« 椎名桜子『それでもわたしは白い服がほしい』 | トップページ | 新アニメ『うさぎドロップ』 »

2011/07/13

立島夕子さんの展覧会

昨日は渋谷のギャラリー、ル・デコさんで立島夕子さんの個展、「夢幻地獄」を見てきました。

立島さんと知り合ったのはいつでしょうか。もう憶えてはいないのだけど。
サイトを見れば、おどろおどろしい感じの絵であります。ネット上で、作者不詳のまま、「恐ろしい画像」として紹介されるのをたまに見かけたりしますが。都市伝説というか。

まぁ私も最初はおどろおどろしい、怖い絵の方、という印象だったのですが。しかし作品を実見すると、何か不思議な暖かさも感じました。それが不思議で個展とかにもお伺いするのですが。

お伺いしたのは閉廊前のちょっとだけの時間だったのですが。
絵画作品と、それからヲ人形が展示されていました。

絵画。無残な姿、しかし、鮮血のような赤が少し和らぎ、なんか全体的にピンクっぽくなってきたような感じです。
そして、不思議なカタチ、下を向いて硬直したペニスをつけたヲ人形たち。

今回、終業後駆けつけても時間があまりなく、また週末行けたら行きたいと思ってます。

ルデコさんはビルひとつ丸々ギャラリーになってる場所なんですが。
階下のギャラリーで「よつばと!」の展覧会をやってるようでした。

「よつばと!」は7巻か8巻くらいまで、楽しい気持ちで読んできた作品でした。よつばのフィギュアも買ったくらい。しかし、待ちに待った新刊が出て、ワクワクして買ってきて、読み始めたら…。
なんか作中の暖かい、ほのぼのとした世界に、言い表せないような違和感や嫌悪感を感じてしまって、むかついて、そうしてもう読むのをやめてしまいました。そして、そのことに、「私の心はもう取り返しがつかないくらい荒んでしまったのだろうな」と思い、絶望しました。

ま、こちらも、また来る事があればちょっと覗いてみましょう。

今週末は靖国神社のみたままつりでデリシャさんの見世物小屋も見たいし、久しぶりにお出かけしてみますか。

|

« 椎名桜子『それでもわたしは白い服がほしい』 | トップページ | 新アニメ『うさぎドロップ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椎名桜子『それでもわたしは白い服がほしい』 | トップページ | 新アニメ『うさぎドロップ』 »