« 『教養としてのゲーム史』 | トップページ | 『超クソゲー1+2』 »

2011/09/12

9月の詩学校

昨日は西荻窪で三上寛さんの詩学校でした。

まいどまいど詩学校に行くのはお尻が重くなります。いや、嫌だというのではないのです。つまり、やっぱり、自分の書いたものを見せるというのは、かなり勇気がいるものであります。自分でいろいろ書いたり、ご講評頂くのはとても楽しいことなのですが。その前はとても気が重くなります。今回行くのやめようかなと考えるのはしょっちゅうです。

今回も、余裕を見て出かけて、いくつか用足しを済ませたいと思ったのですが、アパートを出たのは時間ギリギリでした。

今回は、まず、じぶんで思いついたタイトルで詩を何本か書かせて。
それから、タイトルを違えて、詩じたいは1行程度削るか増やすか、で書き直すという方式でした。
そういうやり方もあるのか!と思いました。

詩学校終了後は三上さん、皆さん交えて飲み会。
やっぱり人と会い、言葉を交わすことはだいじです。

そして、ここにこうして集えたご縁を。

|

« 『教養としてのゲーム史』 | トップページ | 『超クソゲー1+2』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『教養としてのゲーム史』 | トップページ | 『超クソゲー1+2』 »