« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010/06/30

『輸送船入門』

『輸送船入門 日英戦時輸送船ロジスティックスの戦い』(大内建二:著 光人社NF文庫)
読了。第2次世界大戦における日本軍と(主に)英軍の補給戦を紹介した本です。

この光人社NF文庫の旧軍の艦船紹介シリーズ、「~入門」は面白く、また読みやすくて好きです。ちょくちょく買ってます。今回は輸送船入門という事でちょっと軍艦とは離れていますが。でも逆に、今まで読んだ戦記、艦船の戦いを描いた戦記とは毛色が違って面白かったです。
この輸送船の戦いを描いた書籍は『海上護衛戦』ってのを読んでますが。もう内容は忘れてしまっていて…。

旧軍が輸送・補給というのをないがしろにしていたのは周知の事実でありますが。まぁだから本書もワンサイドゲームでボコられる日本の輸送船を描いたものになってしまってますが。
いやまぁ日本軍が輸送船護衛に力を入れていたとしても、太平洋戦争の日本敗戦は変わらず、かわりに原爆が3発以上落ちていた可能性もありますが…。

弟一章は「日本戦時商船隊・苦闘の歴史」として、日本の商船隊のたたかいを概観しています。

日本陸軍は自前の輸送船を持っておらず、民間の船を徴用して輸送にあてていたそうです。また、その見返りに、平時は民間と協力して船会社に資金を融資していたそうですが。

太平洋戦争序盤の版図の拡がりにつれて、長くなる補給線。
連合国軍の新兵器・新戦法で次々沈められる日本の輸送船。それに対してまともな対策も立てられない日本軍。さらに沈められていく輸送船。

日本商船の乗組員の犠牲率は50パーセント近くだったそうです。それに対して日本陸海軍全将兵の犠牲率は19パーセントとか。もちろん軍隊なら後方勤務もいますし、それに対して商船の乗組員は全員最前線任務と言えるでしょうが。

船の解説も。陸軍は船は“艦”と呼ばず“船”と呼んでいたそうです。運航は民間の船員が担当していたせいもあるのでしょうが。
急ごしらえで自衛用の大砲や機関銃砲を積んだ商船。兵士の輸送に貨物船を転用したせいで兵たちは普段は劣悪な環境に耐えねばならず、また敵の攻撃を受けて船が沈むときは逃げにくく、船と運命を共にしてしまうことが多かったとか。

戦時標準船。急ごしらえのための劣悪な設計の船。そういえば谷恒生の冒険小説に『戦時標準船荒丸』ってのがあって、とても面白かったのだけど。

また、日本陸軍の強襲揚陸船についての解説もありました。船内や甲板上にたくさんの上陸用舟艇を積んで、それに兵士や貨物を積んだ状態で船尾のランプやクレーンを使って海に下ろし、一気に兵士や貨物を陸揚げするための船。
さらにその船に飛行甲板を張って、空母として運用もされる予定だったとか。陸軍空母ですな。

逆に海軍の輸送艦のおはなしは出てきません。船尾が傾斜していて、上陸用舟艇をそのまま下ろせる一等輸送艦とか、艦首に折りたたみ式のランプがついていて、浜辺に乗り上げてそこから兵士や貨物を下ろす二等輸送艦とか。また、陸軍の輸送用潜水艇「まるゆ」とか。そこらへんも書いてあるとよかったかなと。

続きを読む "『輸送船入門』"

| | コメント (3)

2010/06/29

『化物語』最終回「つばさキャット 其ノ伍」

いよいよ『化物語』最終回「つばさキャット 其ノ伍」の配信が始まりましたね。
ただ、問題は、前回前々回とだいぶ間があいてしまって、お話を忘れてしまってるんですが。なんつーかそれなんて『飢狼伝』?う~ん、バックナンバーも見られるようにしておいて欲しかったなと。セルソフトを買えばいいんでしょうが。

『化物語』はほんと、新房シャフト作品の集大成であり最高峰であると思いました。アヴァンギャルドというかシュールというか、そういう演出・画作りがとても効果的で印象的になってると。
大変面白く拝見しました。

(以下ネタバレゾーンにつき)

「障り猫」にとり憑かれた羽川翼に対峙する阿良々木暦。『化物語』では「するがモンキー」とかでもそうでしたが、それは翼の心の底に押し込めていた願望を発揮するための存在だったと。
羽川翼は阿良々木暦が好きだったと。それを押し込め、暦と戦場ヶ原ひたぎの仲を祝福する翼。しかし、心の底に押し込めた暦への思いが歪んでいき、「障り猫」のかたちで噴き出すことになったと。

翼にとり憑いた障り猫は、翼と暦の結縁を要求します。しかし、それはできないと、ひたぎとの事があると断る暦。それを聞き、暦を殺そうとする障り猫(と羽川翼)。いったんは殺されることを受け入れた暦、しかし、暦は、翼が自分を殺せばひたぎは翼を許さないと、翼を殺すと、それに気がつき。ま、そういうかたちで殺されるわけにはいかないと助けを求めます。

暦の影から現れる、暦に取り付いていたヴァンパイアの成れの果て、忍野忍。彼女は障り猫のとり憑いた羽川翼に飛び掛り、エナジードレインをもって彼女を制圧します。

そしてラスト、暦たちの元から忍野メメは姿を消し。

続きを読む "『化物語』最終回「つばさキャット 其ノ伍」"

| | コメント (0)

2010/06/28

映像の地下水脈#18

26日の土曜日は、かわなかのぶひろ先生の上映会、「映像の地下水脈#18」にお邪魔してきました。

当日の上映作品は、若手ゲスト作品として磯部真也さんの作品、
「dance」(8ミリ→DV/5min/2009)
「EDEN」(16ミリ→DV/24min/2010)
の2作品。
そしてかわなかのぶひろ先生の旧作として
「夢の繪」(DV/40min/1999)
新作として
「アレから五年 part2」(20min/2010)
の2作品でした。

磯部真也さんの作品。
「dance」はバルブ撮影というのを駆使した作品だそうです。
私はよく解らないのですが、シャッターを開きっぱなしにして長時間露光させる手法とか。
独特の空気感が生まれるそうです。
そして、とても手間のかかる手法とか。

室内の風景とか。女性のモデルさん。そのモデルさんの動きも計算されつくしてないと狙った効果は生まれないとか。
コマ撮りっぽく、高速で動くモデルさんの姿、そして窓の外、夜明けから日没まで。つまり、夜明けから日没までかけて、ほんの短いシーンなんですが、撮影したようです。
そういう手間のかけ方、ぼっとします。

「EDEN」は今年のイメージフォーラム付属映像研究所の卒展でも拝見した作品。
テーブルの上、湯気の立つ紅茶、古びたカセットプレーヤーから途切れ途切れに聞こえてくる歌声。カメラが引くと、そこは廃墟の一室。
岩手にある炭住の廃墟だそうです。山腹に忽然とそびえる団地の廃墟。緑したたる夏の?景色、そして冬、雪に閉ざされた様子。

かわなか先生と磯部さんのお話があって。
廃墟、人はなぜ廃墟に惹かれるのでしょうかしら?そういう話があって。
私は鈴木志保の「ヘブン…」という漫画を思い出しました。
世界のはてのゴミ捨て場にひとり暮らす少女の台詞。
「私は好きよココ。すべてはもう終わったもので、なんにもわたしを傷つけないもの」(「ヘブン…」160-161p)

本作はイメージフォーラムの卒展でも拝見したのですが。ちょっと短い?と思ったら、再編集されたそうです。
かわなか先生と磯部さんのお話でも、編集の難しさという話が出ていました。何度も素材を見ていると、作者は全部解ってるから短くし過ぎてしまいがちだと。

ほんとに編集というのは難しいものかと思います。

先日、携帯カメラで撮った動画を編集してみたのですが、ほんと、カットの長さはどのくらいにしたらいいかほんと解りませんでした。長くしてみたり短くしてみたり。

続きを読む "映像の地下水脈#18"

| | コメント (1)

2010/06/23

地デジの道は茨道~3~

さて、PCの地デジ化というと避けて通れないのがBD-Rドライブであります。
録画した番組をとっておくのにいちばんいい方法は、録画用ハードディスクを差し替え式にする方法だと私は思ってます。今なら2Tのハードディスクが1万円切ってますし。

ただ問題は、どうやらPCのマザーボード交換レベルで録画した地デジは見られなくなるってことです。
例えばアイオーデータのPC用地デジチューナーの仕様にある注意書き。
http://www.iodata.jp/product/tv/tidegi/gv-mvphs/spec.htm
>録画時のパソコンのマザーボードを交換した場合には、それまでに録画した番組が再生できなくなります。(下の方の「注意事項」の項)
とあります。
なので、録画した番組はこまめにBD-Rとかに焼いた方がいいようです。

ここらへんの地デジのコピーガード、ほんとうにウザいと思います。コピーガードはB-CASにのみ依存するようにできないかしら?
録画した番組はその時使われたB-CASカードが挿さっているPCなら再生できるってできないかしら?カードじゃなくてドングルみたいなUSBに挿せるパーツにして。もちろん壊れた場合の再発行システムも完備して。それでもじゅうぶんなコピーガードシステムじゃないかな?
なんかほんと、地デジのコピガって重箱の隅をつつきすぎて重箱を壊してる感じがしますがね?

とまれ。

ま、BD-Rドライブも買い調えようかなと秋葉原へ。

続きを読む "地デジの道は茨道~3~"

| | コメント (0)

2010/06/22

『記憶はウソをつく』

『記憶はウソをつく』(榎本博明:著 祥伝社新書)
読了。

私は高校時代から寺山修司の本を読みはじめました。
寺山の本には「作りかえられない過去なんてない」「過ぎゆく一切は“物語”に過ぎない」っていう類のフレーズがよくあって。
高校時代、このフレーズを読んだ時は、「寺山修司ってすごいこと言うな、かっちょいいな」と思っていたのですが。
それから幾星霜、今の私は、「過去の作り変え」つまり記憶の改変というのは、意識的にしろ無意識的にしろ、人として当たり前にやってること。心のメカニズムのひとつだと思うようになってきました。
そういうのは人の心の不思議さ、面白さのひとつであると。

過去が遠ざかって枝葉が落ちる場合もあるでしょう。また、自分が悪かったのに耐えられず、誰かのせいにする思い出もあるでしょう。お互い顔を見るのもうんざりして別れたカップルも、それから数年たてばそれを美しい、甘い思い出にすることもあるでしょう。

「記録」と「記憶」は別物。私はむしろ「記憶」を愛したいですが。

さて、で、そういうメカニズムについて解説した本をいろいろ読みたいなと思ってます。
で、本書を手に取った次第。

本書では、冤罪事件に焦点化しつつ、記憶の不思議を追及している。あってはならない冤罪が、現実には数多く存在する。そこに記憶のウソがいかに深くかかわっているかを示そうと試みた。
記憶の植え付け、想像と現実の混線、無意識への抑圧神話、事後情報による記憶の変容、目撃証言を誤らせる条件、対話の中で誘導され変容する証言や判断など、冤罪事件生み出すさまざまな要因がある。それらはすべて記憶に絡んだものである。(205p「あとがき」)

私はもうちょっと日常的なものに即した解説書が読みたかったのですが。本書では記憶の改変がいちばんクリティカルな影響(被害)を及ぼす冤罪事件にフォーカスしていますが、それでもいろいろ面白かったです。

続きを読む "『記憶はウソをつく』"

| | コメント (2)

2010/06/21

久しぶりに母檸檬さん

昨日は池袋ライブinロサへ。ARTiSMさん企画?『奇奏ト狂唱ノ宴第5章「人間失格」太宰治生誕101廻記念。』に行ってきました。

母檸檬さん久々のライブということで。

去年の秋、母檸檬さんは色々あったようです。ボーカルの御手洗花女さんとドラムスの宇津先生が脱退するということになりました。
その件について私はほとんど知らないし、知りたくもないし、知る権利のある立場でもありません。
バンドの人間関係、色々あるかと思いますし、外部の人間が云々する権利はないと思ってます。それを受け入れられるか、受け入れられないか。だと思います。

母檸檬さんは御手洗花女さんと御手洗水子さんのおふたりがボーカル、そして楽団さんという編成のバンドだと認識していました。
ボーカルの片方の花女さんが脱退して。楽団さんはけっこうメンバーの入れ代わりが激しかったのですが、それでもいつもいて、MCも愉快だった最古参の宇津先生が脱退して。

ほんと、これからどうなるんだろう、どうするんだろうと気を揉んでいたのですが。

今回、ほんと久しぶりの、そして新体制での、母檸檬さんでした。
これは見届けねばと思いつつ、でもやっぱり見るのもちょっと怖いまま、でも、見届けようと思って、今回のライブを予約しました。

当日のご出演バンドは
無花果(ムカノカ)ノスタルジアさん、
国立少年(ナショナルキッド)さん、
ゾンビロリータさん、
ストロベリーソングオーケストラさん(from Osaka)さん、
Speetrum-X(fromイタリア)さん、
ぐしゃ人間さん、
そして、母檸檬さんでした。

続きを読む "久しぶりに母檸檬さん"

| | コメント (0)

2010/06/17

内田樹『街場のアメリカ論』

『街場のアメリカ論』(内田樹:著 文春文庫)
読了。

どうやら内田樹の著作、「街場の~論」ってのがシリーズみたいにあります。
寺山修司の「さかさま~」シリーズみたい。

私は高校時代、寺山修司と出会いました。『さかさま世界史』(英雄伝のほうか怪物伝のほうかは忘れましたが)が最初に買った寺山修司の本。それから「さかさま~」シリーズのエッセイ集をいろいろ読みました。
既存の価値観、評価というものを、違った視点、筆先のアクロバットで鮮やかかつ軽やかにひっくり返してみせる寺山修司の「さかさま」シリーズは、鬱屈した高校生活を送っていた私にとって、一服の清涼剤でした。

内田樹のエッセイも同じ、既存の価値観や評価、物の見方というものを鮮やかかつ軽やかにひっくり返して「そーだそーだ」と納得させる、目からウロコを何枚も飛ばしてくれる、その書きようが大好きです。

で、今回は『街場のアメリカ論』。
まず目次から紹介しましょうかしら。

まえがき-自立と依存
第1章 歴史学と系譜学-日米関係の話
第2章 ジャンクで何か問題でも?-ファースト・フード
第3章 哀しみのスーパースター-アメリカン・コミック
第4章 上が変でも大丈夫-アメリカの統治システム
第5章 成功の蹉跌-戦争経験の話
第6章 子供嫌いの文化-児童虐待の話
第7章 コピーキャッツ-シリアル・キラーの話
第8章 アメリカン・ボディ-アメリカ人の身体と性
第9章 福音の呪い-キリスト教の話
第10章 メンバーズ・オンリー-社会関係資本の話
第11章 涙の訴訟社会-裁判の話
あとがき
文庫版のためのあとがき

解説 町山智浩
といった按配。

もともとは内田樹が大学で「アメリカン・スタディーズ」という演習をやった時の講義録を元に起こされたものだそうですが。かなり手が入っているらしく、読んで直には講義という感じ、語り口調ではありません。

続きを読む "内田樹『街場のアメリカ論』"

| | コメント (0)

2010/06/14

アングラ喫茶★東京 奇跡の復刻版

昨日は渋谷のWASTED TIMEへ。
「音彩meetsアングラ喫茶★東京 ~幻のイベント「アングラ喫茶★東京」奇跡の復刻版」というライブイベントに行きました。日比谷カタンさんご出演ということで。
「奇跡の復刻版」というのは、5年ぶりの「アングラ喫茶★東京」だからだそうです。

アングラ喫茶★東京は、自分のネット日記を検索すると、青い部屋で開催されていたころの2004年12月のオールナイトverにお伺いしてました。日比谷カタンさんご出演という事で。
ほんと、ネット日記をつけてると色々便利だわ。もう8年以上になりますし、アーカイブとしての貌を見せ始めたかなと。
あと、Noroさんご出演の他の青い部屋のライブも行った事があるようです。

私が日比谷カタンさんを初めて見たのは2002年冬、青い部屋での「クッタブタ祭り」。お目当ての三上寛さんの対バンとしてでした。ちょうど日比谷さんがアングラ喫茶★東京にレギュラーでご出演していたころかしら。

そのときは「うまい人だなぁ」くらいの印象しかなかったのですが。翌年、これも三上寛ファンクラブ仲間の方の演奏がお目当てに行った独唱パンクに日比谷さんがご出演で、その時、日比谷さんの演奏にドはまりしたのだけど。

それ以来、日比谷さんのライブに足しげく通いましたが。しかし、5月はとうとう日比谷さんのライブに行きませんでした。手元不如意&引きこもりをこじらせて。結局ライブハウスには行かず、5月に拝見したライブはデリシャさんの中野駅横の広場の野外ライブとチムニーさんの展覧会のチルチル座さんのミニライブだけでしたな。

という訳で、久しぶりのアングラ喫茶という事で、今回お伺いすることにした次第。

当日のご出演は
Beeさん(バーレスクショー)
maymayと華麗なる楽団さん、
レモンさん、
日比谷カタンさん、
そして、司会進行役でもあるNoroさんでした。

続きを読む "アングラ喫茶★東京 奇跡の復刻版"

| | コメント (0)

2010/06/07

昨日も三上寛の詩学校・横浜

昨日も三上寛さんの詩学校に行ってきました。
だいたい月一のペース、今回も参加できました。

今回の参加人数はちょっと多目だったかしら?

ほんと、三上寛さんに自分の書いたものを見て頂くというのはありがたいことです。
褒めていただきましたが、自分でどれだけレベルが上がってるのか。
自分の好きな詩の世界を構築している詩人やミュージシャンさんたちにはまだ程遠いかと。
そしてまだまだ精進してないあたくし。

続きを読む "昨日も三上寛の詩学校・横浜"

| | コメント (2)

2010/06/04

地デジの道は茨道~2~

承前「地デジの道は茨道

さて、先日買ったアイ・オー・データ機器のPC用地デジチューナー、GV-MVP/HZ2Wですが、私の環境で使うには以下の問題点があることが判明しました。

私の環境(ケーブルテレビベースの共同受信システム)では、電波が強すぎてデフォルトでは地デジは受信不能である。「mAgicマネージャDigita設定」のデバイス設定から「強電界」ないしは「通常電界」(デフォルトは「弱電界」)を選択してやらないといけない。
ただし、スリープ(スタンバイ)からの復帰でその設定は狂うらしく(たぶん「弱電界」設定に戻る)、スリープからの復帰したあとの地デジ視聴&録画ができない。(深夜アニメ録画や昼間の留守録がおもな用途の私としては致命的な問題)
あとそれと、どうやらmAgic TV Digitalは電波が強すぎる場合でも「電波が弱すぎる」と警告を出すようです。

地デジってのは電波が弱すぎてはもちろん、強すぎてもうまく受信できないというのは今回はじめて知った知識でした。
で、電波が弱すぎるときにはブースター(増幅器)、強すぎる時にはアッテネーター(減衰器)という品物が必要なようです。

ブースターなら家電量販店に行けばいくつか置いてあるのですが。しかし、アッテネータはどうも扱いがないようです。
秋葉原あたりのアンテナとか品揃えが豊富な専門店に行けばあるかもしれません。ただ、ネットで調べるとアッテネータにはその減衰量によっていくつか種類があるようです。可変式のアッテネータもあるようですが、そっちは高そうです。本来ならきちんと電波の強さを測定すべきでしょうが、電器屋さん用にそういう品物があるとは思いますが、さすがにそこまでお金をかける気はありません。

アッテネータのお値段の相場もちょっとわからないです。
で、色々悩んでいたんですが、ネット通販で減衰量違いのアッテネータ3本セットで送料込み千五百円ちょっとというのを見つけて、それを発注してみることにしました。

続きを読む "地デジの道は茨道~2~"

| | コメント (2)

2010/06/03

2TBのハードディスク

さて、PCの地デジ化を進める上で、やっぱり気になるのがハードディスク容量です。
いま、アナログ録画&データ用ドライブとしてSeagateのBarracudaATA1TBモデルを使ってますが。積読録画が溜まってきてけっこう苦しい状態です。
さら容量を食う地デジ録画になると、あっという間に1Tぐらい食いつぶしてしまうかと。
私の設定だと、30分アニメがアナログ録画で1.2Gくらい、地デジ録画で3G台半ばまで行ってしまいますし。

んで、最近Western Digital製の2TBのHDDが1万円前後で売られているようです。
ま、あたしはSeagateのBarracudaATAシリーズをずっと使っているのですが、久しぶりにWDのHDDを使ってみることにしました。

初めて買ったパソコンはGageway2000の奴だったんですが、積んでいたHDDはWD製でした。
だから、しばらくはWDのHDDを何となく買ってました。そのころのおなじみブランドでした。
私、HDDが使用中に故障した経験は2回だけあります。ひとつは一時期話題になったインド製のHDD、もうひとつは残念ながらWD製のHDDでした。

ま、涙が出るような壊れ方をしてね。会社PCに流用して使っていたのですが。妹の結婚式で帰省している間に具合が悪くなったらしく、あわてて新しいHDDを買ってきて、データをそっちに移したとたん、うんともすんとも言わなくなってしまいました。最後の最後までよくこらえてくれたと。あるいはさみしかったのかなぁと。

ま、残念だけどそれからWDはやめようと思って、パソコン雑誌を見て研究してるとIBMのがいいっぽい記事を見かけて、それからIBMに行きました。それからなんかIBMのHDDがブームになって面白かったです。

それからIwillのRAIDカード、SideRAID66を巡る苦労があって。で、BBSに質問を書き込んだりしているうちに自作PCの達人さん何人かと知り合いました。
その方の大おススメがSeagateのBarracudaATAでした。

当時のATAのHDDは5千回転台でした。しかし、BarracudaATAは7200回転を誇るHDDでした。そして、もともとはSCSIのハイエンドHDDのモデル名だった“Barracuda”をATAのモデル名に持ってくるぐらいのSeagateの気合の入れようでした。
Seagateには1万回転のSCSIHDD“Cheetah”シリーズもあって、こっちもATAに降りてくるのかなと思ってたら、こっちは降りてきませんでしたな。

んで、それからずっとHDDはBarracudaATAシリーズを愛用しています。ま、これも“友情”の名残なのかしら?ただ色々考えて選ぶのがめんどくさいだけだったりして……。

いや、閑話休題。

続きを読む "2TBのハードディスク"

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »