« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/28

『魔法少女まどか☆マギカ』第8話

『魔法少女まどか☆マギカ』第8話、「あたしって、ほんとバカ」の感想を少し。

(以下ストーリーに触れつつ書いていきますのでネタバレ注意)

まぁ今回もどとーの鬱展開ですな。そしてさらに新たに明らかにされる設定たち。確かに今回はキー回だったかと。

暁美ほむらの得物がはっきりしましたね。手榴弾とベレッタぽい自動拳銃。となると現代の個人用火器一般になるのかしら?そうだとすればアンチマテリアルライフルとか対戦車ミサイルとか出てくるかしら?出てきたら面白いと思うのだけど。

ここらへんの武器の強力っぷりは魔力に比例するのかな?巴マミの旧式の先込め式小銃、佐倉杏子の槍、美樹さやかの剣。だから各人の魔力もほむら>マミ>杏子>さやかかなと。杏子の槍とさやかの剣、どっちが強力かちょっと解らないか。
しかし、そうなると、魔法少女として強力なポテンシャルを秘めてる鹿目まどかの得物がどうなるのかな。まさか核兵器?

暁美ほむらがなぜ鹿目まどかが魔法少女になるのを阻止しようとするのか、その動機も明らかになりましたね。鹿目まどかをとても大切に思っているから、なんとしてでも守りたいと思っているからだとか。

私は、もうこれ以上「魔法少女商法」に騙される人が出るのを阻止しようとしている、とか、鹿目まどかは強力な魔力も持ち主で、強力すぎるから、「ワルプルギスの夜」に何らかの重大な副作用を及ぼす、とか。それこそ核兵器を持ち出してワルプルギスの夜は解決したけど、周囲は放射能汚染状態、とか。そんなのが動機かと思ってました。

実際は本当に単純に、ほむらはまどかのことが大好きってのが動機っぽいですな。っていうか百合?今まで押し殺していた感情が噴き出して、まどかの前で泣き崩れるほむらが愛おしいです。
しかしとなるとほむらはまどかといつ出会っていて、それだけの気持ちを持つようになったのかが疑問ですな。まどかはほむらの事を憶えていないようだし。

今回の鬱展開、そして次々と明らかにされる物語世界の設定、そしておはなし自体もとても楽しめたのだけど、ただ、一点だけ、とても重要なポイントと思いますが、どうしても腑に落ちない点がありました。

続きを読む "『魔法少女まどか☆マギカ』第8話"

| | コメント (0)

2011/02/27

『映像の地下水脈』#21

土曜日は渋谷のイメージフォーラムへ。かわなかのぶひろ先生の実験映画上映会『映像の地下水脈』#21へ。
今回は通常の実験映画上映会というかたちではなく、「(実験)映画入門」という感じのレクチャーでした。

こういう映画そのものについての知識、ほんとは本とか読んで自分で研究すれば面白いかなとも思うのですが、なかなかそこまでは行けず。かわなか先生は時々こういう映画入門的な企画もなさるのでありがたいです。

こういう知識がもっとたくさんの映画好きな人に行くようになったら面白いと思うのですが。なかなかそういうレクチャーも受ける機会が無いでしょうね。大学の映画関係の学科とか行かないと。

私は別に美大とか映画関係の大学には行ってないのですが、映画史の授業がたまたまあって、とりました。とても面白かったです。映画が発明されてから、リュミエールあたりから始まってグリフィス、溝口、小津あたりまで。上映も交えて。今でもそのノートは押入れの奥にあるはずですが。

会場には映画以前の「動く絵」を見せようとするいろんなデバイスが展示されていました。
幻灯機のネタ板とか、フェナキストスコープとかゾエトロープとか。

続きを読む "『映像の地下水脈』#21"

| | コメント (0)

2011/02/26

『フラクタル』第6話

『フラクタル』第6話「最果ての街」のおはなし。

(以下ストーリーに触れつつ書いていきますのでネタバレ注意)

最初私は『フラクタル』を少年冒険活劇的な作品だと思っていましたが。「ロードムービー」的な色合いのほうが濃いのかなと最近は思います。
フラクタル・システムの下暮らす人々、それに反抗する人々。そういうのをクレインたちが見て回りながら、最後にこのフラクタルシステムを崩壊させるか、存続、あるいはパワーアップさせるか、主人公たちが決めるようなおはなしになるのではと。

今回の「最果ての街」では、フラクタルシステムの衰退により、フラクタルシステムにカバーされない、「圏外」となってしまった場所に暮らす人々のおはなしが描かれます。

冒頭、いきなりするりと全裸になって泳ぐフリュネ。こういうシーンって、昔の映画でいくつか見たような記憶があります。女の子が水辺でするりと裸になって泳ぐ、そういうシーン。秋吉久美子とかのあったような…。そういう映画に対するオマージュなのかしら?

続きを読む "『フラクタル』第6話"

| | コメント (0)

2011/02/24

夜想プロデュース「コウソクドール展」

昨日は新宿のカイジュウブルーってお店へ。夜想プロデュース「コウソクドール展」ってのを見に行ってきました。清水真理さんや三浦悦子さんの御出展があるということで。で、最終日の23日に行ってきました。最終日は何かイベントがあるということで。

カイジュウブルーさんはマルイワンさんの1Fにあるお店です。マルイワンさん、初めて行く場所ですけど。ウェブサイトによるとゴシックとかロリィタとかゴシック&ロリィタっぽい服や雑貨屋さんが入ってる場所っぽいですね。私は男でオッサンですが、そういうのちょっと憧れますけど。ま、あたしが近づくとブチ壊しになると思うので、遠くからそっと眺めるだけですけど。

マルイワンさんはすぐ見つかりました。

ざっと眺めるとゲームとかアニメグッズ、なんていうのかな、オタ系アニメ&ゲームグッヅというより、ファッションぽい品物のお店とか入っているフロアみたい。気合の入った可愛らしいメイドさんと執事風?の男の子が店員さんやってるお店とかありました。

カイジュウブルーさんはサブカルっぽい雑貨とかトイのお店のようです。
私が着いたのは6時半をちょっと回ったころですが、もうパフォーマンスは始まってました。

続きを読む "夜想プロデュース「コウソクドール展」"

| | コメント (0)

2011/02/20

『魔法少女まどか☆マギカ』第7話

さて、お次は『魔法少女まどか☆マギカ』第7話、「本当の気持ちと向き合えますか?」。
(以下ストーリーに触れつつ書いていきますのでネタバレ注意)

第7話ということで1クールアニメなら折り返し地点の筈なんですが。今回もまどかは魔法少女にならなかったですな。

第6話で魔法少女の持ってるソウルジェムというのは、肉体から切り離された魂を封じている物という「聞いてないよ~!」設定にショックを受けた美樹さやかですが。どうもそれもあって、大好きだった上条君との恋愛を諦めて、彼のことが好きなクラスメイトに譲ろうとしているようですが。

当人じゃないから解らないけど、なんでそんなに「サイボーグブルース」を歌うかな?

人のかたちを失ったわけじゃない、心臓の鼓動や肌の温もりを失ったわけじゃない。ご飯も食べられるみたいだし。
上条君とだって手も繋げるし、キスもできるし、たぶんセックスもできるし、魂関係の問題があるからよく解らないけど、うまくいけば赤ちゃんだって生めるんじゃないかしら?

だいたい魔法少女になった時点で普通の女の子じゃなくなってると思うけど。

ここらへんはおはなし的にどうかとちょっと思ったり。ま、キホンそういうのは気にさせずお話はぐいぐいと進んでいくのですがね。多少の疑問なんて勢いのあるお話ではそう気になりません。
逆に面白くない、退屈なお話ならそう疑問に感じることではなくても気になったりもします。

また、そのことが登場人物たちにショックを与えることなら、キュウべえはともかく明美ほむらがなぜ話さなかったかと視聴者にツッコミを入れられることを想定しているようなやり取りもありました。そこらへん、シナリオライターさんの"顔”が見える部分ですね。ツッコミを気にしてる。スルーしてもさほど気にならない部分ですが。

だったら魔法少女になる前に一席設けて時間をかけてクドクドクドと魔法少女になるデメリットをさやかやまどかに説明すべきだったんじゃないかなと、ほむらは。口下手なのかしら?

続きを読む "『魔法少女まどか☆マギカ』第7話"

| | コメント (0)

2011/02/19

アニメ『フラクタル』第5話

先週はノイタミナ枠はお休みでちょっとさみしかったのですが。
1週お休みを置いてアニメ『フラクタル』第5話、「旅路」の事など。

(以下ネタバレゾーンにつき注意)

と言っても今回お話はあまり進みませんでした。
飛行船を駆って“僧院”の追っ手から逃げるグラニッツ一家。その飛行船でのおはなし。
取り立てて言うことといえば飛行船には乗らず、クレインたちから別れるかと思っていたネッサがやって来たこと。ま、ネッサは出没自在のドッペル(フラクタルシステム上の幻影)だから、好きな場所に出没できるのでしょうが。ただ、ネッサはフラクタルネットワークの“圏外”(?)でも存在できるのかしら?

衝撃の新事実はクレインが褌愛好者だったこと。あの締め付けがよかったりして。

ほんとはこういう雰囲気が好きなんですけどね、あたし。っていうかフラクタルの世界観には似合ってると思います。3話Bパートみたいな血腥いのはちょっと。もちろんドンパチは少年冒険活劇には必要だと思いますが。もうちょっとだけお話の作り方を、語り口を変えればそう血腥さは感じさせないと思うのですが。同じようなエピソードを入れるにしても、演出次第で。やっぱそういうのは嘘くさいと思う方なのでしょうか、作り手さんは。

このほのぼのしたエピソードも、このあと、あの親切なオバサンたちが無残な最期を遂げるための、“その時”を印象づけるための前フリと感じられたりして、そのぶんちょっと楽しめなかったな。

続きを読む "アニメ『フラクタル』第5話"

| | コメント (0)

2011/02/16

『津山三十人殺し 最後の真相』

『津山三十人殺し 最後の真相』(石川清:著 ミリオン出版:刊)
読了。いわゆる「津山事件」(あるいは「津山三十人殺し事件」についてのルポルタージュです。

「津山事件」。昭和13年5月21日、都井睦雄という男がひと晩で30人もの人々を射殺・斬殺した“銃乱射事件”であります。
米国なんかで銃乱射事件が起きるとワイドショーのコメンテーターさんとかは決まって「銃社会アメリカは…」なんて言うけれども。70年以上前、米国で起きてるような銃乱射事件がこの国で起きていたことはご存知なのかしら?

私が津山事件の事を知ったのはいつだったか。それは良く覚えてないのだけど。

津山事件がつよく印象付けられたのは本田透さんの本から。「喪男の鬼畜ルート」として紹介されていたから。喪男、本田透さんの使い方によれば、本来の意味を拡げて「“現実”に絶望した人間」っていう意味になるのかな。そういう人物がセカイを逆恨みし、最終的には暴力事件を起こす。それを本田透さんは「喪男の鬼畜ルート」と呼んでいました。津山事件こそ「喪男の鬼畜ルート」の最たる例だと。

ただ、そうルポルタージュやモデル小説を読みふけったということはありませんでした。書籍としてはこの事件をモデルにした岩井志麻子の小説『夜啼きの森』を読んだことがあるぐらい。あとは書籍としてはルポルタージュもモデル小説も読んだことはありません。ネット情報をいくつか読んだくらいなのですが。そのくらいの興味ではありました。
あ、あと、大好きな母檸檬さんってインディーズバンドの持ち歌に『睦雄の数え歌』ってのがあります。好きな曲です。

で、某所で、どうやら本書が津山事件を扱ったルポルタージュとしては決定版になるっぽい事を知りました。じゃあ、改めてきちんとしてルポルタージュを読んでみよう。そして、犯人・睦雄の行動を辿り、心の軌跡を慮ることは、同種の事件を防ぐ言葉のためにも、また、自分の心に対して「喪男の鬼畜ルート」を辿らないための「予防接種」としても有効ではないか。そう思いました。それで本書に手を出してみました。

もちろんこの事件に対してキワモノ&ゲテモノ的な好奇心もあることは認めます。それを自分に対しても認めなければこの文章を書く資格はないと思いますし。

ま、そういう方向で。

続きを読む "『津山三十人殺し 最後の真相』"

| | コメント (2)

2011/02/14

日比谷カタン/中ムラサトコ ジョイントライブ

昨日は西荻窪・サンジャックさんに日比谷カタンさんと中ムラサトコさんのジョイントライブを見に行ってきました。

サンジャックさんは歩いていけないこともない距離だよな、電車賃倹約のために歩いて行こうと思ったのですが。ショートカットするつもりで道に迷ってしまい、到着は開演直前になってしまいました。

最初は日比谷カタンさん。『スキゾフレニイアパルトメント』から始まり。
『ウスロヴノスチ』前半から続くカヴァー曲は、最近実写映画にもなった某マンガ原作アニメのテーマ曲。
『体液が、クロノグラフ』、久しぶりに聴きました。レア曲かと。ブルガリのアショーマ、クロノグラフタイプ。
『逆抵牾参る』。Short Verで。しかしもう最後まで演奏すればというところで切れましたけど。
それから某シャンソンのカヴァーで〆。そういえば春には再開という話。どうなっているのかしら?

『対話の可能性』で〆ないライブは珍しいかしら?

お次は中ムラサトコさん。

続きを読む "日比谷カタン/中ムラサトコ ジョイントライブ"

| | コメント (0)

2011/02/07

『魔法少女まどか☆マギカ』第5話

私がアニメの感想書くってのは第1話ぐらいまで、それ以降はあまり書かないのですが。
なんか気になってる『魔法少女まどか☆マギカ』、第5話についても書いてみます。
第5話、サブタイトルは「後悔なんて、あるわけない」。話中の登場人物の台詞がサブタイトルになるみたいですね。

(以下ストーリーに触れつつ書いていくので、ネタバレ注意)

美樹さやかの願いが叶い、彼女の大好きな男の子、上条恭介の腕は治ります。ふたたびヴァイオリンを弾いてみせる恭介。それを見るさやかは「後悔なんて、あるわけない」と。死ぬまで戦い続けなければならない魔法少女になった事を。

作中のやり取りを見ると、どうもさやかは鹿目まどか(あと、クラスメイトにも?)に恭介の事を話していないようです。ここらへん何かの伏線になるかな?

ファーストフード店で暁美ほむらにさやかの事を助けて欲しいと頼むまどか。しかしそれは無理、諦めなさいと答えるほむら。
しかし、まどかは食べ物まで頼むのに、ほむらは飲み物一杯だけですな。まどかは何か摘みながらゆっくりほむらと話したかったのかもしれない。

いったん帰宅して、夜の街にパトロールに出かけるさやか。それにまどかはついていって。
ふたりは魔女が生んだ「使い魔」に出くわします。さっそく退治しようと魔法少女に変身して追いかけるさやか。そこに魔法少女のライバル・佐倉杏子が現れ、ふたりの対決になる、と。

杏子に追い詰められ、ピンチのさやか。杏子がとどめを刺そうとするその時、ふたりの間に割って入ったのは魔法少女姿のほむらだったと。

第5話は第4話からの順当な展開だったのではと。特に意外性もなく。

続きを読む "『魔法少女まどか☆マギカ』第5話"

| | コメント (0)

2011/02/06

ちょっとだけライブ

昨日はペイ*デ*フェのりむさんの企画ライブを阿佐ヶ谷の我無双ってお店に見に行きました。阿佐ヶ谷駅近く。散歩がてらに。

我無双さんはちょっと迷いましたが、阿佐ヶ谷北口ののスターロード商店街(になるのかな?)のお店。小さなビルの2階と3階。2階が酒場、3階がライブスペースになってます。酒場はカクテル類も豊富でビールもいろいろ種類があって、料理もいろいろメニューがあるみたい。3階のライブスペースも狭いのだけど、ステージもきちんとあって、いい感じ。
店員さんは”外人さん"でした。やっぱり店員が外人さんだと注文もメニューを指差しながらになってしまいますね、ついつい。普通に日本語で注文しても問題ないんでしょうが。

アートバーだそうで、お店の壁にたくさんのイラストが飾ってありました。

当日のご出演は
*microscope*
jubilee
struggleA
堕空
玉依 秕
さん。
*microscope*はりむさんのバンドです。

玉依 秕 。たぶん鬼頭莫宏の漫画『なるたる』の主人公の女の子からつけたバンド名だと思います。『なるたる』は私も大好きな漫画。外回りの一日、朝、電車の中で読もうと1・2巻を買ったら、止まらなくなって、出先のあちこちの書店で次のを買っていって、帰るときはかばんの中に7巻まで入ってました。残りはAMAZONで買いました。

続きを読む "ちょっとだけライブ"

| | コメント (0)

2011/02/05

『フラクタル』第4話

さて、『フラクタル』第4話、「出発」の話など。

(ストーリーに触れつつ書いていきますので、ネタバレゾーン注意)

3話Bパートからいきなりエンリたち「グラニッツ一家」による星祭り(フラクタルシステムによる一般市民の洗脳)襲撃という血腥い展開になりましたが。
主人公・クレイン少年の許に「落ちてきた」少女・フリュネが現れ、中断した星祭りを続行させ、完了させます。

星祭り阻止をもくろんでいたグラニッツ一家は目標を変更し、フリュネを拉致して撤収します。しかしグラニッツ一家は飛行船から垂らされた縄梯子で離脱するんですが、ネッサの手下だったデブの遺体はどうやって収容したんでしょ?ウインチで引き揚げた?ま、動けない重傷者や死者の撤収のためにそういうのを用意してたのでしょうが。
逃げようとしたクレインとネッサはエンリに見つかり、結局グラニッツ一家と行動を共にし、飛行船で現場を離脱します。

フラクタルシステムに背き、自給自足の生活を送る「ロスト・ミレニアム」運動の人たち。フラクタルシステムに仕える「僧院」はそれを容認してきたようですが。しかし、「ロストミレニアム」のテロリスト分子・グラニッツ一家の襲撃で犠牲者を出したことにより、僧院はグラニッツ一家制圧に乗り出します。脱出の準備をするグラニッツ一家。しかし、その前に僧院側の飛行船に襲撃されるグラニッツの村。

クレインとネッサはグラニッツの村から逃げようとしますが。逃げようとする途中、幽閉場所から逃げようとするフリュネの姿を目にします。フリュネは彼女だけで逃げようとしますが、追いすがるクレインと共にたどり着いたのは結局グラニッツ一家の飛行船。彼らと行動を共にすることを余儀なくされたようです。

しかし、ネッサはフリュネに嫌われていると思い、二人とは別に行動することを選びます。

続きを読む "『フラクタル』第4話"

| | コメント (0)

2011/02/03

「黒田一郎と村崎百郎」

昨日は浅草橋のパラボリカ・ビスさんへ。トークショー、「夜想語りの夜3 黒田一郎と村崎百郎」を拝見しに。
去年の夏、刺殺されてしまった鬼畜系ライター・村崎百郎(本名・黒田一郎)さんについてのトークショーです。

パラボリカ・ビスさんはなぜか何度も行っている場所です。ファンな方々の展覧会とかパフォーマンスとかライブとか。ただ、私はペヨトル工房さんとか夜想系の書籍とかはほとんど知りません。そのくらいのスタンスなのですが。

村崎百郎さんは前にも書きましたが、単著の「鬼畜のススメ」、根本敬さんとの共著・「電波系」、それから唐沢俊一さんとの対談集「社会派くんが行く」シリーズを数年前まで買っていたくらい。ただ、それらの本も引越しで処分してしまうくらい。

そして、村崎さんが仕事されていた「GON!」みたいな雑誌は嫌いです。「危ない1号」シリーズあたりは書店の店頭で手にとってはみるのですが、買いはしません。そこらへんはどうも自分にややこしい感情があるみたい。買うほどのことはない、というより惹かれつつも積極的に買うことを拒む感情が自分の中にあるような。

村崎一郎さんの本名が黒田一郎とおっしゃるのも、刺殺事件のニュースで知りましたし、ペヨトル工房の編集者さんだったというのもそれからネットでその事について言及されているのを見てからです。

ま、そういった経緯ですので、そうコアな村崎ファンとはいえないのですが…。

開演前、できたらパラボリカ・ビスさんで今行われている人形展「錬金術の夢想世界」を見ときたかったんですが。2階は見られましたし、会場設営中の1階もちょっと見られました。個人的には見たかった木村龍さんと清水真理さんが見られたので良かったです。

清水真理さんはもうオーソドックスな球体関節人形の展示はなく(パラボリカ・ビスさんのショーウィンドーの展示にはありましたが)、半身像のみぞおちの部分がくりぬかれてディオラマになってるのとかが中心でした。木村龍さんもボックスディオラマ仕立ての作品とか多かったです。

ややあって入場、開演。

続きを読む "「黒田一郎と村崎百郎」"

| | コメント (0)

2011/02/01

『魔法少女まどか☆マギカ』第4話

第3話の魔法少女・巴マミの凄惨&あっけない戦死(or殉職?)を受けての『魔法少女まどか☆マギカ』第4話「奇跡も、魔法も、あるんだよ」ですが。ちょっと感想など。

(のっけからストーリーに触れつつ書いていきますのでネタバレ注意)

大方の予想通り、美樹さやかが次に魔法少女になりました。彼女には魔法少女になる代わりに叶えたい願いがひとつありました。それは、さやかの大好きな男の子・上条君の腕が治ること。ヴァイオリニストを目指していた上条君、しかし、事故か病気かで彼の左腕は動かなくなっていて、治すことも不可能。それを治すために魔法少女となったさやか。
そして、集団自殺を唆す「魔女」を倒すという魔法少女としての最初の任務を終えたさやか。

第4話で新たに明らかになった設定がありました。それは、各々の魔法少女には「縄張り」があるらしいこと。
巴マミが死んで、彼女の「縄張り」を貰おうと佐倉杏子という魔法少女が現れます。しかし、マミの縄張りはさやかが担当するようになりました。そのことに腹を立てた杏子はさやかの縄張りを奪うことを決心します。どうやらマミの縄張りだった場所はいい狩場だったようですな。そのぶん危険な場所でもあったのでしょうが。

続きを読む "『魔法少女まどか☆マギカ』第4話"

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »