« 日曜は詩学校でした | トップページ | 寺山忌とイメージフォーラムフェスティバル »

2011/05/01

市子とカタンそんぐふぁぼったぁ

昨日、4月30日土曜日は、西荻窪のサンジャックさんへ青葉市子さんと日比谷カタンさんのふたりライブ「市子とカタンのそんぐふぁぼったぁ」を見に行ってきました。
最初に書きますが、とてもいいライブでした。んで、えと、なんて説明していいのか、没入度の高いライブってセットリストも思い出せないほどアッチに行ってしまうので、そこらへんええ加減ですが、よろしく。

以前の青葉市子さんのライブのMCで、山田庵巳さんや日比谷カタンさんのライブに言っていたというお話もありましたし、そういう意味で近しいおふたりのライブだったと思います。

最初はおふたりツインギターで日比谷カタンさんの『ウスロヴノスチ』から始まったかな。合言葉曲は知らなかったのですが、カヴァー曲だったようです。

最初は日比谷さんパート。『ベビースキンの世界紀行』『終末のひと時』『ヴィリジアンゼラニウム 少女緑化計画』『ヲマヂナイ』あたり。

それから青葉市子さんパート。『イソフラ区ボンソワール物語』以外はアルバム収録曲だったかな。青葉さんの歌声は和みます。

ここんとこ、毎日のように青葉市子さんのアルバムは聴いています。それはたぶん自分の中の“正気”を保つための営為のような気がするのだけど。やっぱさらに“生”だと効きますな。

そして、おふたりのパート。青葉市子さんは最初はピアノで、あとギターデュオで。
日比谷さんの『いびつな月のはからい』『ヘテロのワルツ』。あたしの好きな曲。
青葉さんの『日時計』は圧巻。『日時計』は曲調のめまぐるしく変わる、技巧的な組曲っぽい感じの曲なのだけど。日比谷さんもそうですけど、青葉さんのハーモニクスも美しいですな。

そしてアンコールは某カヴァーメドレー。

大貫妙子やYMOは妹が聴いていたので少し知ってますし、好きです。ただ、妹が大貫妙子やYMOを聴いていたのは青葉市子さんが生まれる前です。そういう時代感覚。

ほんと、没入度の高い、異世界に遊ぶようなライブで、なんかあまり憶えていないのだけど。
でも、とてもいいライブでしたよ。

|

« 日曜は詩学校でした | トップページ | 寺山忌とイメージフォーラムフェスティバル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜は詩学校でした | トップページ | 寺山忌とイメージフォーラムフェスティバル »