« 熊坂るつこさんと青葉市子さんのライブ | トップページ | タコス屋さんでメキシコ音楽を聴く »

2010/11/02

WALKMANの防水スピーカー

なんかここんとこいきなり冷え込みましたな。
こういう季節はゆっくりお風呂につかるのがいちばんです。

数年前、お風呂の友に防水ラジオを買ってみたのですが。
バスタイム、好きな音楽とかも聴きたいものであります。
お風呂で使えるミュージックプレイヤーが欲しいなと思っていました。

ところで、先日WALKMANを買ったわけですが。家電量販店のWALKMAN売り場に行くと、いろんな外付けスピーカーが売られています。SONY純正品もあるし、そうでないのもあるし。なんていうのか、一種のエコシステム的な展開というか。
で、どうやら、今回SONY純正でお風呂なんかで使える防水タイプのドックスピーカーってのが出たそうで。それを買ってみることにしました。

101102_1

これが買ってきた防水ドックスピーカー。RDP-NWR100という品物だそうです。対応WALKMANはWM-PORT搭載機種のようですが。対応製品のリストはこちらにあるようです。私の持ってるのはNW-S644のオレンジ色ですが、なんかリストには限定版カラーの品物しか載ってませんけど。でも、使えます。

101102_2

取り付け方は。後ろの2つのバックルを押して外し、こういう風にカパっと開きます。単3電池3本入れる電池スペースがありますが、電池は入れなくても動きます。ただ、音が小さくなるみたい。ま、狭いお風呂場なら電池なしでもじゅうぶんな感じもします。

101102_3

まずWM-PORTコネクタをはめ、この中央部分にWALKMANを置いてやり、ふたを閉めてバックルを閉じてロックしてやります。
この、フタのWALKMANがはまるところがゴムの膜になっているのがミソ。このゴムの膜で挟むようにしてWALKMANを固定します。だから、外形寸法の若干違うWALKMANシリーズどの対応機種でも、その機種専用のアタッチメントなど必要とせずに固定できるってわけ。

で、ボタン類の操作はこのゴム膜越しに行います。ボリューム操作はできないので、ボリュームボタンだけはドックスピーカーの上にあるボタンで行います。ボタンは突起がついていて手探りできるので、シャンプー中とかでも操作できます。
ここらへん、目の不自由な方や、手探り操作に配慮しているのがWALKMAN本体も含めた心配りかと。

まぁ、このゴム膜で押えるという固定方式が善し悪しにもなるかと。車載とか振動が激しい状態だとどうだとか。あと、バッグに入れといて持ち運ぶ場合、カドのある荷物にあたってゴムが変形したり破れたりしないかとか。
このゴム部分の保護カバーとかはないけど、パッケージとして厚手の透明プラのパックに入ってるから、それを工夫すれば持ち運びの保護カバーにできそうです。あと、ゴムパーツも交換は容易っぽいです。スペアパーツとして普通に手に入るようになるといいんですが。マニュアルにも定期的な交換が推奨されていましたし。

あと、ストラップをつけたままで装着できるといいのですが。あまりかさばらないストラップなら周囲に按配して押し込めることができそうですが。
それからこのドックスピーカー本体には下げヒモ等をつける穴はないようです。タオルハンガーとかに吊るしておけるようになってたら便利かもしれませんけど。
あと、折りたたみ式のスタンドがついていて、床にぺたんと置くのと立てて置くのが選べるようです。

本製品は水しぶきがかかっても大丈夫程度で、水中に落下させたり水中で使用はしないでくれとのことです。水中、それは苦しい。なんちて…

つう訳でお風呂に持ち込んで。

音質はこんなものかなって感じ。可もなく不可もなく。ややくぐもった感じがしますが、防水仕様なら仕方がないかな。
フタ固定用のバックルが大きくて、取り付け時は扱いやすいのですが、バックルのところを掴むとバックルが簡単に外れます。ま、ふたつあるほうの一つですから、いきなりふたがパカっと開いたりはしませんが。

防水部分は開いた状態でいえば中央部のWALKMAN収納部分のみです。水を大いにかぶるようなことがあれば左右のスピーカー部分にも水は入ります。スピーカー部分より内側は防水なので問題はありませんが、さらに音がくぐもるようです。

電池を入れた状態でWALKMANを取り付けると、上の部分のLEDが点灯します。これはWALKMANを外さないと消えないのですが。WALKMANを取り付けっぱなしで使うような場合、バッテリーの寿命に絡まないかな。

あと、このようにスピーカー部にまで水が入る仕様ですから、使用後の「水切り」がどうかなと思います。外をタオルでさっと拭いて、程度じゃ間に合わないかと。ま、風呂場の片隅でシャワーのしぶきがちょっとかかるくらいの使い方ならスピーカー部にまでは水は入らないと思いますが。

ゴム膜越しのWALKMAN本体の操作については特に困難は感じませんでした。

まぁ、点数をつけるとしたら100点満点で76点くらいかしら。80点以上はつける気になりません。また、使えねーとは思いません。お風呂で好きな音楽が聴けるのは嬉しいですし。ゴム膜を使ったWALKMAN本体固定方法はアイディアだと思います。

これで三上寛さんも日比谷カタンさんもURiTAさんも母檸檬さんも青葉市子さんもお風呂で、フリ○ンで、聴き放題であります。(せくはら発言?)
私はカラスの行水で、せっかく風呂を用意してもすぐ上がってしまうのですが、これならゆっくりとお風呂で暖まれます。いや、今度からは湯あたり注意ですな。ってか湯あたり起こしかけましたけど、今回…。

|

« 熊坂るつこさんと青葉市子さんのライブ | トップページ | タコス屋さんでメキシコ音楽を聴く »

コメント

自己レスです。
しばらく使ってみての感想ですが、シリコンゴムの所に埃が付着しやすいですな。軽く洗い流せばいいですが。

投稿: BUFF | 2011/03/23 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊坂るつこさんと青葉市子さんのライブ | トップページ | タコス屋さんでメキシコ音楽を聴く »