« 瓏砂さんの展覧会 | トップページ | 地デジの道は茨道~5~ »

2010/08/25

マザーボード交換

SocketAM3に移行する時、マザーボードはGigabyteのGA-MA785GT-UD3Hにしたのですが。
ま、キホン、問題はなかったですが。でも時折異様にむづかる時があって。

症状としては起動直後、そのまま電源が落ちるという現象。この現象、起きない時はぜんぜん起きないんですが。起きだすとしばらく続きます。
そして、
GA-MA785GT-UD3HはGigabyte謹製のDual-BIOSという機能がついてるのですが、再起動時、それがBIOS CHECKSUM ERRORとメッセージを出して、バックアップBIOSからメインBIOSへ書き戻しを行います。CMOSの内容が壊れるくらいならともかく、BIOS ROMが壊れるなんてありえないと思うのですが。

まぁ、ほんとたまぁ~に起きるくらいの現象で。BIOSアップデートあたりで解消されないかな。しばらく様子を見てみようと思っていたのですが。それ以外は安定してますし。

月曜日、帰宅したらPCが起動してました。特に予約録画もセットしてなかったので、なんでかなと思ったのですが。どうも何度もリセットを繰り返している様子。
で、そのうちにバックアップBIOSも壊れたと認識されたみたい。Dual-BIOSはバックアップBIOSが壊れたと認識されるとメインBIOSからの書き戻しを行うみたいだけど、それも失敗、途中でリセットがかかり、延々と再起動を繰り返すという状態になって。

それでもCMOSセットアップには入れるみたいで、BIOS書き込みモードには入れるみたいで。しかし、手元にリムーバブルメディアに入れたBIOSはなく。
んで、手元の余りパーツで急遽バラックを組み、WindowsXPをインストールし、HDDに入ってたBIOSをサルベージ、USBメモリに入れてBIOSの書き込みをやってみたのだけど。
いちおうBIOSは復旧したみたいだけど、リセット現象は収まらず。

結局、月曜深夜の『世紀末オカルト学院』は見逃しちゃったい。ぐっすん。

で、もうだめだと、マザーを替えようと。しかし、アイオーのサイトによるとマザーを替えると今まで録画してきた地デジ、全部見られなくなるみたいで。
ま、それもしかたない、だいたい不調が見え始めたころにちゃっちゃと交換しておくべきだったなと。

んで、とぼとぼと秋葉原へ。

買ってきたのはASUSのM4A785TD-V EVO/U3S6という品物。チップセットはAMD785G+SB710という旧製品のM4A785TD-V EVOにおまけでPCIeのUSB3.0&SATA6Gのカードがついてるもの。オンボードでUSB3.0やSATA6Gがついてる、最新型に乗り換えてもと思ったけど。でも、GA-MA785GT-UD3Hに近い構成のマザーにすれば、OSの再インストールとかの手間がかからない、そのまま繋ぎなおせば動くかもしれないと思って。

GA-MA785GT-UD3HとM4A785TD-V EVOはチップセット構成はAMD785G&SB710と同じ。LANもREALTEKのギガイーサ、サウンドだけはGA-MA785GT-UD3HがREALTEKに対してM4A785TD-V EVOはVIAです。VIAサウンドにはてこずった経験があるのでちょっと躊躇したのですが。いざとなったらBIOSで切って、手元のサウンドカード使えばいいし。

ま、旧製品で安いという理由もあります。オンボビデオはビデオカード使うから旧製品でもいいし、USB3.0もSATA6Gもまだ対応機器を持ってないし。

ASUS製品は久しぶり。Socket370のP3B-4X以来です。

で、まず、旧環境で立ち上げ。昨日のぐずりっぷりがウソみたいにあっさりと立ち上がりやがります。で、ここで、GIGABYTE関連のツール類とREALTEKのサウンドドライバを削除。そしてマザー交換。

マザーの取り付けでいちばん面倒なのはフロントIO(電源ボタン、リセットボタン、PowerLED、HDD LED)の接続だと思うのですが。小さな端子をマニュアルと首っ引きで手探りで挿していかなきゃいけない。最近目も悪くなったし、手先は不器用だし。
ここらへん、ASUSは工夫してあって。あらかじめフロントIOがひとかたまりになったブロック状のパーツにケースのフロントIOの端子を挿していって、それからそのブロックをマザーのフロントIOに挿してやります。かなり面倒が軽減されます。

しかし、リアIOパネルの取り付けが面倒でした。ASUSはペラペラのIOパネルで、すぐに変形するし、引っかかるし。ここらへんはGIGABYTEのそこそこ厚い鉄板で変形しにくいタイプの方がいいなと。プラマイゼロか…。

あと気がついたのは、M4A785TD-V EVOはチップセットのほかに電源回路のMOSFETにもヒートシンクがつけられていること。GA-MA785GT-UD3Hにはついてなかったし、この不調の原因はたぶん電源回りの弱さかと思うので。
このヒートシンク類、なんかゲージツっぽい凝った形状をしています。ここらへんはシンプルな方がいいな。埃が奥のほうに溜まると掃除しにくそうです。ま、LAN-Partyの見せびらかし用なんでしょうね。

あと、マザーボード上にLEDが乗っていて、通電してると光るようになってます。ここらへん、通電してるのに気づかずにパーツ交換したりという失敗を防ぐにはいい配慮かと。
SATAはオンボに5つ。
GA-MA785GT-UD3Hは6つあったのにと思ったら、ひとつはリアIOにESATAとして乗ってました。

あと、ふと気がつくと、FPDコネクタがありません。これはメーカー&代理店の製品紹介ページに明記しておいたほうがいいような…。フロッピーはほぼ絶滅しかかってるとはいえ、WindowsXPをインストールする際にドライバ読み込ませるときには要るのでは?つかもうフロッピーの必要なシーンってそれしか残ってないと思うけど。
シリアルやパラレルはピンヘッダに残っているのに面白いものです。
ところで、えと、私、Winows7はFPDバンドル版を買ったのですが…。ま、ケースには取り付けてるからいいよね?(汗)

USBのピンヘッダと並んで同じ形状でIEEE1394のピンヘッダが並んでいるのにご注意。いちおう色変えしてあって、ごっちゃにならないように配慮はされていますが。

マニュアルは日本語版がきちんと付いてます。ただ、メモリについての記述はちょっと解りにくかったかな。単純に黒か青どちらかのメモリスロットに2本挿せばいいのですが。なんか私は物事をややこしく考えてしまうタチのようで。
CPUクーラーはKABUTOが普通に、推奨方向でつきました。他のパーツとの干渉はCPUに近い方のメモリスロットにヒートシンクが少しかぶるくらいです。クリアランス的に普通のメモリモジュールは問題ないけど、ヒートシンクが上に大きく出っ張っているメモリモジュールはちょっと気をつけないといけないくらいかな?

しかしもっと取り付け簡単にできないのかな?クリップが固いです。

おまけについてるUSB3.0&SATA6Gのカードに関してはマニュアルはマザーと別で英語版のみ。ドライバCD-ROMもマザー用のと別についてます。まぁ挿してCD-ROMからドライバをインストールするぐらいの手間でしょうから、特に日本語マニュアルも必要ないでしょう。
このおまけカード、今回は取り付けませんでした。USB3.0もSATA6Gも対応機器を持ってないし。ま、落ち着いたらまた遊んでみましょ。他のマザーにもつくかどうか試してみるのもいいし。
ちなみにこのカード、USB3.0とSATA6Gのコントローラーチップをブリッジチップを介して接続しているようです。

で、マザーにCPUとメモリを取り付けた最小構成で起動チェック。オンボビデオだとビデオカードも要りませんな。
BIOSはAMIでした。自作用マザーのBISOはAwardが多いのだけど。ASUSの関連会社?ASRockもAMIだったからそのつながりですかね。AMIの赤い三角のロゴ、ちょっとかっこいいです。
あと、私はPS2-USB変換コネクタを使ってUSBにキーボードを挿しているのですが。これはどうもBIOSレベルでは認識されないみたい。CMOSセットアップに入れませんでした。USBネイティブのキーボードだとどうだか解らないのですが。

立ち上がるのを確認して、USBメモリに入れといた最新BIOSに書き換え。

そしてビデオカードとHDDを取り付けて、Windows7の起動チェック。最初の起動ではいろいろごちゃごちゃ再構成してたようですが、再起動すればばっちりとあがってきました。
サウンドはもうドライバを持ってたようですが、改めてVIAのサイトから落としてきた最新版のドライバをインストール。それからREALTEKのLANドライバも新しいのを拾ってきたのでそれをインストールしました。

全滅したと思ってた地デジの録画ですが。未視聴の奴を試しに見てみたら、見ることができました。しかし、ここらへん、OSの再インストールで見られなくなるという話、あと、既視聴と未視聴では挙動が違う(未視聴は見られて既視聴は見られなくなる)とか、いろんな話がネット上であるので、しばらく様子をみてみようかと。
*追記 mAgic TV Digitalを再インストールしたら、録画が見られなくなりました。再インストール時にハードウェアの変更を気づかれたのかな?それとも何か他の理由なのかしら?どっちにしろorzであります。

あと、再アクチベーションをWindows7から求められました。MSに電話かけてオペレーターさんとやり取りするのも久しぶり。

前日は夜中の3時過ぎまでPCをいじっていましたし、もうヘトヘトだったので、いちおうの動作チェックをしただけで、あとは部屋中に散乱したPCパーツと工具類をざっと片付けて寝場所を作り、一杯呑んでそのままばたんきゅーでした。

しかし、ほんと、私とGigabyteは相性が悪いです。

最初に買ったGigaマザーは型番は忘れましたが、Socket370の奴でした。青い基板がなんか綺麗だったから。しかし、買ってから2日目ぐらいでなんか嫌な感じがして、元のSlot1+Socket370下駄という構成に戻して、マザーは誰かにあげちゃいました。
次に買ったのはGA-K8U-939でしたが。これも買ってから数ヶ月でASRockのAGP+PCIeの変態マザー、939Dual-SATA2に浮気しました。
ま、このふたつは私の浮気が原因だけど。今回は浮気のしっぺ返しを食らったかなと。

しかしもうGigabyte製品は使わないようにしましょ。
しかしなんでこんなに相性悪いのかな。前世の因縁でもあるのか?

|

« 瓏砂さんの展覧会 | トップページ | 地デジの道は茨道~5~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瓏砂さんの展覧会 | トップページ | 地デジの道は茨道~5~ »