« 『魔法少女まどか☆マギカ』第9話 | トップページ | 新しいキーボード »

2011/03/09

まどかマギカでちょっと考えてみる

さて、『魔法少女まどか☆マギカ』を9話まで見たのですが。

とりあえず現時点でまどかマギカのちょっと解らないところを列記しつつ考えてみようかと。
ま、だいたいアニメの録画を見る時は帰宅して酒飲みながらですし、かなり勘違い、記憶違い、見落としとかあると思いますが。

もちろん私は物語にガチガチの整合性を求める者ではありません。
整合性はあるけどつまらない物語と、面白いけど整合性が破綻している物語と、どっちを選ぶかといえば後者だし。

ま、いろいろ考察してみるのも物語の楽しみ方のひとつって方向で。

(ネタバレしますから注意)

「まどか達に接触する前のキュウべえは殺す意味があって、接触後は殺す意味がない?」
もちろんキュウべえは記憶を共有できるスペアが存在しているわけで。接触前に殺すことも意味ないかと思ったりもするのですが。
だいたい1話アバンでもうキュウべえはまどかに接触し、夢を見せているのだし。いや、そのことはほむらは知らないから、まだ接触前だと思っていたという事なんでしょうかしら。

「巴マミの失踪は問題にならないの?」

いちおう巴マミはひとり暮らし、だから騒ぎになるのはだいぶ先と説明はされてたと記憶していますが。
ただ、彼女は学生だし、学校を数日間無断欠席したら教師が動くだろうと思うのですが。担任なら彼女の家庭事情も知ってるでしょうし、ひとり暮らしの生徒が数日無断欠席すれば事件発生の可能性をまず疑うと思うのですが。
そして、警察あたりが捜査を始めれば、最後にまどか達と一緒にいたという証言も出てくると思いますが。

ま、そこらへんはキュウべえが魔力を使ってもみ消してるのかな?記憶や書類を改竄して。
そう解釈するとなんでもアリですが。

「肉体から魂が抜き取られ、ソウルジェムに封じられるのがなぜそんなにショックなの?」
これはほんとに疑問に感じたところ。美樹さやかがそのショックで壊れてしまいましたが。別に肉体には変化はないっぽいですし。ゾンビみたいと言っても腐ってるわけでもないですし。普通に上条君ともお付き合いできそう。手を繋いだり、抱き合ったり、キスしたり、セックスしたり、何の問題もないと思うのですが。ま、当人がそう思ったのだからしかたないですが。

「なぜ暁美ほむらはソウルジェムが濁りきった魔法少女は魔女になると事前に警告しなかったの?」
これも疑問に感じました。暁美ほむらが鹿目まどかや美樹さやかにそのことを話して警告することはいくらでもできたのではと思うのですが。

んで、書いててふと気がついたのですが。暁美ほむらは鹿目まどかが魔法少女になるのは阻止しようとしていたけど、美樹さやかが魔法少女になる事は希望していたのかな?そう考えると辻褄が合うけれど。

それは「ワルプルギスの夜」のため。暁美ほむらと美樹さやかの2人(佐倉杏子も加われば3人)で共闘すればワルプルギスの夜も勝てるという判断があったのかと。だから美樹さやかには魔法少女になってほしかった。

なのでソウルジェムが濁りきると何が起きるか説明はしなかった。説明してたらさやかは魔法少女にならなかったかもしれないし。そして、さやかが魔法少女になった後その事をふたりに伝えれば、「どうして魔法少女になる前に話してくれなかったの?」となるから、怒りを買うから、さやかが魔法少女になったあともふたりに話すことはできなかった。

まぁ結果としては杏子もさやかも死亡という最悪の結果を招いてしまったのだけど。

「何で宇宙の広大さと比べれば塵芥以下の存在の人類が宇宙を救えるほどのエネルギーを生めるの?」
これが最大の疑問点ですな。
まぁ「そうなんだからしょうがない」と思うしかないのだけれど。

「さて、ホテルに安置されている美樹さやかの死体(抜け殻)はどうするの?」
これは次回以降のことですが。

発見されるって可能性もあるけれども。もし発見されたらさやかと仲が良くてさやか失踪後挙動不審なまどかがいちばん最初に疑われるだろうけど。
まぁこれは暁美ほむらかキュウべえが始末するんだろうなぁ。キュウべえがさやかの死体を喰ったりして。…その様子を想像してちょっとゾクゾクきたあたくし。

さてほんと、物語も終盤。どうなっていくんでしょうかしら…。

|

« 『魔法少女まどか☆マギカ』第9話 | トップページ | 新しいキーボード »

コメント

こんにちは。
自分も同じようなことをいろいろと考えてました。
そういえば、マミさんの存在とかはもう気にしなくなっていて
学校は騒いでないんですかね。
まどかも学校さぼっちゃったし。
もともとさやかはきゅうべえに呼ばれたわけではなくて、まどかについていっただけですから、
きゅうべえにとっても、ほむらにとってもどうでもいい存在なのかもしれません。
すごく悲しい展開になってしまいましたが。
次回、ほむらのソロパートのようで、どうするんでしょうね。

投稿: mkd(ピンポイントplus) | 2011/03/09 16:59

>mkd(ピンポイントplus)様
ま、いろいろ突っ込みどころがあったにしても、それを気にさせないおはなしの「勢い」があればいいと思いますが。そして、まどかマギカはその勢いがありますでしょう。
さやかはまぁキュウべえ的には獲物であったでしょう。ほむらにとってはまどか以外は駒に過ぎないかもしれません。
その執着がどういう理由からなのかが次回あたりから明らかにされるのでしょうか。

投稿: BUFF | 2011/03/09 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『魔法少女まどか☆マギカ』第9話 | トップページ | 新しいキーボード »