« 詩学校で書いた詩2 | トップページ | やまさんの追悼ライブ »

2011/06/07

続・KKベストホラーズ?

昨日は西荻窪のサンジャックさんへ。
日比谷カタンさんと喜多直毅さんのふたりライブ、「続・KKベストホラーズ?」とか。

今回のライブは持ち歌をやるというかたちではなく、日比谷さんと喜多さんのフリートーク&即興演奏というかたちでした。

喜多直毅さんはヴァイオリンの方。顎の下にヴァイオリンを挟む、普通の奏法のほか、ギターみたいに構えたり、チェロみたいに立てて構えたり、いろんな奏法を駆使される方のようです。

日比谷さんがギターを爪弾く公開練習っぽいのから始まって、喜多直毅さん登場。
フリートーク、喜多さんの幽霊話あたりから。スピリチュアル系話、シャンソン話とか。

日比谷さんの創作に対する考え方も伺えました。

「選民」って言葉が引っかかりましたな。そ、人は選民意識を持ちたがるもの。「人は他者の欲望を欲望する」って奴ですか。

ちょうど昼間ツイッターでやってた話によくマッチしました。なんかいい言葉があったはずと思いつつ、それが出てこなかった。「選民意識」とひとことで説明できたな。

ラストだけは日比谷さんの持ち歌で「椛狩~赤の運命」。ヴァイオリンが入るとさらに「さ○」っぽさが増します。

今回、お客さんも少人数で、サンジャックさんもテーブルを出していて、和気藹々とした雰囲気のライブでした。

ただ、やっぱり、最後の方は自分的に活動限界ギリギリだったので少々きつかったですが。
ほんと、かなり自分、弱体化しておりますな。

(ちなみに上司の奥方がシャンソンサークル入ってるのと、会長が幕間に呼ばれたシャンソンサークルの発表会を拝見した経験があるので、フリートークの一部はとてもよく解ったり)

|

« 詩学校で書いた詩2 | トップページ | やまさんの追悼ライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 詩学校で書いた詩2 | トップページ | やまさんの追悼ライブ »