« 『輪るピングドラム』の音楽たち | トップページ | 入間航空祭 »

2011/10/31

反逆のうた謳い

土曜日は高円寺の無力無善寺へ。死神企画ライブ「反逆のうた謳い」。
ファンな日比谷カタンさん、ファンクラブにも入っている三上寛さん、そして三上寛さんの詩学校仲間の死神さんの企画ということで。

最初が日比谷カタンさんでした。

最初は「ぶるうどらっぐ」でしたか。「逆抵牾参る」の入り方が面白かったです。『ウスロヴノスチの切符切り』の合言葉曲はあの曲でした。もう半年以上になるのか。

今回3メンで日比谷さんの演奏は小一時間以上あったのですが、もっと長くてもいいかなと。
しかし2日連続ライブってのは大変そうであります。

実は日比谷カタンさんを初めて拝見したのが三上寛さんの対バンとしてでした。もう8年くらい前になるかしら?
三上寛ファンクラブの集まりで、こんど青い部屋で三上寛さんのライブがあると伺って。青い部屋は名前だけは知ってる歴史ある場所、シャンソン酒場かと思ってたのですが。近年ライブハウスとしての営業も始めたということで、三上寛さんのライブもあるということで。

「クッタブタ祭り」という企画ライブだったかな。「クッタブタの祭り」というのは三上寛さんの歌に出てくる謎のお祭り?なのですが。その対バンが日比谷さんでした。ただ、その時はあまりピンと来なかったのですが。翌年の「独唱パンク」で日比谷さんの演奏に精神が変容するほどの衝撃を受け、それからはまりました。

ま、そんないきさつ。で、今回はそのとき以来の三上寛さんと日比谷カタンさんの対バンになると思います。

2番手が三上寛さん。

冒頭2曲はアルバム未収録の新曲かと思うのだけど。三上寛さんはもうすぐアルバムが出る少し前からライブでそのアルバムに収録される新曲を演奏なさいます。だからもうすぐ三上寛さんの新アルバムが出るかと思いますが。

最初の曲は311に向けた曲かしら?ややナイーヴかもしれませんがストレートで、そうか、三上寛さんはこう思ってらっしゃるのかと元気が出る曲でした。
今回のセットリストは旧曲はなくて、比較的あたらしめの曲、『弥吉』曲とかがメインでした。『弥吉』の解題もありました。三上寛さんの故郷、小泊出身の昔の漁師さん。舟が遭難してルソンまで流された方をモチーフにしたようであります。

そしてトリが死神さん。死神さんのライブは数回拝見しています。いちばん最近は今年1月みたい。その時はエレキギターソロ弾き語りだったのですが、今回はエレアコのようです。

なんていうのかな、舞踏を取り入れているようなんですが。舞踏しながら演奏というのではないのですが、舞踏的な歌唱法っていうのかな?
やっぱりきちんと舞踏の体を作っていらっしゃるのか、声が朗々としています。

さっきも書いたように3メンということで、各出演者小1時間くらい、たっぷり楽しめるライブでした。

|

« 『輪るピングドラム』の音楽たち | トップページ | 入間航空祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『輪るピングドラム』の音楽たち | トップページ | 入間航空祭 »