« 平山夢明さんと春日武彦さんのトークショー | トップページ | BD『ブレードランナー クロニクル』 »

2011/05/16

昨日も詩学校

昨日は三上寛さんの詩学校に行ってきました。
場所を西荻窪に移して2回目です。

今回、少し自分がうまく詩を書く方向性が解りました。三上寛さんの言に拠れば、「ぶれない」ことが大切とか。
「ぶれない」って、言葉でうまく説明できないけど、たしかに自分でもうまく書けなかったと感じる詩はどこか「ぶれてる」感じがします。
自分の中から自然に言葉が流れ出るような詩だと、うまく書けたと思えますし、褒めて頂けるのですが。

その、言葉が流れ出す「きっかけ」を見つけるのがいちばん難しいですな。
ただ、やはり、理性で、技巧で、コントロールする部分も必要なのかなぁ。
そこらへんはよく解らない。

それと以前三上寛さんに言われた言葉、「詩はウソを書け」というのも課題ですな。
「ただの心情吐露はツマラない」という言葉とセットになっていたと記憶していますが。
(いや、三上寛さんの言葉を私はそう解釈したということで、勘違いがあるかもしれませんが)

自分なりに気持ちよく書けるスタイルを構築して。(もちろんあるスタイルに固執するのも愚かと思いますが)
あとは自分の言葉をどう届けるか、かなぁと。

誰かに自分の言葉が届けばいいのだけど。
自分がそれをどこまで望んでいるのかなぁという気持ちもあります。

詩学校のあとはいつものように三上寛さんを囲んでの懇親会。

西荻窪も普通によく行く街になりましたので、いろいろ用足しできるお店を見つけとくと便利かなと。
しかし、ガード下の西友、改装工事で衣類の売り場がなくなってました。ぱんつ買おうと思ってたのですが…。

|

« 平山夢明さんと春日武彦さんのトークショー | トップページ | BD『ブレードランナー クロニクル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平山夢明さんと春日武彦さんのトークショー | トップページ | BD『ブレードランナー クロニクル』 »