« 日曜は青葉市子さんのライブ | トップページ | カタン×タシロの「時代劇にようこそ」 »

2011/11/12

会長CD『MIDNIGHT PLUS ONE』

先週、日本冒険小説協会公認酒場『深夜+1』で1枚のCDを求めました。
『MIDNIGHT PLUS ONE』というCDです。

本作の存在を知ったのは日本冒険小説協会ブログからでした。
なんと、日本冒険小説協会内藤陳会長の御声が吹き込まれたCDが出る!
ラインナップを調べてみると、ライブとかで拝聴した事のあるミュージシャンさんのお名前もある!

ワクワクして発売日を待ちましたよ。

このCDの収録曲はこんな感じ。
1.深夜+1(歌:内藤陳&江本明/作詞:大沢在昌/作曲・編曲:高浪慶太郎)
2.あきらめのボン・ヴォヤージュ(歌:ギャランティーク和恵/作詞・作曲・編曲:堀込高樹)
3.最愛する者の側に(歌:坪内和夫&西浦謙助/作詞:永山則夫/作曲:坪内和夫)
4.新宿ソワレ(歌:ソワレ/作詞:石坂まさを/作曲:ソワレ)
5.イカナポンチ(歌:デリシャスウィートス/作詞:チャーマァ/作曲:J・A・シーザー)
6.ぶっちぎりRock'n Roll(歌:新宿金蝿/作詞・作曲:タミヤヨシユキ)
7.新宿LADY(歌:The PERMANENTS with Pi-Ko/作詞・作曲:田光マコト)
8.実録・スケバン小唄(歌:渚ようこ/作詞:東西朧月/作曲・編曲:高浪慶太郎)

ソワレさんは超絶技巧変態ギター弾き・日比谷カタンさんの対バンで拝見したことがあります。青い部屋で修行されたシャンソン歌手さん。昨年末、惜しくも店仕舞いした青い部屋でありますが、会長の千社札が貼られているのを見つけて「おぉ!」っと感動した思い出もあります。
デリシャスウィートスさんは昭和アングラエログロロックバンド・母檸檬さんの対バンとかで拝見したことがあります。こちらも昭和の香りの女子セクシーパフォーマンスグループであります。
そして渚ようこさんは会長とのご共演を2度ほど拝見しております。1回はあのコマ劇場を借り切って行われた『昭和ゲバゲバリサイタル』でした。

わぉ!なんて俺得CD!

あと、私が存じ上げている限りでは、会長の日本冒険小説協会公認酒場・深夜+1はもちろん、ソワレさん、渚ようこさんも新宿ゴールデン街に酒場をお持ちのはず。

111112

ジャケット写真だけでありがたみ、であります。これは深夜+1に飾られている会長の御真影であります。ネットでジャケ写見たときひっくり返りました。

紙ジャケ仕様っていうのでしょうか、CDジャケットは昔のLPレコードみたいに紙製です。LPレコードのジャケットみたいに2つ折になっていて、片方が袋状になっていて、CDを収めるつくり。ジャケットを開いた内面見開きは上から撮ったゴールデン街の写真です。ビル街に囲まれて、そこだけぽっかり平べったいトタン屋根の建物の群れ。そこがゴールデン街。

まだWAWLKMANに入れて通勤中にざっと数回聴いたぐらいですが。

やっぱりもちろんイチ押し曲は1曲目の「深夜+1」。酒場の店主に扮した江本明さんのとつとつとした語りに会長のセリフが絡みます。店主として酒場について語る江本明さん。それはひとり深夜+1のことだけではなくて、たぶん、ゴールデン街の酒場たちの多くについての語りでもあり。まさに第1曲目にふさわしいナンバーとなってます。
もちろん作詞はあの『新宿鮫』・大沢在昌さん。唸るほど素晴らしく、ゴールデン街の酒場の魅力・機微といったものを描写していらっしゃいます。

そして次に自分的に面白かった曲はデリシャスウィートスさんの歌う5曲目の『イカナポンチ』。作曲はJ・A・シーザーさん。シーザーさんは寺山修司の劇団・演劇実験室◎天井棧敷の「顔」だった方。そして寺山修司亡き後はその衣鉢を継いだ演劇実験室◎万有引力を率いていらっしゃいます。コテコテのシーザー節にデリシャスウィートスさんの歌声、なんて俺得な!

3曲目の『最愛する者の側に』の作詞は永山則夫。「ピストル魔の少年」。永山則夫の書いたものに曲をつけたもののようです。
6曲目の『ぶっちぎりRock'n Roll』は横浜銀蝿の同名曲のカヴァー。懐かしかったです。

トータルとして70~80年代テイスト、「昭和」テイストと言えるでしょうか?バブルが始まる前の、この国の最後の「古きよき時代」を感じさせるアルバムでありました。
ほんと素晴らしい「新宿ゴールデン街トリビュート」アルバムになってると思います。
こいつはオススメです!会長の御声が聞けるCDなんてのも滅多にないと思いますし。

本作は深夜+1にも置いてあるそうですし、AMAZONでの扱いもあるようです。そしてDISKUNIONさんでは先着特典としてボーナストラックCD-Rとジャケ写をモチーフにした缶バッジ、つまり会長缶バッジがつくそうです。情報ページはこちら。(まだ残っているのかは解りませんが)
遠隔地の方でもバッチリ入手可能かと。

いやほんと、こういうCDがリリースされてとても嬉しいです。
これでいつでも会長の御声が聞けますな。

永遠に続く物って、この世にはないでしょう。だから、新宿ゴールデン街もいつか消える日が来るでしょう。そしてそれは仕方がないことかもしれません。
しかし、ゴールデン街の魂を受け継いだ、「ゴールデン街」的な場所は、いついかなる時にも存在していて欲しいと思っています。そういう「居場所」が必要なヤツってのはいついかなる時代にも居るはずですし。

そして、ゴールデン街が消えたとしても、そこに集っていたヤツらが居たことは、語り継がれていて欲しいなと思ってます。

|

« 日曜は青葉市子さんのライブ | トップページ | カタン×タシロの「時代劇にようこそ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜は青葉市子さんのライブ | トップページ | カタン×タシロの「時代劇にようこそ」 »