« 新アニメ『花咲くいろは』 | トップページ | ゴトウイズミさんのミニライブ »

2011/04/07

新アニメ『俺たちに翼はない』

番組改編期は新アニメネタでブログがたくさん書けるからいいなぁ。
という方向で今回は『俺たちに翼はない』第1話「たとえばそんなメルヘン」の感想など。

エロゲ原作とか。最近エロゲ原作のアニメも多いようですが。
私自身はエロゲはほとんどプレイしません。いや、エロが嫌いってわけじゃなくて、まず数千円のソフトをポンポン買える財力がないことがひとつ、もうひとつはテキストタイプのアドベンチャーゲームがあまり好きじゃないことかしら。ファミコン時代はテキストアドベンチャー、けっこう遊んだものですが。

そういうわけでエロゲの知識はあまりないのですが、そういう状態で本作を見ました。

ちょっとびっくり。シュールというか前衛的というか、そういう感じの作品でした。

突然現れたダイヤル式チャンネルのテレビ、次々と映し出される映像。ナレーション。
ナレーションのタッチ、物語が物語であると自覚しているメタなつくり。
で、いくつかの物語がオムニバス形式で同時進行していきます。それぞれのお話は細かく切り替わる、ザッピングされていく、というかたちではなく、いちおうひとまとまりづつが進行していきますが。いや、そうじゃないとおはなし把握できないな。

最初は主人公が高校生?のおはなし。妹とか同級生とか幼馴染とか、なんていうのかな、エロゲやアニメの男ひとりが大勢の女の子に囲まれるハーレム物?のセルフパロディ的なおはなし。これは短かった。でも、最初はこのままお話が続いていくと思ってて、次のおはなしに切り替わったからちょっとびっくりでしたが。一瞬なにが起きたか解らなかったですが。

次が(メイド?)レストランを舞台にしたお話。できちゃった婚をもうすぐやる店長と常連の青年、それからウェイトレスさんを交えた合コンをやろうっておはなし。時期的にはクリスマスシーズンみたい。

それからフリーランスの便利屋の青年のお話。そしてラストは自分がどこかの剣と魔法の世界の戦士だか王様であると妄想している男の子のお話。

こういうスタイルですからおはなしも登場人物もどとーのようで。私は登場人物たくさん出たり、ややこしい話を把握したりするのが苦手なのですが。何とかざっくりとはおはなしの筋と登場人物は把握できました。名前とか憶えてないけど。これ以上ややこしいとわけわかんなくなる一歩手前でしたが。たぶん、作り手さんもここらへんが限界だろうなと考えていらしたと思うのですが。

しかし今回凄かった。そして、2話以降どうなっていくか楽しみですな。
お話はひとつのお話に収束していくような感じかしら?それともそれぞれのお話の登場人物やエピソードが若干他のお話にも混ざるって感じかしら?あるいはそれぞれのお話はあくまで独立して進んでいくのかしら?

3番目的なすべてのおはなしが独立して進んでいくような展開はあえてこういうスタイルを選んだんだから無いとは思いますが。すべてのおはなしがひとつに収束していくってスタイルもかなり難しいかなぁ。2番目のそれぞれのお話の登場人物やエピソードがある程度は他のお話にも出てくるってスタイルがわりと妥当かと思うのですが。

さて、実際にはどうなって行くのでありましょうか?
こういう実験的な作品、うまく纏め上げれば傑作となると思いますし、しくじればどうしようもない作品になってしまうと思います。

お手並み拝見と思っています。

|

« 新アニメ『花咲くいろは』 | トップページ | ゴトウイズミさんのミニライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新アニメ『花咲くいろは』 | トップページ | ゴトウイズミさんのミニライブ »