« figma「鹿目まどか」 | トップページ | 『アーティスト症候群』 »

2011/10/12

森崎偏陸展

銀座の奥野ビルにあるギャラリー、巷房さんで開催されている森崎偏陸展に行ってきました。
http://www5.ocn.ne.jp/~kobo/1943.html

巷房で開催される森崎偏陸展にお伺いするのは2度目になるでしょうか。
今回は奥野ビル3階にある巷房・1、地下にある巷房・2、巷房階段下のすべてを使っての展示でした。

今回のサブタイトルは「SHOKU 食・織・色・飾・触・植・職・嗇」だそうであります。

まず、3階の巷房・1から。こちらは陶芸作品の展示がメイン。器っぽいのと猫のお人形。偏陸さんが陶芸もなさってたとは驚きましたが。最近始められたそうです。ここらへん、新しいものに次々チャレンジされる偏陸さんだなぁと。
それと、なんて呼ぶの解らないのだけど、偏陸さんお手製の植物を使った飾り物が印象的でした。植物を使った飾り物、花はあまり使わずに、葉っぱや実を素材に使ってます。素敵です。この前イメージフォーラムにかかった偏陸さんのドキュメンタリー、『へんりっく 寺山修司の弟』にもちらと出てきたかなぁ。ああいった品物。
それから、自然木にごく僅かな加工をしてこしらえたお人形とか。

それから階段を下りていって巷房・2と3の展示。

2はなんと!偏陸さん手作りの御味噌の展示。数種類のお味噌が展示(?)されていました。日付を見ると1年以上前に仕込まれたもののようです。そうか、本格的にお味噌を作るなら1年以上かかるのか。かなり本格的に研究されて拵えられたそうでありますよ。

このお味噌、販売もしています。展覧会でいろいろ作品を販売するというのはありますが、お味噌が売られているのはちょう珍しいかと。

そしてそのお味噌は、解説によると、寺山修司資料館で拵えられたものとか。寺山修司菌、寺山はつ菌、なんかが混じっているだろうとか。ちょう究極の寺山ファン向けグッズかと。
例えば糠漬けというのは、その人の体についた菌がベースとなって醗酵するので、つけた人ならではの味が出るとか。お味噌もそうかもしれません。

んで、階段下はインスタレーションかな?レーンをレースするチョロQたち。もちろん偏陸さんならではのアレがモチーフ。わはは。

という方向で、ちょっとだけですけど、森作偏陸展を拝見してきました。

|

« figma「鹿目まどか」 | トップページ | 『アーティスト症候群』 »

コメント

ブログ主です
2014年の編陸展の記事はこちら
http://buff.cocolog-nifty.com/buff/2014/12/post-d099.html

投稿: BUFF | 2014/12/20 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« figma「鹿目まどか」 | トップページ | 『アーティスト症候群』 »