« ちょっとだけライブ | トップページ | 日比谷カタン/中ムラサトコ ジョイントライブ »

2011/02/07

『魔法少女まどか☆マギカ』第5話

私がアニメの感想書くってのは第1話ぐらいまで、それ以降はあまり書かないのですが。
なんか気になってる『魔法少女まどか☆マギカ』、第5話についても書いてみます。
第5話、サブタイトルは「後悔なんて、あるわけない」。話中の登場人物の台詞がサブタイトルになるみたいですね。

(以下ストーリーに触れつつ書いていくので、ネタバレ注意)

美樹さやかの願いが叶い、彼女の大好きな男の子、上条恭介の腕は治ります。ふたたびヴァイオリンを弾いてみせる恭介。それを見るさやかは「後悔なんて、あるわけない」と。死ぬまで戦い続けなければならない魔法少女になった事を。

作中のやり取りを見ると、どうもさやかは鹿目まどか(あと、クラスメイトにも?)に恭介の事を話していないようです。ここらへん何かの伏線になるかな?

ファーストフード店で暁美ほむらにさやかの事を助けて欲しいと頼むまどか。しかしそれは無理、諦めなさいと答えるほむら。
しかし、まどかは食べ物まで頼むのに、ほむらは飲み物一杯だけですな。まどかは何か摘みながらゆっくりほむらと話したかったのかもしれない。

いったん帰宅して、夜の街にパトロールに出かけるさやか。それにまどかはついていって。
ふたりは魔女が生んだ「使い魔」に出くわします。さっそく退治しようと魔法少女に変身して追いかけるさやか。そこに魔法少女のライバル・佐倉杏子が現れ、ふたりの対決になる、と。

杏子に追い詰められ、ピンチのさやか。杏子がとどめを刺そうとするその時、ふたりの間に割って入ったのは魔法少女姿のほむらだったと。

第5話は第4話からの順当な展開だったのではと。特に意外性もなく。

新しく明らかになったこの世界の設定として。

「魔女」は魔女が生む「使い魔」が4、5人「喰って」成長したものだそうです。杏子の解説によると。そして、杏子は、使い魔の段階で倒さずとも、魔女に成長してから倒せばいいと語ります。そうすればグリーフシードが手に入るし。

しかし、思うんですが、グリーフシードは自分のソウルジェムを浄化するのに必要な分だけあればいいのではと。十分なグリーフシードがあればわざわざ魔女に成長するのを待たなくても、使い魔のレベルで倒せばいいと思うのですが。そっちの方が倒しやすいし。

杏子は単純にグリーフシードの獲得数を競っているのか。ただ、魔法少女たちに横のつながりはあまりないようですが。ランキングとか解らないのではと。それでも杏子はグリーフシードをひとつでも多く集めることが生きがいみたいになってるのかな?

あるいは、ひょっとしたら、もう戦いたくない、でもグリーフシードは欲しい魔法少女のためにグリーフシードを売買する組織があって、杏子はそこに余分のグリーフシードを卸しているとか。
それとも、杏子はもっと大きな目的があって、それには魔力がたっぷり必要だから、大量のグリーフシードをストックしておきたいのか。

ただ単に話中での杏子の台詞にあったように、「食物連鎖(人→魔女→自分)の頂点に立つ」自分に酔いたいからかもしれませんが。

ラスト、さやかを助けられないとまどかの頼みを断ったほむらが、さやかを助けにやって来ます。これはまぁ、ここでさやかを助けないとさやかはキュウべぇと魔法少女になる契約をしそうだったから、というのもあるのでしょうが。ほむらはまどかが魔法少女になるのは絶対阻止しようとしてますし。

まどかの魔法少女としてのポテンシャルは凄いようです。それがほむらがまどかが魔法少女になる事を阻止しようとしている理由かな?
だとすると、1話冒頭、まどかの夢の中、戦いに破れ、息も絶え絶えのほむら、彼女が戦っている相手は何らかの理由によって暴走した、魔法少女となったまどかなのかもしれない。

ほむらがさやかと杏子の間に割って入った時、ほむらがちょっと赤面して、恥ずかしい様子だったのが可愛らしかったです。ほむらを助けられないとまどかに断った手前もあったのでしょうが。なんか「あっしには関わりのねえことでござんす」と言っておきながら、あとで必ず助けに来る木枯し紋次郎を思い出したりして。

長い戦いの日々、たくさんの魔法少女の死に様を見てきたほむら、彼女は心を凍らせなければ生きていけなかったのでしょう。しかし、顔を赤らめたほむらの様子をみると、まどかたちと交流することにより、彼女の凍りついた心は暖かさをえて少し緩んでいるのかもしれない。それが良い方向に行くか、悪い方向に行くか、解らないのだけど。

そういう話の流れだと、A・J・クイネルの『燃える男』ってのを思い出します。あたしは「萌える男」ですけど(殴)。長い戦場暮らしで心が死んでしまった男、クリーシーの物語。

しかし、キュウべえのセールスマンっぷりもやらしいですな。何かにつけても「ボクと契約して」ですものね。営業に雇うぞコンチクショー!

さて、お話はどうなっていくか。さやかは杏子を倒すのか、倒されるのか、あるいは和解するのか。
私は前にも書いたように、さやかは杏子に辛勝するのではと思ってます。しかし、自衛とはいえ人を殺めてしまったさやかは深く深く絶望し、精神崩壊をきたすのではと思っておりますが。

いや、オレって鬼畜だよね。
でもそれと彼女たちを愛でる気持ちが同居しているってのも不思議。
それが人のエゴってものかしら?

|

« ちょっとだけライブ | トップページ | 日比谷カタン/中ムラサトコ ジョイントライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとだけライブ | トップページ | 日比谷カタン/中ムラサトコ ジョイントライブ »