« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/27

今夜、世界のすべての三月に

(タイトルは今読んでるティム・オブライエンの小説と昔読んだ中島らもの小説のぱくりってことで)

24日、土曜日は第30回日本冒険小説協会全国大会に参加するために熱海へ。
昨年末、内藤陳会長がご逝去され、会長のいない全国大会になってしまいました。
去年の全国大会も会長はだいぶ無理をされてご主催して下さったのだなと今にしては思います。
第30回全国大会まではやりたいと仰っていましたが。

しのつく雨の中、東京を出発して。ネットで調べると熱海はお天気とか。
ほんまかいなと思っていましたが、熱海が近づくとだんだんと雨が上がってきました。
送迎バスに乗り込み会場の金城館へ。第20回全国大会からお世話になっている場所です。

受付を済ませて熱海駅頭へ。

第1回全国大会から顔なじみの駅頭の観光案内の方から「内藤陳さん、死んじゃったね」と声をかけてくださったり。気にかけていただいてたのかなと。

30年。熱海の駅頭の風景も変わらないようでいて、変わっていたり。

駅前にコンビニやファーストフードのお店ができた時は、ちょっと無粋な気もしたりして、でもしばらく経つと便利に利用したりして。熱海駅頭の足湯も面白そうですが、なんか利用せずしまいだったなぁとか。駅前に並ぶ土産物屋さんもだいぶ整理されてしまって。

今回いちばん驚いたのはバス停のあったところが囲いができて工事中だったこと。観光案内の方に伺うと、バスとタクシーのターミナルができるそうです。2階建てで、どっちかがバス停で、どっちかがタクシー乗り場になるようですが。

ほんと、変わらないと思っていたことも、知らない間に少しづつ変わっていって、気がつくと驚くほど大きく変わっているものです。

5時半の送迎バスに乗って金城館へ。
部屋に戻って荷物を整理していると宴会場へとのメッセージが。

続きを読む "今夜、世界のすべての三月に"

| | コメント (0)

2012/03/24

イメージフォーラム映像研究所2011年度卒業制作展

金曜日はイメージフォーラム映像研究所2011年度卒業制作展のAプログラムを見てきました。
毎年行っていてなるべく全プログラム拝見したい卒業制作展ですが、今年は某全国大会に重なってしまったので、見られるのはこのプログラムだけになりそうです。

イメージフォーラムも久しぶり。

今回拝見したのは
「Staring into space」(きしもと ともえ/ビデオ/9分)
「たくじさんの宿」(川原理子/ビデオ/33分)
「もうアイドルなんかならない」(三木はるか/ビデオ/25分)
「Vanitas」(佐藤友里子/8ミリ/7分)
の4作品でした。

卒展という事で、皆さん、イメージフォーラムの生徒さんとしては初めてあたしみたいな第三者に作品を公開する機会。
面白い作品にもけっこう当たるので、好きです。

プログラムはこちら
ご興味のある方はゼヒ、であります。

今回拝見した作品についてちょっと書いてみます。

続きを読む "イメージフォーラム映像研究所2011年度卒業制作展"

| | コメント (0)

2012/03/20

「蹂躙史エピトマイザ」展

銀座のヴァニラ画廊で開かれている沙村広明さんと森馨さんのふたり展『蹂躙史エピトマイザ-ある幻想の娼館-』に行ってきました。勤務先の終業後飛び出して、閉廊間際にちょっと拝見した程度ですが。

沙村広明さんは漫画家さんでイラストレーターさんで。初めて手にした沙村広明さんの作品は『人でなしの恋』という画集。それから『ブラッドハーレーの馬車』という特異な世界観の連作短編集。そして短編集「シスタージェネレーター」、2巻物の『ハルシオン・ランチ』と拝読しています。だから、たぶん、代表作であろう『無限の住人』は未読なのですが…。
森馨さんはあまり詳しくないお人形の世界で私が存じ上げている人形作家さんのおひとり。個展は行ったことないのですが、グループ展は拝見した事あるかと。頂いた名刺が手元にありますです。

事前の知識はそういう感じであります。

沙村広明さんは以前同じくヴァニラ画廊であった「人でなしの恋」の原画展に足を運んだことがあります。
なんていうのかな、沙村広明さんの描く女性がえらくツボなのであります。『ハルシオン・ランチ』作中の台詞を借りれば私もまた「ロリ・つり目・クーデレ好きの三重苦」なのであります。

そして沙村広明さんの嗜虐の世界もまた…。

続きを読む "「蹂躙史エピトマイザ」展"

| | コメント (0)

2012/03/19

エコール・ド・シモン人形展

新宿の紀伊国屋画廊で開かれているエコール・ド・シモン人形展に行ってみました。人形作家・四谷シモンさんの人形教室、エコール・ド・シモンの生徒さんたちと四谷シモンさんのお人形の展覧会のようであります。何年か前、ちょっと覗いてみて、今回が2度目です。

10年くらい前、人形作家さんと知り合ってお人形の世界に少し首を突っ込むようになる前、人形作家さんとして存じ上げていた方は天野可淡さんと四谷シモンさんでありました。
人形展に時折足を運ぶようになり。なんとなく四谷シモンさんの作風に似ている感じのお人形を拝見することも多いです。そういうなんていうのかな、遺伝というか系譜というか、そういうのも面白いものであります。

会場は紀伊国屋画廊。新宿三丁目の紀伊国屋書店の画廊です。

ちょっと前、大島渚監督の『新宿泥棒日記』をフィルムセンターで観ましたが。紀伊国屋書店創業者、田辺茂一と唐十郎、そして唐十郎率いる状況劇場の面々、四谷シモンさんもご出演でした。その時のつながりで紀伊国屋画廊なのかなぁとちょっと想像したり。

続きを読む "エコール・ド・シモン人形展"

| | コメント (0)

2012/03/14

ケロリン猛獣會 第一夜

昨日は吉祥寺のスターパインズカフェさんで母檸檬さんのライブを見てきました。
題して『ケロリン猛獣會 第一夜』とか。

ご出演は
母檸檬さん、
早川義夫+遠藤里美さん、
友川カズキさん、
デリシャスウィートスさん、
そして司会進行役が活弁の山田広野さんでした。

吉祥寺はギリギリ駆けつけられる場所、時計をちらちら見ながら向かったのですが。
無事開演前にたどり着けました。

緞帳代わりに舞台前に下ろされたスクリーンでは、デリシャスウィートスさんがおじさんたちにインタビューする映像が流れていました。

ややあって開演。

続きを読む "ケロリン猛獣會 第一夜"

| | コメント (0)

2012/03/11

漫画家さんたちのライブ

昨日は新高円寺のCLUB LINERさんでライブを見てきました。
出演者さんの多くが漫画家さんのバンドという趣向のライブでした。
このライブを見に行ったきっかけは、ある漫画家さんのツイッターでの書き込みからでした。

当日のご出演は
ストラト・ダンサーズ(中川いさみ)さん、
テンヤワンヤ(from山形)さん、
山本直樹バンドさん、
とり・みき+葛岡みち(ゲスト:江口寿史)さん、
そして、野獣のリリアンさんでした。

行くのは最後までちょっと迷っていました。どんな感じかなぁと思って。
漫画家さんのバンドということで、なんていうのかな、ファンサービス的なライブかと思って。

ご出演の漫画家さん、拝読した事のある方も、告白すれば未読の方もいらっしゃいます。
拝読した事のある方も、自分的には熱心なファンだと胸を張って言える方はいらっしゃいません。引越しで単行本をほとんど処分してしまうくらいで。
だから、今回のライブが「ファンサービス」的なものだったら、そういうところに行っていいものかなぁという思いもありました。

それとやっぱり初めて行くライブハウス、知ってるバンドもひとつもないというライブはほんと久しぶりで、ちょっと敷居が高いかな、と。

初めてライブハウスに行ったのは2000年の秋口ぐらい。その夏、「三上寛と行くテラヤマバスツアー」というのに参加して。文字通り、三上寛さんと一緒に青森の寺山修司記念館や縁のある場所を巡り、そして、三上寛さんの故郷・小泊村での三上寛さんのライブ、という趣向のバスツアーでした。そこで三上寛さんに良くして頂いたので、お礼のつもりでライブに足を運んだのがきっかけでした。

それ以前、ライブハウスって場所があるってことくらいは知ってました。ま、アマチュアバンドさんが演奏してる場所、ぐらいの認識でした。
しかし、ライブハウスに足を運んで、その豊穣さに驚きました。たくさんあるライブハウス、そこで、たぶん星の数ほどあるインディーズバンド/ミュージシャンさんが夜毎ライブを繰り広げてる。凄いなと。

そして、ライブハウス通いが趣味になりました。

最初は三上寛さん、そして入った三上寛ファンクラブで知り合った方のインディーズミュージシャンさんのライブ。そして、対バンさんで面白そうなミュージシャンさんを見つけて、そういう風に芋づる式に好きな方を見つけていきました。
日比谷カタンさん、青葉市子さん、URiTAさん、母檸檬さん、VEXATIONさん、ゴトウイズミ+アコーディオンさん、etc...
それも数年前くらいまでだったのですが。今はファンな方がご出演のライブしか行かないようになってしまいましたし、いろいろ事情もあって、ライブハウスからはだいぶ足が遠のいてしまいましたし。

ま、そういったライブハウス通いだったので、まったく知らないライブハウス、まったく知らない方ばかりの出演者、そしてたぶん客席にも顔見知りがいない。そういうライブってのはほんとめったにありません。

そういう感じでちょっとおっかなびっくりな部分もありました。
いや、閑話休題。

新高円寺駅で降りて、雨の中をCLUB LINERさんへ。なんて言えばいいのかな、「ライブハウス」と聞くとまず思い浮かべる感じの、タイプのライブハウスでした。中くらいの規模、黒い内装、白黒チェッカーの床。

会場は大賑わいでしたよ。

続きを読む "漫画家さんたちのライブ"

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »