« 『マンガで分かる心療内科』① | トップページ | スイカのはなし »

2010/07/30

『一花繚乱』ライブ

昨日は阿佐ヶ谷のネクストサンデーさんに、はぐレ企画さんの『一花繚乱』というライブを見てきました。日比谷カタンさんご出演というので。

ネクストサンデーさんは初めて行く場所。ビルの地下のライブハウス。グランドピアノがでんと据えられています。アップライトピアノのあるライブハウスはよくありますが、グランドピアノというのは珍しいかと。秋葉原のClub Goodmanさん、あと初台のThe Doorsさんもグランドピアノだったかな。あまり憶えてないけど。
しかし、どうやってグランドピアノを地下に入れたのかしら?通路も狭いっぽかったし。引田天功より不思議。

あと、お店備え付けのギターとかもありました。エレキギター、エレキベース、アコギが2本。それと12弦ギター。ライブ終演後のバータイムとかで貸してくれるのかしら?いや、バータイムがあるかどうかも解らないけど。それとも例えばお客さんが参加してのセッションデーとかあって、その時用なのかしら。

嬉しかったのはなんと生ビール300円。小さめのジョッキでしたが。いや、紙コップとかプラスチックコップじゃなくて、ジョッキなのが嬉しいですな。しかも冷凍庫でキンキンに冷やしたジョッキに冷えた生ビールを注ぎます。夏はこのスタイルのビールがいいですね。(冷やし過ぎて味が解らなくなるという奴も仲間にいましたが)
おつまみも駄菓子系とか色々あるみたい。おにぎりもあったので、ご飯を食べずに来てもだいじょうぶかしら。

当日のご出演は
本間太郎さん、
DORAMARUさん、
梶山シュウさん(from広島)、
航さん、
そして、日比谷カタンさんでした。

今回皆さんソロですね。

本間太郎さん、天国というバンドでは日比谷カタンさんの対バンで拝見しているのですが。なんか前衛的だったなというくらいしは憶えていません。
ピアノソロ。弾き語りじゃなくて、歌はなし。『スワニー』の一節もあったので、ジャズピアノになるのかしら。ガーシュインは好きでした。と言ってもレコード2枚とエアチェックのテープぐらいしか持っていませんでしたが。すわにー、はうあいらぶやはうあいらぶや、おーおーおーすわにー♪阿佐ヶ谷はジャズストリートとかあるし、ジャズで町おこしですな。
さざなみの波紋のような残響を感じさせる繊細な音とか、よかったです。
私が行くライブでこういう演奏を聴くこともあまりないですね。

お次がDORAMARUさん。こちらは電子楽器装備。
シンセサイザーにサンプラーに、音を録音して繰り返すリピーターとか。リピーターを使って音を次々と重ね合わせていきます。
それらを使った即興とか。通しで1曲。
ほんとうによくそういう音楽を構築できるものだと思いました。

梶山シュウさん。広島の方。これも珍しいベースの弾き語り。梶山さんもリピーターを使い、音を重ね合わせていきます。
ベースはフレットレスのエレキベースでした。ほんと、ベースでこういう風にやれるのかと。

航さんはピアノ弾き語り。航さんは大昔、独唱パンクで1度か2度拝見したことがあります。
なんていうのかな、自然体のような感じの方でした。

トリが日比谷さん。『逆牴牾参る』の最初の方~『ウスロヴノスチ』、んでもってカヴァー曲。
『ベビースキンの世界紀行』『終末のひととき』、『対話の可能性』を色々取り混ぜながらで〆。昨日はメガネをかけてる日比谷さん、でしたな。

生ビールが300円というので、ちょっとたくさん飲みました。ほんと、このくらいのお値段だと思わずたくさん飲んでしまうものです。貧乏性。
ネクストサンデーさんはけやき通りに面してるんですが、商店街のほうを通って帰宅。かなり遅いというのに阿佐ヶ谷七夕祭りのハリボテを作る人たちが作業していました。
去年、阿佐ヶ谷の七夕、私の好きなアニメキャラのハリボテがあったそうで、ちょっと見たかったです。今年は行こうかしら?

|

« 『マンガで分かる心療内科』① | トップページ | スイカのはなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『マンガで分かる心療内科』① | トップページ | スイカのはなし »