« 久しぶりにろみさんのライブ | トップページ | ファンコン導入 »

2010/09/03

PCケース新調

さて、先日、PCの不調でえらい目に遭ったわけですが。
やっぱこういう時のために非常用の予備PCを持っておきたいなと。
メインPCが動かない時は予備PCでネット上の情報を調べたり、ドライバやBIOSを落としてきたり、また、録画代理としても使えるし(地デジは他のPCに録画を移せないのでめんどくさくなりますが)。

予備PCは以前、Win2Kのを持ってたのですが、それは人にあげてしまったので。
また、予備PCを用意しとこうと。
自作PCをやってる人は解ると思いますが、自作しているうちに外したパーツで1台組めるぐらい余ってくるものです。私も1台分以上のパーツが手元にあります。OSもWindowsXPのライセンスがひとつ余ってます。あとはケースさえ買えばもう1台組める状態です。
で、ケースを買おうと思って。

まぁ、予備PCですから安物のケースでも買おうと思ったのですが。動きゃいいんだし。
しかし、ふと考えて。もうメインPCのケースも長いこと使ってるから、メインPCのケースを買い替え、旧メインPCのケースで予備PCを組もうと思いました。

愛用してきたPCケース、もう10年以上使っていると思います。QwltechのOWL-602WS SEという品。大き目のミッドタワーのケースです。私が昔所属していた某教のメンバーの方のおススメだったと記憶しています。

厚手の鉄板のがっしりとしたつくり。開閉頻度の高い向かって左側の側板はスクリューレスで開閉可能。ファン類もスクリューレスのはめ込み式、3.5インチベイ取り外し式、5インチベイはレールマウント式。使い勝手のよいケースでした。
そして、私のPCではいちばん古顔のパーツになってました。ほんと、いくつのマザー、CPU、ビデオカード、電源、がこのケースを通り過ぎていったでしょうか。下手したらSlot1時代からだったかも。

それだけ使い勝手が良かったということもありますし、ATX規格がほんと長命だということもあるかと思います。ATX規格も変遷していったけど、ケース的に言えば昔のATXの物でも使い回しが利きますな。通気性がじゅうぶんなら。(そいや、BTXって規格はどうなったんだろ…)

ほんと、昔は、鉄板の切り口が丸められてなくて、文字通り「手の切れるような」ケースも普通にあったんですが。私も何度か手を切って、ケースに血の跡をつけたことも。PC EXPOだったかと思いますが、韓国製のケースを見ていたら、係りの人が私の手をとって、ケースの鉄板の切り口をなぞらせたことがあります。「エッジ処理もきちんとしてて手を切らない」ってアピールでした。しかし、OWL-602WSはそういう部分もきちんと処理してて、好感を持てる、愛用できるケースでした。

購入したのはAntec SOLO BLACKという品です。現物は見ずにネット情報で買いました。
買ったのはAMAZON、追加料金で日時指定便にして自宅に届けてもらいました。さすがにお店で買って自力で持ち帰る根性はありません。昔はフルタワーケースを抱えて秋葉原から帰宅したこともありますが…。

ま、ネット情報を総合して買うことにしたんですが。いちばん魅力的だったのはハードディスクがフロントパネルから出し入れできるってこと。
QWL-602WS SEのいちばんのというか、唯一の不満点が3.5インチベイの取り外しでした。取り外しの時、ビデオカードに干渉するし、ケーブルとかに引っかかりやすいです。単純に横にスライドして付け外しするようなベイだとよかったなぁとか思います。
SOLO BLACKはその点、HDDをフロントから出し入れするのでマザーとかと干渉することはないだろうなと。

あと、黒色というのも購入理由。先日BD-ROMドライブ、それからBD-Rドライブを購入したのですが。両方ともベゼルは黒色。普通のアイボリー系はありませんでした。OWL-602WS SEは普通のアイボリーのケースですから、なんかちぐはぐでした。
昔、一時期、黒いケースってのも使ってたことがあります。その時は逆に黒い光学ドライブってのはなかなかなくて、あっても高くて。プラカラーでアイボリーのベゼルを黒く塗ったことがあります。

まぁ、その日はちょっと早めに帰宅してドキドキしながら荷物の到着を待ちつつ、PCの分解。そして品物が届きました。

日本語ありの多言語版マニュアル付いてますが…。いちばん知りたいケースのバラしかたが言葉で説明です。ここらへんはイラストにして欲しかったとこ。まぁ、ああでもないこうでもないとごちゃごちゃやりながらサイドパネルやフロントパネルを外して。
いやほんと、もっとイラストを多用したマニュアルなら使い勝手がよかったんですが。ここらへんは改善をお願いしたいところ。

あと、追加で秋葉原で購入したのは9.2センチのファン2個(フロント用)、PCスピーカ、5インチベイ用3.5インチトレイ(フロントUSB用)。

第一印象は「狭いなぁ」というところ。OWL-602WS SEは大き目のミッドタワー、その前はAOpenのフルタワーを使っていたので。
電源は左右に走っている支柱をよけて下側から取り付けます。だから、マザーと干渉するのでマザーを外さないと外せませんし、組み立てる場合はまず電源から取り付けないといけません。まぁ、CPUクーラーを外せば何とかなるかもしれませんが。大型CPUクーラー、KABUTOはSocketAM3用の留め金だとマザーをケースにつけたままの交換は難しいですし。たとえクーラーだけ外して無理矢理出し入れしようとしてマザー上のパーツをこそげ落としても涙目ですし。
もう少し高さが高くなってもいいから支柱と天板のクリアランスを大きくして、電源を横から入れられるようにしてくれるとよいのですが。

で、電源を取り付けてからマザーの取り付け。電源ケーブルが邪魔なので、ケースの向こう側に出してやって。プラグイン電源が流行るわけだわ…。あと、12センチリアファンを外した方が作業しやすそうだったので、外して。しかしASUSのリアIOパネルはペラペラで扱いにくいです、ホント…。
マザーの取り付けネジがインチネジでした。最初、ミリネジで取り付けようとしてうまく行かず???でした。ここらへんはミリネジとどっちが主流なのかなぁ…。

ほんと、組み立てには手こずりました。ほとんどの手間がケーブルの取り回しです。あーでもないこーでもないとケーブルをさばいていって。
SOLOには3.5インチベイの陰に余計なケーブルを収めるスペースがあります。それも使って。

HDDの取り付けもフロントからできて便利っぽかったのですが、これもケーブルの取り回しの苦労で相殺かしら。
このSOLOの特徴ですが、HDDを引き出し式のトレイに取り付ける方法のほかに、ゴムひもで空中にぶら下げる方法も取れます。そうするとHDDの振動がに伝わらなくなるので静音化できるとか。トレイでもシリコンゴムのインシュレーターが付いているので、かなり振動軽減できるそうですが。
やっぱゴムひもで宙に吊るという方式は怖かったので、私はトレイにネジ止めする方法を選びました。後述しますが、それでもHDDの作動音はまったく聞こえませんでした。

5インチベイは4つ。ただ、3.5インチ外部ベイはないので、FPDとかの3.5インチデバイスをつけるときは添付の5インチベイ用のアダプタを使って5インチベイに取り付けるかたちになります。まぁもうFPDレスが当たり前ですから、それでいいかと。
私は3.5インチベイにつけるUSBポートを使ってるのですが。この添付品の3.5インチベイ用アダプタはFPDの底面のネジを使ってFPDとかを取り付けるタイプ。で、このUSBアダプタは側面のネジ穴を使うタイプ。なのでこの添付品は使えません。だから側面のネジ穴でUSBポートをつけられる5インチベイ用3.5インチアダプタを別買いしました。

PCスピーカが付いてないというのも驚きですな。起動時にあの「ピッ」って音がしないと不安でたまらなくなるあたしとしては。もちろん組み立てミスで異常がある場合、そのBeep音である程度原因が分かる場合もありますし。あの音でさえうるさいと思う人がいるのでしょうか?

んで、組み上げて、動作確認して。で、ケースを閉じてやります。ふぅ…。

Antec SOLO BLACK 本体はツヤあり黒の塗装仕上げ。ピアノブラックていうんですかね?もそっとツヤツヤしていた方がピアノブラックぽいかも。車のワックスとかで磨けばいいかな?まぁ、車は持ってないからワックスもないけど。フロントパネルは黒のプラスチック。取り外しはしやすい方なので、埃とか掃除するのは便利そうです。
しかし、このツヤあり黒は手形とか目立ちますな。

フロントにはUSBとIEEE1394、それからサウンド関係のジャック。今回、USBだけ結線しました。IEEE1394もオンボにピンヘッダが付いてますが。対応機器はPATA-IEEE1394アダプタしか持ってないし、もうそれは使うのやめてUSBのを使ってますし。

気がつくとエンブレムシールを貼る土台もないですな。もうエンブレムシールも流行らないのかしら?

PowerLEDはPowerボタンのふちが光るタイプ、Power LED、HDD LEDともに青色LEDです。これは色違いにしたほうがいいかもと思います。HDD LEDは赤いのにすれば。赤でも発色のいい赤、橙系じゃなくて。いつか交換してみましょう。

このケースは静音が売りのようです。天板や側板には防音材が貼られています。確かに静か。HDDの動作音なんてまったく聞こえません。推奨のゴムひもじゃなくてトレイに取り付けた状態でも。

ただ、ネット上のあちこちで指摘されてるように、リアの12センチケースファンがうるさいです。ま、これは他が静かだから目立つのかもしれません。今はエアコンとか扇風機の音がするので目立ちませんが、そのうち交換してもいいかな?

総評としては程よくシンプルなデザインで好感の持てる、いいケースだと思います。
このケースもOWL-602WS SEみたいに10年以上愛用するケースになるかな?そうはならないと思います。やっぱり中が狭くていじりにくいのは不満です。ただ、それは私のミス。やっぱ店頭で現物を見て選ぶべきでした。

やっぱ「漢は黙ってフルタワー」だと思います。

|

« 久しぶりにろみさんのライブ | トップページ | ファンコン導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりにろみさんのライブ | トップページ | ファンコン導入 »