« まどかマギカでちょっと考えてみる | トップページ | 『フラクタル』第8話 »

2011/03/10

新しいキーボード

久々にPCのキーボードに飲み物をぶちまけちゃいました。
夜中目が覚めて、寝ぼけて机の上のだいぶ残っていたソーダ割りをキーボードにぶちまけちゃいました。それからあわてて始末したんですが、乾かしてもバカになったキーがあるっぽいし、接点復活剤使っても反応が鈍かったりチャタリングが起きるキーがあったりして。

んで、買い換えるべぇとトボトボと秋葉原へ。

まぁ今までは「キーボードはメカニカルしか認めない」なんてエンスー気取りをしてたんですけど。まぁいっぺん考え直してみようやと。もうお金もないですしね。

キーボードというのもピンキリですな。ショップに行けば数百円の品物から特に特殊な機能もないのに2万前後の品物まであります。特殊キーボードだとさらに上の品物も。
方式はメンブレン(とその派生型のパンタグラフ)、メカニカル、静電容量ですか。メンブレンがいちばん安くできるから安価品はメンブレンが多いですな。その上の価格帯がメカニカル。1万円弱から前後。静電容量はいちばん高価で2万弱から前後。

まぁグレードは値段なりだと思います。高ければそれだけ良い品なのでしょう。そうじゃないとそういう値付けもできないだろうし。

ショップの店頭でキーボードをいくつか触ってるとだんだん解らなくなってきました。自分が好きなのはどんなキータッチなんだろうって。
あれだけ拘っていたメカニカルもなんかぴんときませんし、(高くて買えないけど)静電容量触ってみても値段なりほどにいい感じもしませんし。いや、ほんとはPCに繋いでそのレスポンスごと試さなきゃいけないんでしょうが。

例えば作家さんとか文筆業の方はどういうキーボードをご愛用なのでしょうか。文章をたくさん書かないといけない職業の方は。
万年筆に対する作家のこだわりエッセイというのはいくつか読んだことがあります。ペリカンだとかモンブランだとか。しかし、キーボードについては寡聞にしてあまり知らないのですが。
好きな作家さんのエッセイでこれおススメとかあれば、(値段次第だけど、)キーボード選びの参考になるのですが。

まぁほんとだんだん頭がややこしくなってきて、キーボード売り場で30分以上ためつすがめつして、最後はもうこれでいいやってひとつ買いました。

110310

買ってきたのはこれ、Nキーボードとか言うそうです。韓国のスカイデジタルという会社の製品とか。メーカーの製品紹介ページはここ(なんかちょっとおかしいページですが)。仕様としてはメンブレン式とか。

選んだ理由はゲーム向きであるということと、日常生活防水らしいこと。店頭で触ってみて悪い感じはしなかったこと。あとお値段が5千円くらいってこと。ま、このくらいが出せる上限かなぁ。1万ぐらい出してメカニカルのいいのにするかだいぶ迷ったんですが。

買ってきて気がついて驚いたんですが、インターフェイスはPS/2でした。今ならふつーUSBかUSBとPS/2兼用でしょう。まぁ私のPCにPS/2はひとつだけ残ってますが、完全レガシーフリーのPCだとPS/2がない場合もあるわけで、要注意ですな。

PS/2しかないのにはワケがあるようです。

ゲーム用キーボードってのは操作上複数キー同時押しをサポートしてないといけないみたいです。そして、キーボードってのは同時押しのキー数に制限があるものがあるのですが(つかそれが普通?)。このキーボードは同時押しの制限がない、つまりすべてのキーを同時に押しても認識されるタイプのキーボードだとか。そういうキーボードはNキーロールオーバーと呼ぶらしいですが。

で、どうも仕様上、USBだとNキーロールオーバーは不可能で6キーが最大、Nキーロールオーバーを実現するにはPS/2になっちゃうようです。
ただ、そうたくさんのキーを同時押しとかやるゲームってそんなにあるのかしら?6つもあれば十分だとも思うのですが。まぁほんとコアなゲーマーでないあたしにはわからないけど。

ゲーマー用キーボードってのはお店でいくつか見かけます。たいていは特殊キーとかいくつかついてたり、高級品だと液晶インジケーターがついたりしているのですが。この品物はゲーム用といってもそういうのはついていません。ゲームもやるけどそうコアなゲーマーでない私にとってはこのくらいの品物でじゅうぶん。高いゲーム用キーボード買うお金もないしね。だいたい特殊キーのたくさんついたキーボードなんてもう使い方を憶えるのが無理です。

このキーボードの右上にゲームモード用ボタンと音量調整ボタン(上げ下げミュート)がついてます。音量調整ボタンは特殊なユティリティを入れるかそれともスピーカーケーブルを経由させるかしないと使えないと思っていたら、繋ぐだけでそのまま使えました。ボリュームコントロールを操作するショートカットキーをエミュレートしているようです。

あとこのゲームモードボタンですが。メーカーサイトによるとこれを押すとWindowsボタンが無効化され、反応速度とリピート速度が上がるそうですが。反応速度は解らなかったけど、リピート速度が上がったのは解りました。メモ帳を開いて、同じ秒数文字キーを押しっぱにして、ノーマルモードとゲームモードで何文字入力されるか比べたら、ゲームモードのほうが多かったです。ま、だいたいの比較だけど。

110310_2

上がノーマルモードでnキーを5秒間押し続けたとき、下がゲームモードで5秒間押し続けたときです。時計を見ながら手でやったので、かなりいい加減ですが。

この写真ではパームレストがついてますが、パームレストは取り外し式。場所をとって邪魔くさいとか、他に愛用のパームレストがあるといっても外してしまえば問題なしです。あたしはジェルのパームレストを愛用しているので、どちらがいいか試してるところ。

付属品としてオレンジ色のキートップが8つ、それとキートップリムーバーがついてます。オレンジ色のキートップはノーマルサイズの無刻印。ゲームに使うキーがひと目で解るようにできますが。私はFPSで使うWキーだけ交換してみました。で、そのキーに瞬間接着剤で出っ張りをつけて、指先でもわかるようにしてみました。まだ使い勝手は試してないのですが。

あと、メーカーサイトによるとキースキン(キーボードカバー?)がついているようですが、それは同梱されていませんでした。ま、私はキーボードカバーは嫌い。ゴムつけるの嫌いで生がいいのであまり気にはしていませんが。パッケージにはキースキンがついてるとは書かれていません。

キータッチはやっぱメンブレンですな。へこへこしてます。やっぱメカニカルみたいなクリック感があるのが好きかも。でも、人によってはそういうメカニカルクリックは長文打つと疲れるという人もいるようです。
ここらへんは使っていきながら馴染めるか馴染めないかかと。

ま、このNKEYBOARD、悪くないという印象です。では自分にとって理想のキーボードはどんなのって訊かれるとそれは自分でもよく解りません。どういうキータッチがいいとか、自分でももうよく解らない。

ま、ほんと、しばらく使ってどんな感じか確かめてみましょう。

そしてやっぱ収入が上向く時があったら静電容量式の高級品を試してみたいです。

|

« まどかマギカでちょっと考えてみる | トップページ | 『フラクタル』第8話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まどかマギカでちょっと考えてみる | トップページ | 『フラクタル』第8話 »