« 2TBのハードディスク | トップページ | 昨日も三上寛の詩学校・横浜 »

2010/06/04

地デジの道は茨道~2~

承前「地デジの道は茨道

さて、先日買ったアイ・オー・データ機器のPC用地デジチューナー、GV-MVP/HZ2Wですが、私の環境で使うには以下の問題点があることが判明しました。

私の環境(ケーブルテレビベースの共同受信システム)では、電波が強すぎてデフォルトでは地デジは受信不能である。「mAgicマネージャDigita設定」のデバイス設定から「強電界」ないしは「通常電界」(デフォルトは「弱電界」)を選択してやらないといけない。
ただし、スリープ(スタンバイ)からの復帰でその設定は狂うらしく(たぶん「弱電界」設定に戻る)、スリープからの復帰したあとの地デジ視聴&録画ができない。(深夜アニメ録画や昼間の留守録がおもな用途の私としては致命的な問題)
あとそれと、どうやらmAgic TV Digitalは電波が強すぎる場合でも「電波が弱すぎる」と警告を出すようです。

地デジってのは電波が弱すぎてはもちろん、強すぎてもうまく受信できないというのは今回はじめて知った知識でした。
で、電波が弱すぎるときにはブースター(増幅器)、強すぎる時にはアッテネーター(減衰器)という品物が必要なようです。

ブースターなら家電量販店に行けばいくつか置いてあるのですが。しかし、アッテネータはどうも扱いがないようです。
秋葉原あたりのアンテナとか品揃えが豊富な専門店に行けばあるかもしれません。ただ、ネットで調べるとアッテネータにはその減衰量によっていくつか種類があるようです。可変式のアッテネータもあるようですが、そっちは高そうです。本来ならきちんと電波の強さを測定すべきでしょうが、電器屋さん用にそういう品物があるとは思いますが、さすがにそこまでお金をかける気はありません。

アッテネータのお値段の相場もちょっとわからないです。
で、色々悩んでいたんですが、ネット通販で減衰量違いのアッテネータ3本セットで送料込み千五百円ちょっとというのを見つけて、それを発注してみることにしました。

届いたアッテネータセットは-6db、-10db、-15dbの3本セットです。で、いったんGV-MVP/HZ2Wのデバイス設定を「弱電界」にセットしてからこれらを色々つけてテストしてみました。
で、どうやら-10dbと-15dbの2本を直列に繋ぐといちばん感度がよさそうなのでそうしました。
アッテネータって単純に抵抗器と一緒で直列に繋げば減衰量はその和になるかどうか、いやだいたいアッテネータってこういう繋ぎ方していいものかは解りませんが。

これで再度スリープからの復帰での地デジ視聴&録画テスト。ま、うまくいくようです。
これでひと安心かしら。

ただ、まだまだGV-MVP/HZ2Wには問題があります。
リアルタイム(録画しない)地デジ視聴時に、音声にプチプチノイズが乗ります。また、視聴しているうちにだんだん画面がコマ送りになっていきます。ま、録画ではそんな問題は出ないようだし、録画用と割り切れば使えないことはないのですが。ここらへんはもうこちらでどうこうするレベルじゃない、ドライバかmAgic TV Digitalのバクの問題なのでしょう。

どうやらアイ・オー・データ機器は新しい地デジチューナー、GV-MVP/XSWとGV-MVP/XSを出すようですね。GV-MVP/XSWの方は欲しかったPCI Express&ツインチューナー仕様でたいへん魅力的なのですが。ただ、現状のアイオーの地デジチューナーのヘタレっぷりを見ると手を出すのにいささかの躊躇を感じます。ま、人柱待ちかしら?
ま、いまのコピーガードでがんじがらめになってる、自作PCにとっては色々頭の痛い問題を抱えている地デジ事情ですから、“抜ける”地デジチューナーの方がはるかに魅力的ですが。

何度か書きますが、B-CASによって地デジのコピーガードを行っているなら、コピーガードはB-CAS*のみ*に依存して行って欲しいです。PCのパーツ類を交換しようが、丸ごとPCを買い替えようが、B-CASのみ同じものを使っているなら録画が見られるようにして欲しいものです。もちろんB-CASが故障したり破損した場合の再発行システムもきちんとやって。

こういう要望、どこか間違ってますかね?
いや、だいたい、こういううんざりするコピガシステムそのものを廃止して欲しいものですが。

日本は集約農業の国。狭い市場に、ひとすじの漏れも無いように鵜の目鷹の目で監視の目を光らせて、根こそぎ収穫していく、そういう習性が身にしみていると思いますが。でも、その手法は粗放農業の国、広い農地を使い、多少の収穫漏れは気にせず、収量を最大にすることを目指す手法の国に負けてしまいました。

CD周りの著作権をガチガチに固め、ポータブルプレイヤーもそれに即したかたちで著作権保護をガチガチに固めたせいで、せっかく日本が開拓したポータブルオーディオの市場を失ってしまった経験をまだ活かせないのかな?そこらへんゆるやかにやってれば、iPodなんか流行らずに、みんなまだWALKMANを使っていて、そしてみんな「WALKMANの新型はどうなるんだろう」って、心待ちにしていたんじゃないかな?

その結果はおいおい出てくるでしょう。
いい予感はしないけど……。

ま、閑話休題。

地デジ化するにはあとBD-Rドライブが必要ですな。
そこらへんもまだ色々研究しなきゃ。

|

« 2TBのハードディスク | トップページ | 昨日も三上寛の詩学校・横浜 »

コメント

アイオーより6月14日付で新しいサポートソフトが公開されていますが。
直接(録画じゃない)の視聴でプチプチノイズが入る現象とコマ送りになる現象は解消されていません。

投稿: BUFF | 2010/06/15 10:00

*自己レスです
このあとGV-MVP/XSWを買いました。
その感想は『地デジの道は茨道~4~』
http://buff.cocolog-nifty.com/buff/2010/07/post-e70b.html
にて

投稿: BUFF | 2010/07/16 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2TBのハードディスク | トップページ | 昨日も三上寛の詩学校・横浜 »