« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010/10/28

『それでも町は廻っている』(漫画のほう)

『それでも町は廻っている』(石黒正数:作 少年画報社:刊)。コミックスです。現在連載中の作品らしく、7巻まで出ています。7巻まで読了。
今期始まったアニメ版が面白かったので、原作コミックスにも手を出してみました。コミックスの方も面白かったです。

主人公は嵐山歩鳥。高校生。彼女を可愛がっている喫茶シーサイドの店主のばあさん、磯端ウキはメイド喫茶は儲かると聞いて、シーサイドをメイド喫茶にしてしまいます。今までの恩返しをせいとメイド姿に仕立てた歩鳥とふたりで店に立つようになります。
歩鳥や歩鳥のクラスメイト、家族、そして商店街の面々も巻き込んでおはなしは展開していきます。基本的に1話~数話完結型のショートストーリー集っぽいです。

嵐山歩鳥。ま、リアルなら平べったい、下膨れ系の顔の平々凡々の容姿の女の子なんでしょうか。ま、番茶も出花効果でちっとは可愛らしい盛りではありましょうが。
けっこう下着シーンとかあります。だいたい暑い盛りなんて家ではTシャツにスカートも短パンも穿かずショーツいっちょの姿だし。でもそういうのって、セクシーというより、なんか下町っぽい「ゆるさ」の表現のような気がします。下町を歩いていると、シュミーズ姿の婆ちゃんとか、アッパッパーの下、浮き乳首ユラユラしてる婆ちゃんとか歩いているじゃないですか。そういう下町っぽい「ゆるさ」が歩鳥の中にも残っているという感じ。まぁいちおう女子高生だから、ちょっとはおっと思いますが。

1巻の「あとがき」にあるのですが。作者は上京して居を構えたのが下町だったそうです。上京してきていろいろ不安もあったけど、下町の人情にだいぶ助けられたそうです。その体験を元に本作を描こうと心に決めたそうです。

そう、何よりも「町」が“主役”の作品になるのかしら?
だからタイトルも「それでも町は廻っている」なんでしょうか。
(以下ネタバレゾーンにつき)

続きを読む "『それでも町は廻っている』(漫画のほう)"

| | コメント (0)

2010/10/27

ライブ『故郷は地球』

昨日は西荻窪のサンジャックさんで日比谷カタンさんたちのライブを見てきました。
題して『故郷は地球~国籍不明弾き語りサミット#1』とか。「故郷は地球」というのはどうもウルトラセブンのジャミラが出てくるエピソードからとったみたいです。

当日のご出演は
河内伴理さん、
ジョンソンtsuさん、
そして、日比谷カタンさんでした。

サンジャックさんは2日の青葉市子さんと双葉双一さんの2メン以来になりますか。
2日が数年ぶり、2度目のサンジャックさんで同じ10月に3度目のサンジャックさん。

サンジャックさんはドリンクのほかに小鉢が出るのですが、今回は豚肉の茹でたのと野菜のマリネのようでした。おいしかったです。

続きを読む "ライブ『故郷は地球』"

| | コメント (0)

2010/10/25

ちょっとだけ高円寺フェス

昨日は高円寺フェスティバルの一環で行われた*microscope*さんのライブを覗いてきました。
*microscope*さんは中野ブロードウェイでちょっと不思議な乙女服のお店、ペイ*デ*フェをやってるりむさんのバンドです。

なんか今ごろ夏の疲れがどっと出てきたのか、ちょっとしんどいこの週末。まぁ、引きこもっているのもなんなので、散歩がてら高円寺へ。
高円寺フェスティバルというのをやってるそうです。高円寺一帯のお祭りとか。あまり良くは見なかったのですが。高円寺駅の北口と南口の広場にお店が出ていたり。

高架線下のライブハウス、Club Missionsさんでは入場無料・ドリンク代のみのライブが行われていました。そこで、*microscope*さんもライブというので。
*microscope*さんのライブはだいぶ前に見たことがありますが。もうちょっと忘れてしまっています。久しぶりに拝見しようかと。

Club Missionsさんはちょくちょくお伺いしているライブハウス。でもやっぱり昼間入ると風情が違いますな。外が明るいうちに入るから、ライブハウスの中はいつもより薄暗い感じがしました。

ライブ開演、*microscope*さんは2番目にご出演でした。

続きを読む "ちょっとだけ高円寺フェス"

| | コメント (0)

2010/10/18

万有公演『阿呆船』

昨日はパルテノン多摩野外特設ステージで行われた演劇実験室◎万有引力公演『阿呆船』を見に行ってきました。今回は万有の皆さんのほかに、一般公募で集められたスタッフ&キャストの皆さんもご参加のお芝居だそうです。

『阿呆船』というタイトル、私の好きなThe Doorsの「Ship of Fools」という曲と何か関係があるのかなと思ったんですが。
どうやら15世紀のドイツの作家、セバスティン・ブラントが書いた『阿呆船』という風刺文学があるそうです。Wikipediaによる解説はこちら。んで、Wikipediaによるとそれを元ネタにした作品がいくつかあるとか。本作もThe Doorsの「Ship Of Fools」もそのひとつなのでしょう。

さて、パルテノン多摩では万有引力を率いるJ・A・シーザーの展覧会「私の演劇ノート展」も開催中。それが5時までみたいで。お芝居の開場は5時50分ですが、ちょっと早めに行くことにしました。

パルテノン多摩は私が初めて万有のお芝居を見た場所。『100年気球メトロポリス』でした(実は今までずっと初めて見た万有は『100年気球ラビュリントス』と思っていましたが、劇団サイトの公演記録とどうも食い違いがありまして、『100年気球メトロポリス』が初見だったかと)。パルテノン多摩一帯を使った準・市街劇という感じのお芝居。あちこちで同時進行されるお芝居を、引率の劇団員に連れられて見て回るというお芝居でした。

それからパルテノン多摩での万有のお芝居は『100年気球ラビュリントス』を見ました。こちらはパルテノン多摩のホールを使ったお芝居でしたが、舞台がいくつかこしらえてあって、それぞれの舞台で複数のお芝居が同時進行するというスタイルのお芝居でした。

『メトロポリス』スタイルのお芝居、またやってくれないかなぁ。ほんとあれで万有に一発ではまったのですが。

とまれ、ぼちぼちとパルテノン多摩へ。

京王多摩センターを降りて。ほんと、パルテノン多摩ってのは不思議な場所です。京王多摩センター駅からだだっ広い直線の道がパルテノン多摩に繋がってます。参道っぽく。両脇にはビルに入ったお店。もうぜんぶ都市計画で忽然と現れた場所なんでしょうね。そういう、ある意味、空中楼閣のような場所。

その突き当りが大階段になっていて、そこが今回の野外劇場への入り口になってました。
『100年気球メトロポリス』では、最初お客さんにくじ引きさせて班分けをさせるのですが、その班長係りの劇団員さんたちが、確か、剣道の面を覆面にこの大階段で待機していたと記憶しています。

その大階段のてっぺんに回るプロペラのついたオブジェ、それから立て看板、スクリーン。

それらを脇に見ながら『わたし演劇ノート展』へ。
戯曲、シーザーさん手書きの楽譜、その他資料類の展示でした。見せ方も凝っていて、一種のインスタレーションのようにもなっていました。シーザーさんご愛用のかなり使い込まれたギターもありました。

で、どうも当日は特別に6時までやってて、終演後もしばらくやってるそうでした。そりゃ、そうだわね。そのくらいは想定しておくべきでした。いや、ちょっと混んでいて、お芝居ついでの方も多かったのかな?だったらお芝居のない日だったらゆっくり見られたかなぁ。そうすべきだったかもしれない。

んで、ファーストフードで適当に晩メシを済ませ、入り口でぼんやり開場を待ちました。

続きを読む "万有公演『阿呆船』"

| | コメント (2)

2010/10/09

新アニメ『それでも町は廻っている』

今期始まった新アニメ話、今度は『それでも町は廻っている』のおはなし。

新房シャフトのアニメが好きです。『ぱにぽにだっしゅ』『さよなら絶望先生シリーズ』『まりあ†ほりっく』『化物語』あたり。
前期夏クールは新房シャフト作品がなくてさみしかったのだけど。ただ、なんかここんとこオーバーワーク気味ではないかと思う部分もあって。1クール2作とかあって。『化物語』とか作品としては傑作と思うけど、放送時は作画が間に合わないっぽい部分があって。『【懺・】さよなら絶望先生』なんかは納品がギリギリなのを自虐するネタとか入っていて。で、残念だけど、視聴をやめてしまった作品もあったりして。

まぁそんな感じで前期はシャフトアニメがなかったけど、体制を立て直しているのかしらと思って、ちょっとさみしいけどしょうがないなと思ってました。

そういうわけで今期秋クールは本作『それでも町は廻っている』と『荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ』の2作の新房シャフト作品が始まって嬉しいです。

『荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ』は前々期、春クールの『荒川アンダーザブリッジ』の2期という事で、1期から楽しんでます。タッチも前期を引き継いだ感じ、かな?
で、今回は新規作品になるわけで、どういう作品になるか楽しみにしていました。

(以下、ネタバレゾーンにつき)

続きを読む "新アニメ『それでも町は廻っている』"

| | コメント (0)

2010/10/06

新アニメ『おとめ妖怪ざくろ』

今期新アニメ、今度は『おとめ妖怪ざくろ』のおはなし。
毎度改編期は新アニメをネタにできて楽であります。

見ようと思ったきっかけは、前期面白かった『世紀末オカルト学院』の後番組という事で、オカルト学院の放送中もスポットがたくさん流されていたから、ちょっと興味を持ってという方向でした。
ちなみに『世紀末オカルト学院』で原作なしアニメオリジナル作品を放送する「アニメノチカラ」枠は消滅。『おとめ妖怪ざくろ』は原作つきアニメのようです。原作は少女漫画みたい。

正直言ってあまり期待はしてませんでした。

番宣を見る限り、どうも『サクラ大戦』ぽい作品みたいです。大正期あたりの「もうひとつの日本」を舞台に、スチームパンクか魔法っぽいガジェットを散りばめ、少女たちが戦うっておはなしみたいですし。もう『サクラ大戦』以来定番として定着しているスタイル。もう何番煎じにもなるかと。

まぁそれでも面白かった『世紀末オカルト学院』の後番組であり、ものは試しと思って見てみることにした次第。

うん、楽しみました。面白かったです。
(以下ネタバレゾーンにつき)

続きを読む "新アニメ『おとめ妖怪ざくろ』"

| | コメント (0)

2010/10/04

新アニメ『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』

今期始まった新アニメですが。今度はガイナックスの新作『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』(以下PSGと略す)を見てみました。

なぜ興味を持ったかというと。ネットを巡回していて番宣画像を見て、ふたりの女の子の主人公のうち、パンティのほうにちょっと既視感を持ったからです。で、キャラデザ、「ヤリ○ン」という設定、そして天使という設定、「あれ、これって吾妻ひでおの『やけくそ天使』に出てくる阿素湖素子に似てるなぁ」と思って、興味を持ちました。

私ぐらいの年齢のヲタク、あるいはヲタク周辺の人は、吾妻ひでおに衝撃を受けた人が多いと思います。『やけくそ天使』とか『不条理日記』とか。そのむちゃくちゃなアナーキーっぷり、散りばめられたSFネタ。例えば漫画家のとり・みきさんは「漫画って何をやってもいいんだ」と強い影響を受けたとお書きになっていたと記憶しています。

当時、漫画マニアの同級生が「凄いマンガを見つけた!」と興奮して持ってきたのがこの『やけくそ天使』でした。それが吾妻ひでお作品との出会い。私も一発ではまり、『やけくそ天使』から『不条理日記』、チョコデリといった吾妻ひでおのSFマインドとアナーキーさが同居する作品たちを楽しく、いろんな意味で興奮しながら読みました。

そういう刷り込みがあって、パンティにおぉっと思いました。

ヤ○マンヒロインってのも、いかにもガイナックスなネタの仕込みかただなぁと。ヲタクいじりじゃないかなと思います。
深夜アニメの世界、ヒロインが処女じゃないという気配をチラと漂わせただけで某BBSなんか炎上する昨今であります。いわゆる“処女厨”の存在、そういった存在に真っ向から挑戦状をたたきつけているような気がして。

まぁ、“処女厨”の気持ちも解らないではないのですが。恋愛(≒セックス)をたきつける昨今の「恋愛消費社会」のありよう。「恋愛は素晴らしい。お前も恋愛しろ。それにはカネを使え」というテーゼが支配しているこの世の中、その陰で疎外されている“恋愛弱者”。

彼らがそういう風潮に「ノン!」を叩きつけるいちばんのインネンの付け所が非処女問題かと。現代はそういう風にセックスを焚きつけている世の中ですが、でも表向きのタテマエとしては婚姻外性交はタブー視されている。少なくとも結婚を前提としてないセックスはタブー視されているんじゃないかしら。だから婚姻外性交を楽しんでいた女性タレントさんなんか、婚姻外性交をマスコミにすっぱ抜かれて、そんな必要ないのに“謝罪”とかしてる。彼女こそ、この「恋愛セックス資本主義」(by本田透)の吹く笛にまっとうに踊っているに過ぎないのに。

だから、この「恋愛セックス資本主義」に疎外されている恋愛弱者たちは、非処女のヒロインを彼らが楽しんでいる深夜アニメに見つけると、目ざとく見つけて攻撃する、日ごろの鬱屈を一気にぶつけようとする。そういう仕組みじゃないでしょうか。

私は彼らの鬱屈をある程度理解している者ですから、彼らの行動に一定の理解は示します。ただ、ほんとにやっちゃダメダヨとは思いますが。彼らのせいでBBSが一気に荒れたりする。それは楽しくありません。

まぁ昨今は『B型H系』みたいに高校に処女・非処女がふつーにクラスに同居している、“リアル”な設定(『B型H系』はストーリー的には「ありえねー」って感じの作品でしたが)の作品とか出てきてますが。
私個人としてはそういう方向性がいいとは思います。ま、彼女ができて、セックスを楽しめるような青春はあたしにはありませんでしたがね。それはしかたなかったとある程度は腹に収まってますが。

いや、閑話休題。お話をPSGに戻して。

フォーマットは30分番組1回に2話という番組のようです。
そして第1回放送は「仁義なき排泄」と「デスレース2010」の2話。どうもサブタイトルは映画ネタのようですな。

(以下ネタバレゾーンにつき)

続きを読む "新アニメ『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』"

| | コメント (0)

2010/10/03

青葉市子さんと双葉双一さんのライブ

昨日は西荻窪のサンジャックさんで青葉市子さんと双葉双一さんのツーマンライブを見てきました。

ライブハウスってのは「興行場」として認可をとるといろいろややこしいそうです。だからほとんどのライブハウスは飲食店で営業許可を取って、「ライブもやってる飲食店」として営業するそうですが。だからたいていのライブハウスは飲食店としての体裁上、ワンドリンク制、つまり何か一品は飲み物をオーダーしなくてはならないシステムになってるそうです。

私が今まで行った中でそうじゃなかった、つまりワンドリンクがなかったライブハウスは目黒の鹿鳴館ぐらいでした。ただ、あそこはどうも元・映画館だったらしい場所。で、営業許可は映画館時代のものをそのまま引き継いでいるのかもしれません。

とまれ、ライブハウスはそういうことで、何らかの飲み物、たいていはアルコール類とノンアルコール類は置いてあるものです。そして、「それ以上」はお店によってさまざまです。
乾き物類くらいのお店もあれば、けっこう本格的な料理、しっかりした料理まで出せるお店もあります。
サンジャックさんはそういう本格料理までメニューにあるお店です。

サンジャックさんは以前、日比谷カタンさんのライブで行ったことがあります。今回2度目。
西荻の焼き鳥横丁を突っ切り、線路端のビルの地下のお店。焼き鳥横丁は焼き鳥屋さんとか赤提灯のお店が並んだ通り、こっちもいつか行ってみたいと思ってます。「焼き鳥屋の煙にまかれて~♪いつも僕等は人恋しくて~♪」(URiTA『タンサン』)

受付けでドリンクと透明プラスチックに入ったおつまみをいただきました。豚肉のゆでたのと野菜の合えたのかしら?

お客さんは満員。ややあって開演。

続きを読む "青葉市子さんと双葉双一さんのライブ"

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »