« PCパーツの変な相性 | トップページ | 苺樂團と廻天百眼 »

2010/09/08

これでしばらくPCケースは開けたくない

さて、昨夜も先日購入したPCケース、Antec SOLO BLACKを開けました。
これでたぶん最後の作業。

前のちょっと大きめのケースで使っていた、長いSATAケーブルを買ってきた短めの奴に交換。
ま、PCケーブルと女性のスカートは短ければ短いほどいい、でも短過ぎるとにっちもさっちもいかなくなりますな。

ハードディスク類はまだSATA2のものだけど、SATA6Gのケーブルをおごってみました。
長くてちょっと古めのSATAケーブルで繋いでたHDD、ケーブルを変えてからベンチを取ってみると速度が上がってます。やっぱケーブルもいいものを選んだほうがいいみたいですな。
ま、古いケーブルは何度も抜き差ししてるから、接触も甘くなってたのかな。

あとそれと、PowerLEDが眩しいので、半透明のフィルムをPowerLEDに貼った上、それでもちょっと眩しかったのでそのフィルムを黒の油性マジックで塗ってやりました。ちょうどいい按配の明るさ。

今使ってるASUSのマザーボード、M4A785TD-V EVOはスタンドバイ(S3)の時はPowerLEDが点滅する仕様です。で、Antec SOLOは高輝度の青色LEDなので、夜寝てる時とかけっこううるさく感じます。
その前のGigabyteのGA-MA785GT-UD3HはS3の時、LEDは消える仕様なんですよね。マザーボードメーカーの方針になるのかしら?

Gigabyteのようにスタンドバイで消える仕様のほうが就寝時とかうるさくないでしょうが、でも、気をつけないとS3なのに気がつかずにPCのパーツ交換とかやっちゃいそうです。最悪、パーツを壊す結果になるかもしれません。
その点ASUSはPowerLEDが点滅する仕様の上、マザー上に通電してると光るLEDも乗っていて、そういう事故を起こしにくくなってます。
もちろんPCパーツの交換は電源を引っこ抜いてやるのが普通の手順だし、そういう癖をつけて置けばいいのでしょうが。
ま、BIOSででも点灯か消灯かを設定できるといちばんありがたいなと。

ま、これでだいたいは気が済んだし、しばらくはケースを開けないで済むといいですな。
ほんと、開けない時は何ヶ月も開けないものなんですがね。

|

« PCパーツの変な相性 | トップページ | 苺樂團と廻天百眼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCパーツの変な相性 | トップページ | 苺樂團と廻天百眼 »