« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012/01/27

青葉市子『うたびこ』

120127

青葉市子さんの新譜『うたびこ』がAMAZONから届きました。
さっそく愛用のWALKMANに取り込んで聴いて、ざっと聴いたぐらいですが、感想など。

青葉市子さんの演奏を初めて聴いたのは09年の12月、ごひいきの日比谷カタンさんの対バンとしてでした。その時、「もうすぐ初アルバムが出ます」というMCがあったと記憶しています。
それから10年9月、また日比谷カタンさんの対バンとして拝聴して、なんかとてもいい感じだったのでCDを買いました。それが青葉市子さんの1stアルバム『剃刀乙女』でした。

なんて説明すればいいかな。心安らぐ歌たちなのですが、どこか時々ザクリと心を切られるフレーズが入っているというか、「いたみ」を感じるというか。しかし、そういう部分があるからこそ、「いたみ」がある、その上だからこそ、ほんとに安らげるというか。そういう部分ではまりました。ファンになりました。

そして去年1月の2ndアルバム『檻髪(おりがみ)』をAMAZONで買って。だいたい年1くらいかな、新譜はそんなペースっぽくて、で、今回の3rdアルバム『うたびこ』を今回購入したという次第です。
いや、インディーズさんのCDはライブ会場でその方の手売りを直接求めるのがライブの大きな楽しみのひとつですが。青葉市子さんのライブはあまり行かないもので。楽曲はしょっちゅう聴いているのですが。そういうスタンスのミュージシャンさんです。

青葉市子さんの歌を聴いていると、なんだか心地よくまどろむような心地になって、それが私は大好きです。そして、自分の、えてして悪い方向に向かっていきそうな心を、青葉市子さんの歌は宥めてくれます。そういう意味で助けられている部分もあると。そんな感じであります。

さて、『うたびこ』の収録曲は
01.IMPERIAL SMOKE TOWN
02.かなしいゆめをみたら
03.私の盗人
04.裸足の庭
05.あなたのかざり
06.3びきのくま
07.奇跡はいつでも
08.ひかりのふるさと
の全8曲。

ライブで何度か聴いた「イソフラ区ボンソワール物語」は入ってないみたいですね。それと『世界の車窓から』で青葉市子さんが歌った歌も入ってないかな?外国語の歌でしたが、今回のアルバムの歌は全部日本語だったし。「イソフラ区~」はダウンロード版オンリーの音源にあるようですが、未入手です。

青葉市子さんのアルバムジャケットの表紙(とCDでも呼ぶのかしら?)は文字もイラストもはいってない単色。小口につく、なんて呼ぶのか知らないのですが、紙片にアルバム名は入ってます。裏表紙?には最低限のクレジットらしきものだけ小さく入ってます。

アルバムの色、1st『剃刀乙女』は淡い白。2nd『檻髪』は淡い赤。そして3rdの本作『うたびこ』は淡い緑。きれいな緑色です。この色、好きです。
そして、手書きの歌詞が書かれたかわいらしいパンフレットが添付されています。

続きを読む "青葉市子『うたびこ』"

| | コメント (0)

2012/01/19

スカイリムのリディアについて

「スカイリム」ってビデオゲームに出てくるリディアというキャラについての備忘録的メモ。
(プレイしてない方にあまり関係のない話でありますが)

私が遊んでいる「スカイリム」はPC版です。英語版をベースに一部ファイルを差し替えて日本語にしている環境です。裏技的ではありますがMODの互換性の件もあり、比較的多くの方がプレイしている環境かと。(ま、PC版プレイヤーなんてごく僅かでしょうが)

MODは地図のグラフィック向上、女性キャラの身ぐるみ剥ぐと全裸になる奴(どうも中世にブラとショーツはいただけない)。あと、バニラだとレベル固定のコンパニオンのレベルが上がったり、装備をいろいろ変えられたりできる奴、を入れてます。

んで楽しく遊んでたんですが。コンパニオンのリディアをいつもお供に連れて。
戦闘補助にもなるし、荷物持ちにもありがたい存在だったのですが。
ただ、ここんとこ、リディアが荷物を持てなくなりました。
しまいには装備している武器や防具も外せるんですが、元に戻せなくなってしまって。

こりゃMODのせいかなとMOD外しても変わらず。
MODのせいか何かでエラーを起こしていて、もう直せない状況なのかなぁと。
もうリディアは使えないかなぁと思っていたのですが。

この件について面白い情報を見つけました。

続きを読む "スカイリムのリディアについて"

| | コメント (2)

2012/01/04

会長のいない東京

2011年12月28日、日本冒険小説協会・内藤陳会長が亡くなられました。
会長の訃報を知ったのは帰省先、仲間からの電話でした。
そして今日、東京に戻ってきて、PCからこの文章を書いてます。
会長のいらっしゃらない東京。

アパートの郵便受けには訃報が届いていました。
でも、まだなんか信じられません。

鬱屈しきっていた予備校時代、それでもまだいくつかの楽しみのひとつが月刊PLAYBOY誌の会長の連載エッセイ。それを頼りに買い求める面白本。そして冒険小説や探偵小説のヒーローたちのカッコイイ姿でした。

その連載にあった会長の檄文に、ふとした気まぐれから(そう、たぶん、気まぐれ)、日本冒険小説協会入会希望の葉書を出し、会員になりました。

全国大会に参加し、会長をはじめたくさんの方々に良くして頂き。また私があるドジを踏んで行き場がなくなったとき、最後の拠りどころが日本冒険小説協会でした。

ある方がお書きになっていたように、会長はまさに「第二の父」でありました。
おっかないところも含めて。

決して優秀な会員ではなかったと思います。
ほんとうに雑魚のトト交じりであったと。
それに関してはずっと忸怩たる思いでしたが。

会長から頂いたもの、結局ぜんぜんお返しできずに会長がいなくなって、情けない限りでありますが。

続きを読む "会長のいない東京"

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »