« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012/05/21

日比谷カタン×沢田ナオヤ ジョイントライブ

土曜日は西荻窪のサンジャックさんへ。
日比谷カタンさんのライブを見に行ってきました。
ご出演は日比谷カタンさんと沢田ナオヤさん。ツーメンのジョイントライブでした。

まず、吉祥寺に向かって。

吉祥寺でのイノリンさんたちの展覧会を拝見して。
こちらもツーメン展覧会でしたな。
イノリンさんは手作り絵本、もうお一方が陶芸でした。

しかし、吉祥寺は人多いわ。
どうも少しすり鉢状になってるのか、アーケードの先まで、人がみっちりの大混雑が見渡せて、さらにちょっとうんざり。

ほんと、人多いのは苦手です。

出かけるのが遅くなってしまい、イノリンさんたちの展覧会はちょっとだけ。
そして西荻へ。

西荻ではずっと気になっていたパイナップルラーメンのお店で食事しようと思ったのですが、ちょうど臨時閉店中。ほんと、私って間が悪いときは間が悪いものです。
普通にチェーン店で晩ご飯食べてからサンジャックさんへ。
西荻のおいしい店もそろそろチェックしとこうかなと。

サンジャックさん、今回はこじんまりとしたライブのよう。

続きを読む "日比谷カタン×沢田ナオヤ ジョイントライブ"

| | コメント (0)

2012/05/07

五月の詩学校

ゴールデンウィーク最終日、5月6日は三上寛の詩学校に行ってきました。
三上寛さんに自分の書いた詩をお見せして批評して頂くという集まりです。

会場は西荻窪のHANAという酒場。主宰の方のお店です。
今回もこぢんまりと少人数。

三上寛さんにお題を頂き。
具体的にタイトルを頂くこともあり、あるいは「○×について書く」という時もあり、今回は後者でした。

続きを読む "五月の詩学校"

| | コメント (0)

2012/05/05

寺山忌

昨日、5月4日は寺山修司の御命日。
ここ十数年間の恒例で、高尾霊園の寺山修司のお墓にお参りしてきました。

今回はちょっとぐずついた空。寺山忌で雨模様という記憶はあまりないのですが。
正午あたりに高尾霊園着。

120505

お線香を上げ終わった頃からゴロゴロ言い出して、下の休憩所についてしばらくしてから土砂降りの雷雨になりました。ほんと、めずらしいこと。

続きを読む "寺山忌"

| | コメント (0)

2012/05/04

J・A・シーザーコンサート『山に上りて告げよ』

昨日、5月3日は新宿FACEでJ・A・シーザーコンサート、『山に上りて告げよ』を見てきました。

J・A・シーザーさん率いる演劇実験室◎万有引力の公演はよく拝見しています。初めて行った万有公演は1997年の『百年気球メトロポリス』でした。パルテノン多摩一帯を使った「準・市街劇」といった趣向の作品でした。それでいっぱつで万有にはまって、本公演はほぼ、アトリエ公演もできるだけ、拝見するようにしています。
もちろん万有の音楽はシーザーさんで、耳に親しんでいるし、好きなのですが。万有公演で大道具の陰で楽器を演奏されているシーザーさんの姿に気づいたことも何度かあったんですが。

でも、ミュージシャンとしてのJ・A・シーザーさんはあまり知りません。何年か前に白夜書房(コアブックスだったかも?)から出た「J・A・シーザーの世界」は持っているはずですが、ちょいと本棚に埋もれてます。シーザーさんとしての音源は持っていません。万有の音源なら少し持ってるんですが。

高橋咲さんの『15歳◎天井棧敷物語』によると(本書もいま手元にないのですが)、「寺山修司は天井棧敷の頭脳、J・A・シーザーは天井棧敷の顔」というようなくだりがあったかと記憶しています。

ま、そんなスタンスであります。

ぐずつくお天気の中、新宿FACEへ。歌舞伎町の中心部へ向かう通り、その突き当たりにあっておなじみだった新宿コマ劇場がとうとう取り壊されて姿を消してました。コマ劇場は渚ようこさんの『新宿ゲバゲバリサイタル』とあと少しくらいしか行ったことないんですが。でも、やっぱり、歌舞伎町のシンボルみたいな建物だったので、なくなるととてもさみしいものです。

新宿FACEさんは、そのコマ劇場の前の広場に面しているビルにある場所でした。とてもでっかいライブハウスといった感じになるでしょうか。コンサートホールというよりライブハウスといった感じの場所。

お客さん、たくさん入ってました。ちょうすし詰め状態。雨模様のせいもあり、人いきれでとても蒸し暑かったです。開演後冷房が利きだしたのか、少し涼しくなりましたが。

座席は折りたたみ椅子でした。オールスタンディングにも使える場所みたい。席は椅子席と立見席がありました。私はディスカウント席だったので後ろの方でしたが、特に見にくいという感じでもありませんでした。よかったです。

ステージは大きなステージ、手前に高さが不ぞろいの何本かの柱があしらわれています。
左右の壁には映像が映し出されています。

そういう感じでした。
ややあって開演。

続きを読む "J・A・シーザーコンサート『山に上りて告げよ』"

| | コメント (0)

2012/05/01

イメージフォーラムフェスティバルⅠプログラム

昨日は新宿のパークタワーホールへ。例年ゴールデンウィーク期間中に開催されている映像作品の上映会、イメージフォーラムフェスティバルのⅠプログラムを観てきました。

イメージフォーラムフェスティバル、以前はよく行っていました。会場から歩いて20分くらいの所に住んでいた事もありましたし、連休中に行く場所としてもちょうどぴったりでした。
8千円くらいのフリーパス券を買って全プログラム制覇!とやった事も何度かあります。

まぁ、そんな風で好きなイベントだったのだけど。

近年はちょっと離れた場所、それでも地下鉄で気軽に行けますが、に越した事もあり、また、ちょいと手元不如意になってきたこともあり、ちょっとだけ拝見する、程度の事になってしまいました。
また収入が戻ったらフリーパス券で全プログラム制覇!とやりたいのですが、その目処もぜんぜんない状態ですが…。

いや、閑話休題。

このⅠプログラムは かわなかのぶひろ先生、萩原朔美さんの作品が上映されるというので選びました。Ⅰプログラムは「身体のありか」というサブタイトルがついてます。

本プログラムの上映作品は
「相対位置」(五島一浩/ビデオ/11分/2012)
「Who?」(櫻井篤史/ビデオ/27分/2011)
「目の中の水」(萩原朔美/ビデオ/12分/2012)
たましひのからだ(黒川芳朱/ビデオ/12分/2012)
「岐路crisis」(かわなかのぶひろ/ビデオ/20分/2012)
の5本でした。
あと、イメージフォーラムフェスティバルはインスタレーション作品もいくつか展示されています。

続きを読む "イメージフォーラムフェスティバルⅠプログラム"

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »