもって受け入れられる性格だったから、周りの人も助けようって気になったのかなぁ。
もちろん、花はこの田舎暮らしに失敗したら、後がないってのもあるでしょうが。だからそういう態度を取れたのかもしれないなと。
田舎暮らしに失敗して都会に戻る人たちは、戻れる余裕のある人たち。だからプライドとかも持っていて、上手く周囲とやっていけないのかもしれないな。

あたしだったら田舎暮らししたら、そのお付き合いに辟易する部分もあったかもしれない、妙なプライドで援助を断ったりしたかもしれない、そういう態度が反感をかって、周囲から孤立したかもしれないなぁ、と。
しかしそれも花は明るくこなしていくようになって。

本作のあと録画してあった『サマー・ウォーズ』を見たのですが。こちらは田舎の旧家の大家族が世界の危機を救う話。大家族からはぐれたメンバーも回収し、居所を回復しつつ。
方やアプリオリにある大家族、そして次作がぼっちスタートの母子が田舎のコミュニティと自然に受け入れられ、居場所のできる物語。

ナイーヴという印象は受けましたが。でも、それは、確信犯的ナイーヴさなんじゃないかと。
田舎暮らしの近所付き合いの大変さ、大家族の親戚付き合いの大変さ、そこらへんにはあえて目を瞑り。そのすばらしい部分を描いているのかなと。そういうところで突破口を作ってるのかなと。示してるのかなと。

かつて人々は地縁血縁という「セーフティーネット」を持っていました。それは金銭的、物質的なものだけでなく、自分の「居場所」を与えてくれるものでもありました。
しかしそれはまた人々を縛る「くびき」でもありました。

それはまだまだ社会が貧しく、公的福祉に期待できない時代、お互いがお互いを地縁血縁を基礎に相互扶助するシステムが必要だったのでしょう。そして人はそのコミュニティのパースペクティブの中で「居場所」を得られ、安心していられる。
なんかあったときに地縁血縁から援助を受けられる、「私」を「私」として認めてくれる。
また、地縁血縁の人たちにに困っている人が出たら物質的、精神的に援助しなきゃいけない、
そしていちばん大切な事はその地縁血縁を維持するために「お付き合い」をしなきゃいけない。その束縛もまたあって。だいたい絶対地縁血縁には仲が悪い、付き合うのが嫌な人間というのは必ずいて。そういう人とも何とかやりくりして付き合っていかなきゃいけない。

しかし社会が豊かになり、憲法で保障されている生存権に基づいた社会福祉制度が実現可能になり。
そして何よりも「個人」が重視される時代になり。個人はそのくびきから放たれ、各人おのおのが己の欲望を追及していこうという時代になり、この消費社会は大いに発展したのだと思ってます。

その代償としてかつてあった地縁血縁コミュニティは崩壊したのだろうけど。田舎のそういうコミュニティを捨てて都会に働きに出たり、そして出た都会でも隣人の顔も知らないという生活をして。
まぁ田舎なら農作業のお手伝いとかあって、そういうコミュニティはまだ辛うじて残っているのかもしれないけど。

個人の「エゴ」を最大限に肥大させ、それを「消費」に向けさせる。それが現代社会の、消費社会の「基調」ではなかったかと。
そしてこの時代、「不快」が貨幣に変わる時代で。つまり「不快を除くためにカネを使え」って話で。

夜中にお菓子が買い食いできないのが不快だからとコンビニができ、歩くのが不快だからと自動車が売れ、いつでもどこでも電話ができないのが不快だからと携帯電話が売れ。それが「ビジネス」として成立し。この消費社会を発展させる。まぁそんな感じじゃないかと。

そういう「不快という“貨幣”」の時代の中、不快な親戚やご近所さんとのお付き合いなんてやりたくないという方向に行くのは必定。
そして何よりも、“不快”を強いられるのが夫婦関係であり。夫婦関係なら恋は盲目モードもいつかは冷め、相手のわがままやなんかにイラっとする局面も増え。

そして何よりも“不快”の筆頭が「子育て」ではないかと。
まぁそれが離婚率・未婚率の上昇、少子化の原因ではないかと。

あたしはキモメン。「もてない男」だから所帯を持ったり子育てはしなかった、出来なかった部分もあるのでしょうが、それもあるだろうけど、やっぱ夫婦関係とか子育てとか、そういうのをわずらわしく思っていた部分もあったんじゃないかなと。だから独身できたと。そして取り返しのつかない年齢に達していると(苦笑)。

まぁそこでこういう「物語」を提示されたわけで。

残念ながらこの消費社会も衰退しつつあり、終焉を迎えつつあり、「今日より明日の方が豊かな暮らしができる」となんとなく信じられていた時代も終わりました。
また、豊かさの中でごまかせていた「自分」の居場所、自尊の問題も頭をもたげてきて、それもまたそれをアプリオリに、その地縁血縁の「ルール」に従いさえすれば与えてくれた地縁血縁に対するノスタルジーが頭をもたげてきたのかなぁと。

しかし、お上も生活保護予算に悲鳴を上げて「まず親族が支援しろ」とゆーてますが。
まずそれはこういう社会にしてしまった、「消費社会」としてこういう世の中に仕向けてきた反省をきっちりとしてからにしろと思いますわ。そしてほんとに人が地縁血縁というセーフティーネットを持てた時代に戻れるのかよ~く考えてから言えと思いますが。

そう、もう戻れないよ、あたし。そういう時代には。

なんかそういう思いがします。だから、本作は面白かったけど、やっぱり「自分の物語」ではないなと、そう感じてのめりこむ部分はなかったのかなぁと。浸りきることはできなかったなぁと。そう自己分析するのだけど。
自分にとって必要な、たぶんのめりこめる「物語」は“ここまで来てしまった”事に何らかの解を示してくれる作品。いや、そういうところまで求めないけど、ファンタジーでも、そうきてしまったことを踏まえたうえで、「私の物語」と感じられる物語じゃないのかなぁと思ったりもします。それを本作に期待するのは「木に寄りて魚を求む」ことでありましょうが。

どうなんだろ?いやほんと生き辛さを感じる時がここのとこ多々出てきてるのだけど。
これにどういう解法、ないしは解釈を与える、か?かなぁ、今後の私の人生の課題としては。
そういう部分も気づかせてくれる作品でした。

よい作品でありますよ。

|

« 自分の中の課題として | トップページ | ARTiSM FESTA 2012 SUMMER »

コメント

当人追記。

やっぱふたりの子が「おおかみこども」として周りの人たちから認められ、居場所を見つけるっておはなしのほうが良かったな。

例えば雨はその能力を生かして森林レンジャーとか、遭難者の救助に活躍したりとか。

そういう結末がいちばん良かったなぁと思いますです。

投稿: BUFF | 2012/08/16 20:33

先日、見てきました。涙をこらえていたけどsign05sign05

まだ何も教えてないのに行ってしまう‥‥‥

の雨がお母さんから旅立って行くシーンから、自分の事と重ねてしまい涙が止まらなかった。

最近、子どもが出来た娘がまだ、何も教えてないし…何も身につけてないまま、やはり別々に暮らしてるよりはお腹の子の父親の近くが良いかと娘の考えに賛成して行かせたばかり‥‥

ついこの前学校卒業してついこの前成人式終わったばかり‥‥そして、自分で得た資格で働きだしたところでsign05sign05母親として子離れするべきなんだと言い聞かせても、これらのことが脳裏を駆け巡り、

二人姉妹だった一人が出て行き、本当に重なってしまって‥‥‥涙のオンパレードでした!

私としても本当に良かったし感動したし、改めて生きて行くさまを考えさせられました。

本当に良かったです。一緒にいた次女は…心が温かくなった〜と、言葉をもらしてました。

感動をありがとう(^^)v

投稿: おはな | 2012/08/19 16:55

◎おはな様
人の親にはならなかったあたしですし、親子の機微はなんとなく想像するしかなかったですが、よい作品でありましたな。

投稿: BUFF | 2012/08/19 21:35

映画のエンディングは、とっても良かったしsign05sign05sign05

見ている人に感じて欲しいことが伝わってた。

監督、スタッフ、映画に携わった全ての人に、感謝です。私なりに、個人的に本当にいい映画にいい時期に見させていただきました…m(__)m

投稿: おはな | 2012/08/20 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の中の課題として | トップページ | ARTiSM FESTA 2012 SUMMER »