« WALKMANの防水スピーカー | トップページ | 西崎義展死す »

2010/11/04

タコス屋さんでメキシコ音楽を聴く

AUTO-MODさんのグルメブログ、『フェティッシュダディーのゴス日記』楽しく拝見しています。

AUTO-MODさんは日本のゴスシーンをリードしてきた方。AUTO-MODさん主催のオールナイトクラブイベント、東京ダークキャッスルも何度かお伺いしたことがあります。自分は場違いな人間かもしれないと思いながらもね。VEXATIONさんのライブがお目当てだったのですが。VEXATIONさんも解散されて、もうダークキャッスルに足を運ぶこともなくなったのだけど。
ちなみにAUTO-MODさんは寺山修司ファンでもいらっしゃるようです。

最初はちょっと驚きました。ゴスな人がグルメブログやってるとは。なんていうのかな、ゴスな人って、女の子だったら紅茶とケーキぐらいはOKだけど、普通なら、食べ物の話題なんてしない、食事なんてとらない、薔薇の精でも吸ってるような顔をしてるものだと思っていました。本当にコアな方はこちらの安っぽい先入観をかんたんに砕いてくれるものであります。

ただ、AUTO-MODさんの行動範囲は私とはあまり重なっていないようで、AUTO-MODさんが紹介されたお店に行くこともありませんでした。わざわざ食べに行くってのも、そこまでの熱意もないですし。

先日、そのAUTO-MODさんのブログで、大手町のタコス屋さんの記事を見かけました。大手町なら何とか気楽に行ける範囲内です。タコス系の食べ物は好きです。セブンイレブンのブリトーとか、その系統の好きですし。なので、ちょっと寄ってみる事にしました。

レシートを見ると「タコス屋メヒカーナ」というお店のようです。
店員さんはあちらの方みたい。メキシコからお見えなのでしょうか。

タコスってのはメキシコ現地だと具を包む薄焼きパン、トルティーヤが柔らかくて、アメリカのメキシコ風料理、「テックス・メックス」だとトルティーヤは硬い「ハードタコ」そうだけど。こちらはトルティーヤの柔らかい、本場メキシコ風のタコスみたいです。

中身はステーキの入ってるのとか、細切りお肉と野菜の炒めたのが入ってるのとか、チーズ系とか。あたしはチーズのが好きなんですが。お肉系もおいしかったです。
お酒はメキシコビールとかテキーラとか。メキシコビールとテキーラは塩とライムの小皿と共に供されます。テキーラを頼んで。テキーラは背の高いショットグラスにストレートで出てきます。なので、ストレートはきついかなと思ってチェイサーにビールを頼んだのですが。テキーラはストレートでもマイルドな味わいで、チェイサーは要らなかったかもしれない。

ま、タコスはちょっと食べにくいですね。慣れてないと汁がポタポタこぼれます。塩とライムのついたメキシコビールやテキーラもかっちょよく飲みこなせれば楽しいと思います。

しかし、ほんとおいしいタコスでした。本場モノってこうなんですね。店員さんの話す向こうの言葉(メキシコはスペイン語でしたっけ?)も本場にいる雰囲気でした。

当日は生バンドの演奏がありました。メキシコのミュージシャン物というとロバート・ロドリゲスの『デスペラート』って映画を思い出しました。ま、『デスペラート』は音楽物じゃなくてドンパチ物ですが。マリアッチって言うんですかしら。酒場とかで音楽を演奏するプロのミュージシャンさん。手を撃たれて音楽を諦めるんでしたっけ。

男性3人編成のバンドでした。皆さん日本人みたい。ギターはガットギター。メキシコ音楽用の専用品か、それとも普通のガットギターかは解りませんが。3人全員で合奏する時もありますし、おひとりだけ楽器をフルートとかケーナとかに持ち替えて演奏する曲もありました。歌声も素晴らしく、ほんとプロって感じの皆さんでした。

メキシコの音楽とかまったく知らないので、どのような曲が演奏されたかはよく解りませんでしたが。インディオ系もあったかな。
しかし、ライブハウスだけじゃなく、こういうカタチで聴く音楽もいいものです。

定期的にこういうイベント、やってるのでしょうか。次回もお伺いしたい、そして、できたらちょくちょく通いたいお店でした。

タコス食べたいよタコス…。

|

« WALKMANの防水スピーカー | トップページ | 西崎義展死す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WALKMANの防水スピーカー | トップページ | 西崎義展死す »