« 立島夕子さんの展覧会 | トップページ | 沙村広明『シスタージェネレーター』 »

2011/07/13

新アニメ『うさぎドロップ』

今期始まる新アニメ、ノイタミナ枠の『うさぎドロップ』を見てみました。
ノイタミナ枠はこういう身近な人々の交流を描いた「小さなおはなし」を1本と、世界規模のドンパチとか陰謀とかの「大きなおはなし」を1本という構成っぽいですね。

(以下ストーリーに触れつつ書いて行きますので)

ひとり暮らししている独身男、河地大吉。かれは祖父、栄一の葬儀で久しぶりに実家に帰ると。
そこにはなんと!祖父の隠し子という小さな女の子、りんがいて。
彼女の処遇について、冷たく扱う親族たち。それを見かねた大吉は親族たちに自分がりんを引き取って育てると宣言する。
そんな第一話でした。

栄一じーさん、羨ましいぞ(笑)。79歳で亡くなったそうですから、70overで子作りしてるんでしょ。
最低でも30歳年下、いや、40以上年下って可能性もあるぞ!う~ら~や~ま~し~ぞ~(笑)
つかもうその歳で勃つ自信ねーぞ、俺。

イヤ、まぁ、なんかワケありかもしれませんが。例えば妊娠して相手に逃げられた女性を見るに見かねて栄一が自分の子供として扱うことにした、とか。そういう可能性もあるでしょうが。

あ、そうそう、お葬式でのあのやりとりは伊丹十三『お葬式』が元ネタかなぁ。

もう結婚したり子供を作って家族を持ったりとか、無理目な歳なんですが、あたし。
やっぱトシ取ると子供が可愛いですな。昔はガキなんかウザイばっかりと思ってたのですが。
子供を愛でて育てるの、憧れます。

もちろんそれはムシのいい願望で、子育てはタイヘン。
この前子供が同級生のお金を盗んでゲームカード買ったっていう父親の話を読んで頭を抱えました。
私が親だったらこういう時、どうすればいいんだろうって。
まぁそういう自覚はあるのだけど、でもやっぱ子供は可愛いと思います。

りんみたいな子供を引き取って、思いっきり可愛がりながら暮らす、なんてのに憧れたり。
一緒にお風呂入ったり、抱っこして寝たり。
そいや、澁澤龍彦は「なぜ子供を作らないのか」と訊かれて、「娘だったら犯しちゃうから」と答えたそうでありますが…。

もちろんそれはちょっと病的な願望かもしれない。
そしてやっぱ人には、男には、女の子を自分好みに調教して育てたいなんて願望があるかもしれない。
源氏物語にもそういうお話があるそうだし。
それもまた禁断の魅惑の世界かもしれないとか思ったりもしてます。

私は桜庭一樹の『私の男』という小説を読んだことがあるのですが。あれも男が幼女を引き取って愛でながら育てる話でした(他にもファクターあるけど)。引き取ってすぐから男は幼女と性的関係を持ちます。もちろん挿入はまだ無理な年頃なので、舐めまわすとかからですが。そういう世界、嫌悪感を持ちつつも、ゾクゾクしながら読みましたよ。

まぁもちろんその子供がりんみたいな、おとなしくて、気持ちの優しそうな子供だったら育てたいと思うだろうけど。
わがままで、性格悪くて、やんちゃな子供だったら辟易するでしょうね。

いや、その程度の願望でありますよ。
ほんとの親になる覚悟なんてない。

しかし、まぁ、言い描き方で、語り口で、面白く、導入部を作ってあると思います。
あとはどうなるか。
苦労話もあるでしょうし、公式のキャラクター紹介にはりんの母親も出てきますし、そういうエピソードもあるかと。

でもほんとやっぱりいいなぁ、りんみたいな子供、手元においてうんと愛情注いで育てたいなぁ。

人は愛情を注ぐ対象がないと生きていくのが難しいと、ひしひしと自覚します。
まぁゼニ儲けとかに夢中になってれば、ゼニがあるご身分なら、そういうことも感じずに済むのかも知れませんけど。

|

« 立島夕子さんの展覧会 | トップページ | 沙村広明『シスタージェネレーター』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立島夕子さんの展覧会 | トップページ | 沙村広明『シスタージェネレーター』 »