« 新アニメ『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』 | トップページ | 新アニメ『それでも町は廻っている』 »

2010/10/06

新アニメ『おとめ妖怪ざくろ』

今期新アニメ、今度は『おとめ妖怪ざくろ』のおはなし。
毎度改編期は新アニメをネタにできて楽であります。

見ようと思ったきっかけは、前期面白かった『世紀末オカルト学院』の後番組という事で、オカルト学院の放送中もスポットがたくさん流されていたから、ちょっと興味を持ってという方向でした。
ちなみに『世紀末オカルト学院』で原作なしアニメオリジナル作品を放送する「アニメノチカラ」枠は消滅。『おとめ妖怪ざくろ』は原作つきアニメのようです。原作は少女漫画みたい。

正直言ってあまり期待はしてませんでした。

番宣を見る限り、どうも『サクラ大戦』ぽい作品みたいです。大正期あたりの「もうひとつの日本」を舞台に、スチームパンクか魔法っぽいガジェットを散りばめ、少女たちが戦うっておはなしみたいですし。もう『サクラ大戦』以来定番として定着しているスタイル。もう何番煎じにもなるかと。

まぁそれでも面白かった『世紀末オカルト学院』の後番組であり、ものは試しと思って見てみることにした次第。

うん、楽しみました。面白かったです。
(以下ネタバレゾーンにつき)

舞台は大正あたりの日本。人類と妖怪が共存している世界のようです。そして、人型の妖怪は「妖人」と呼ばれているようです。
ただ、人間と妖人は仲が悪いらしく、これじゃいかんというので人間と妖人が共に戦う「妖人省」というものが発足し、陸軍将校の若手男子3名が妖人の女の子たちと同居生活をする、ということになったようです。

どうも世に害をなす妖怪もいるらしく、冒頭、妖人側のヒロイン、ざくろ達が妖怪を退治するシーンもありました。害をなす妖怪は妖人側が自主的に退治していたのかな?

第1話はそういう状況説明、それから彼女たち妖人の娘さんたちが妖怪退治をするというちょっとしたバトルがありました。

妖人の娘さんたち。皆さん別嬪さんであります。ただ、歳のいってる女性の妖人や子供たち(?)は妖怪の姿です。うぅむ…、やっぱり女ってのは逆にいえば若い年の頃だけは“化けて”るんだなぁと。歳をとれば“妖怪”としての本性を現すものなんだなぁと、しみじみ(笑)

こういう人とこの世ならざる存在が同居する世界観ってのは『かみちゅ!』とか『のらみみ』みたい。さらにいえば水木しげるの世界でもありますな。こういう世界観、好きです。

ヒロインは妖人のざくろでしょうか。バトルでは彼女が先鋒みたい。冒頭、妖怪退治のシーンで返り血を受けるところとか、ちょっとときめきました。なんか私ってそういう属性があるみたい。『アリス・イン・ナイトメア』ってゲームの返り血のついたエプロンドレス姿のアリスのPC壁紙、愛用していましたし。

途中出てくる寝巻き姿のざくろ、髪の毛をまとめているのか、最初誰だか解りませんでした。第1話、キャラもあまり憶えてないうちにそういう姿、ちょっとややこしかったかなと。でもそういう姿も見せる描写の細やかさは好きです。

女の子たちはほんと、可愛らしく描かれていました。若い軍人さんたちにときめくさま、はにかむさま。そこらへんは大正あたりという時代設定にもマッチしてますな。

もちろん大正時代は恋愛結婚とかほとんどなくて、見合い結婚が普通だったんでしょうが。そういう「お見合い相手がやってきた」的な空気感がちょっとしました。そういうシチュでのときめきとはにかみ。うん、なんかいい感じですな。お見合いもいいものです。

ざくろのちょっと勝気なところもいいです。ちょうど可愛さを感じるくらいに勝気な按配が絶妙であります。最初は軍人さんたちがやってくるのに反発したり、しかし、彼女の相手役の軍人さんにときめいたり、ヘタレにがっかりしてまたちょっと反感を持ったり、その様子、可愛らしいです。しかし、『オカ学』に続いてヘタレ男主人公ですな。

バトルシーンも戦うのは妖人の女の子たちだけで、まだ軍人さん側は「見てるだけ」でした。だいたい丸腰だし。これから戦いに参加していくようになるのかどうかは解りませんが。軍人だから戦うことにはなるのでしょう。でも対妖怪用の特殊能力は持ってないだろうし、鉄砲撃ったり、刀振り回したりになるのかな?

これから軍人さんたちと妖人の少女たちの恋路も描かれるのでしょうか。人と人ならざる者との恋。いろいろ障害も多いのではと。それを乗り越えていくのでしょうか。それとも障害の前に挫折してしまうのでしょうか。悲しいおはなしになってしまうのでしょうか。

そこらへんは乗り越えていって欲しいと思うのです。
我等オタク、二次元愛、この世ならざる者との愛に生きていきたいと思ってるのですから。

ほんと、正直言ってあまり期待してなかった(失礼!)作品ですが、面白かったです。
継続視聴しようと思ってます。

しかしところで国内の治安を守る立場なら、軍関係じゃなくて警察関係の人間があたるのでは?『サクラ大戦』あたりは大がかりなバトルだったから、軍が出張ってくるのも解りますが。そこはちょっと軽くツッコみたいな、と。

まさか妖人たちの戦争利用まで考えてたりするのかなぁ…。

|

« 新アニメ『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』 | トップページ | 新アニメ『それでも町は廻っている』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新アニメ『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』 | トップページ | 新アニメ『それでも町は廻っている』 »