« 『化物語』最終回「つばさキャット 其ノ伍」 | トップページ | 『対話の可能性#8』 »

2010/06/30

『輸送船入門』

『輸送船入門 日英戦時輸送船ロジスティックスの戦い』(大内建二:著 光人社NF文庫)
読了。第2次世界大戦における日本軍と(主に)英軍の補給戦を紹介した本です。

この光人社NF文庫の旧軍の艦船紹介シリーズ、「~入門」は面白く、また読みやすくて好きです。ちょくちょく買ってます。今回は輸送船入門という事でちょっと軍艦とは離れていますが。でも逆に、今まで読んだ戦記、艦船の戦いを描いた戦記とは毛色が違って面白かったです。
この輸送船の戦いを描いた書籍は『海上護衛戦』ってのを読んでますが。もう内容は忘れてしまっていて…。

旧軍が輸送・補給というのをないがしろにしていたのは周知の事実でありますが。まぁだから本書もワンサイドゲームでボコられる日本の輸送船を描いたものになってしまってますが。
いやまぁ日本軍が輸送船護衛に力を入れていたとしても、太平洋戦争の日本敗戦は変わらず、かわりに原爆が3発以上落ちていた可能性もありますが…。

弟一章は「日本戦時商船隊・苦闘の歴史」として、日本の商船隊のたたかいを概観しています。

日本陸軍は自前の輸送船を持っておらず、民間の船を徴用して輸送にあてていたそうです。また、その見返りに、平時は民間と協力して船会社に資金を融資していたそうですが。

太平洋戦争序盤の版図の拡がりにつれて、長くなる補給線。
連合国軍の新兵器・新戦法で次々沈められる日本の輸送船。それに対してまともな対策も立てられない日本軍。さらに沈められていく輸送船。

日本商船の乗組員の犠牲率は50パーセント近くだったそうです。それに対して日本陸海軍全将兵の犠牲率は19パーセントとか。もちろん軍隊なら後方勤務もいますし、それに対して商船の乗組員は全員最前線任務と言えるでしょうが。

船の解説も。陸軍は船は“艦”と呼ばず“船”と呼んでいたそうです。運航は民間の船員が担当していたせいもあるのでしょうが。
急ごしらえで自衛用の大砲や機関銃砲を積んだ商船。兵士の輸送に貨物船を転用したせいで兵たちは普段は劣悪な環境に耐えねばならず、また敵の攻撃を受けて船が沈むときは逃げにくく、船と運命を共にしてしまうことが多かったとか。

戦時標準船。急ごしらえのための劣悪な設計の船。そういえば谷恒生の冒険小説に『戦時標準船荒丸』ってのがあって、とても面白かったのだけど。

また、日本陸軍の強襲揚陸船についての解説もありました。船内や甲板上にたくさんの上陸用舟艇を積んで、それに兵士や貨物を積んだ状態で船尾のランプやクレーンを使って海に下ろし、一気に兵士や貨物を陸揚げするための船。
さらにその船に飛行甲板を張って、空母として運用もされる予定だったとか。陸軍空母ですな。

逆に海軍の輸送艦のおはなしは出てきません。船尾が傾斜していて、上陸用舟艇をそのまま下ろせる一等輸送艦とか、艦首に折りたたみ式のランプがついていて、浜辺に乗り上げてそこから兵士や貨物を下ろす二等輸送艦とか。また、陸軍の輸送用潜水艇「まるゆ」とか。そこらへんも書いてあるとよかったかなと。

第二章は「日本戦時商船隊 悲劇の実録」として、ここの商船、商船隊の悲劇のエピソード集となってます。

日本商船の被害は太平洋戦争開戦前から発生していたようです。ソ連軍の浮遊機雷によって。そして8月15日の敗戦後も国籍不明(たぶんソ連の)潜水艦に商船が沈められるという悲劇も発生しているそうです。

疎開児童の犠牲者をたくさん出した対馬丸事件。(児童だけを載せて病院船みたいな扱いにはできなかったのかしら?)
防御の薄さからなすすべもなく壊滅していく船団。

ここから筆はヨーロッパ戦線に移り、第三章は「イギリス戦時商船隊・苦闘の歴史」

初期はUボートなんかに沈められまくったイギリス商船隊、しかし新兵器と新戦法で徐々に対抗していき、大戦末期には被害は劇的に減少したと。
ここらへんは日本と好一対なのだけど。

ただ、あとがきでも触れられていますが。だいたい英国海軍はもともと商船隊の護衛から始まった、帆船時代からの長い歴史があり、第1次世界大戦でも苦渋の経験をしてきたと。商船隊と海軍は車輪の両輪として英国の版図を拡げる役割を担ってきたと。
翻って日本では開国してからせいぜい七十数年の歴史しかなく、補給戦の大切さ、船団護衛の大切さがじゅうぶん身に沁みてなかったと。そういう原因があったようです。

そして第四章は「イギリス・ドイツ商船隊 悲劇の実録」と題し、第二章と同じく戦禍に見舞われたイギリスやドイツ商船の悲劇のエピソード集となってます。
こちらも防備が手薄のため、壊滅的被害をこうむった船団のエピソード、対馬丸と同じく疎開児童に多くの犠牲者を出した悲劇。そして海難史上最悪の9千人以上の犠牲者を出したドイツ商船、ヴィルヘルム・グストロフ号の撃沈など。

ほんと、大変興味深く拝読しました。いろいろ知ることも多く、面白かったです。
おススメ本であります。

|

« 『化物語』最終回「つばさキャット 其ノ伍」 | トップページ | 『対話の可能性#8』 »

コメント

私は戦時中5隻の輸送船で挺身。辛うじて最後に乗った向日丸(むかひまる)だけが奇跡的に生き残りましたので、これらの船の体験記を表記サイトで公開しています。
 巷には勇ましい軍艦の戦記が出回っていますが、日本の敗因は戦略資源枯渇なので、もっと海上護衛戦略を図るべきだったと悔やまれます。拙い手記ですが、多くの仲間が海底の藻屑となったので、せめて生き残った者の一人として彼等の代弁にとつとめています。

投稿: KK | 2010/12/23 20:39

KK様
この平和で豊かな時代に生きている者として、あの時代のあの状況、想像することすら困難でありますが。どんなに想像しても想像しきれるものではないと思いますが。
敬意を感じております。私がここでこうして平和で豊かな時代を謳歌できているのも皆様方のおかげであると思っております。

投稿: BUFF | 2010/12/24 16:57

実は下記文庫本の第六章「ソ連機との戦い」に向日丸のことが載っていますので厚かましく付記します。
 光人社NF文庫;戦時船員達の墓場

投稿: KK | 2010/12/25 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『化物語』最終回「つばさキャット 其ノ伍」 | トップページ | 『対話の可能性#8』 »