« 青葉市子さんと双葉双一さんのライブ | トップページ | 新アニメ『おとめ妖怪ざくろ』 »

2010/10/04

新アニメ『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』

今期始まった新アニメですが。今度はガイナックスの新作『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』(以下PSGと略す)を見てみました。

なぜ興味を持ったかというと。ネットを巡回していて番宣画像を見て、ふたりの女の子の主人公のうち、パンティのほうにちょっと既視感を持ったからです。で、キャラデザ、「ヤリ○ン」という設定、そして天使という設定、「あれ、これって吾妻ひでおの『やけくそ天使』に出てくる阿素湖素子に似てるなぁ」と思って、興味を持ちました。

私ぐらいの年齢のヲタク、あるいはヲタク周辺の人は、吾妻ひでおに衝撃を受けた人が多いと思います。『やけくそ天使』とか『不条理日記』とか。そのむちゃくちゃなアナーキーっぷり、散りばめられたSFネタ。例えば漫画家のとり・みきさんは「漫画って何をやってもいいんだ」と強い影響を受けたとお書きになっていたと記憶しています。

当時、漫画マニアの同級生が「凄いマンガを見つけた!」と興奮して持ってきたのがこの『やけくそ天使』でした。それが吾妻ひでお作品との出会い。私も一発ではまり、『やけくそ天使』から『不条理日記』、チョコデリといった吾妻ひでおのSFマインドとアナーキーさが同居する作品たちを楽しく、いろんな意味で興奮しながら読みました。

そういう刷り込みがあって、パンティにおぉっと思いました。

ヤ○マンヒロインってのも、いかにもガイナックスなネタの仕込みかただなぁと。ヲタクいじりじゃないかなと思います。
深夜アニメの世界、ヒロインが処女じゃないという気配をチラと漂わせただけで某BBSなんか炎上する昨今であります。いわゆる“処女厨”の存在、そういった存在に真っ向から挑戦状をたたきつけているような気がして。

まぁ、“処女厨”の気持ちも解らないではないのですが。恋愛(≒セックス)をたきつける昨今の「恋愛消費社会」のありよう。「恋愛は素晴らしい。お前も恋愛しろ。それにはカネを使え」というテーゼが支配しているこの世の中、その陰で疎外されている“恋愛弱者”。

彼らがそういう風潮に「ノン!」を叩きつけるいちばんのインネンの付け所が非処女問題かと。現代はそういう風にセックスを焚きつけている世の中ですが、でも表向きのタテマエとしては婚姻外性交はタブー視されている。少なくとも結婚を前提としてないセックスはタブー視されているんじゃないかしら。だから婚姻外性交を楽しんでいた女性タレントさんなんか、婚姻外性交をマスコミにすっぱ抜かれて、そんな必要ないのに“謝罪”とかしてる。彼女こそ、この「恋愛セックス資本主義」(by本田透)の吹く笛にまっとうに踊っているに過ぎないのに。

だから、この「恋愛セックス資本主義」に疎外されている恋愛弱者たちは、非処女のヒロインを彼らが楽しんでいる深夜アニメに見つけると、目ざとく見つけて攻撃する、日ごろの鬱屈を一気にぶつけようとする。そういう仕組みじゃないでしょうか。

私は彼らの鬱屈をある程度理解している者ですから、彼らの行動に一定の理解は示します。ただ、ほんとにやっちゃダメダヨとは思いますが。彼らのせいでBBSが一気に荒れたりする。それは楽しくありません。

まぁ昨今は『B型H系』みたいに高校に処女・非処女がふつーにクラスに同居している、“リアル”な設定(『B型H系』はストーリー的には「ありえねー」って感じの作品でしたが)の作品とか出てきてますが。
私個人としてはそういう方向性がいいとは思います。ま、彼女ができて、セックスを楽しめるような青春はあたしにはありませんでしたがね。それはしかたなかったとある程度は腹に収まってますが。

いや、閑話休題。お話をPSGに戻して。

フォーマットは30分番組1回に2話という番組のようです。
そして第1回放送は「仁義なき排泄」と「デスレース2010」の2話。どうもサブタイトルは映画ネタのようですな。

(以下ネタバレゾーンにつき)

PSGのヒロイン、パンティはブロンドの○リマン娘。ストッキングは黒髪のゴス娘、スイーツ好き。ふたりはダテンシティの教会の離れに住んでます(この離れの元ネタは『カリオストロの城』でしょうか)

ふたりは天使のようです。ただ、天使としては落第しかかっているようです。で、落第を逃れるためには、「ダテンシティ」に出没するゴースト(悪霊)をやっつけることで報酬として神様からもらえるコインを一定数集めなきゃいけないみたい。
この「善行の報酬として貰えるコインや宝石なんかを集めていくと願いが叶う」という設定は魔女っ子ものによくある設定ですな。もちろん下敷きにしてるのでしょう。

彼女のお目付け役、指令係がガーターベルト。黒人の神父さん。ふたりに手を焼いているようです。
そしてマスコットがチャックという犬(?)。チャックは毎回酷い目に遭うという役回りのようです。だいたい神様からの指令もチャックに雷が落ちることで伝えられるという仕組みみたい。

第1話「仁義なき排泄」に出てくるゴーストは下水のウ○コにとり憑いたゴースト。
ウンゲロ出まくり、パンティヤリまくり。お下品です。

全編カートゥーン調の絵柄かと思いましたが、変身シーンではごく普通の日本の魔女っ子アニメっぽい絵柄で描かれます。かなり力入ってるぽいですが。まぁこの魔女っ子物の変身シーンってのは変身にかこつけてセクシーシーンになってたりするものですが。本作もその“構造”をメタに逆手にとってかなりセクシーなシーンになってます。ポールダンスっぽいポーズを決めたり。
しかし、変身後の決め台詞が「聖なる処女の柔肌に…」ってなんかざーとらしいツッコミポイントですな。

ちなみにパンティはパンティを脱いで銃に変えて武器にし、ストッキングはストッキングを脱いで刀に変えて武器にします。つまり、パンティは本邦初?の「ノーパンで戦うヒロイン」であります。
ただ、戦うときは必ず変身するというわけではないらしく、「デスレース2010」では変身せずに戦います。
「デスレース2010」は暴走好きのゴーストをふたりが退治するおはなしでした。

このパトカーがダマになるところなんて『ブルースブラザーズ』あたりが元ネタなのかしら?他にもそういった趣向のある映画はあるかもしれませんが。

う~ん、どうかなぁ。むちゃくちゃはっちゃけてるのは理解しますが。
ただ、どこか突き抜けてないなぁと思う部分もあります。

例えば下ネタ&下ネタきちゃない系で暴走するのは前期だと『みつどもえ』、親父ギャグ系下ネタなら『生徒会役員共!』、前々期だとそれこそ『B型H系』とかありました。ここのとこの深夜アニメだとよくあるスタイルかと。
それなんかに比べたら、PSGはまだまだ「やってみました」感が抜けないかと。突き抜けた感じはしなかったなと。どこか「俺たち解ってやってるよ」的な感じがするというか。オタクエリート集団ガイナックスがやってみましたという感じがするというか。

第1話第2話ともゴーストの最期は爆発します。これがどうも実写あるいは実写リアル系3DCGIのようですが。実写爆破シーンはシャフトが『【懺・】さよなら絶望先生』や『夏のあらし』あたりでやってますし。まぁ実写を入れるのはガイナックスが旧劇場版エヴァンゲリオンでさらに以前にやってますが。

やってみました感が強くて突き抜けた感が少ない、もっとはっちゃけてゲラゲラ笑える作品にして欲しいなというのが最終的な感想でしょうか。
ただ、こういう方向性の作品は大好きなので、がんばって欲しいなと思います。

そしていつかどこかが『やけくそ天使』をアニメ化しないかなぁと思ってます。

|

« 青葉市子さんと双葉双一さんのライブ | トップページ | 新アニメ『おとめ妖怪ざくろ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青葉市子さんと双葉双一さんのライブ | トップページ | 新アニメ『おとめ妖怪ざくろ』 »