« 『放課後プレイ2』 | トップページ | 汽車の思い出 »

2010/05/28

地デジの道は茨道

地デジについては色々迷ってました。
まず私の場合、PCに地デジチューナーつけてってかたちになるのですが、どうも色々ややこしいっぽいです。
ま、それはすべてコピーガードに由来することなのですが。

まずB-CAS。こいつがとってもいやらしいです。
意味不明でいやらしいです。

PCの場合、どうやらマザーボードを交換しただけでもハードディスクに録画した番組が見られなくなるそうです。これは自作PCユーザーにとってきわめて頭の痛い問題です。
つか、コピーガードのためのB-CASカードなら、いっさいのコピーガードはB-CASカードに依存するのではないの?
B-CASカードさえ使い回せばマザー交換だろうがPCそのもの交換だろうが見られるようにするのがスジなのでは?いくつかのPCソフトに存在するドングルみたいに。

なんか意味わかんねーよ!

ま、しかし、来年7月にアナログ放送が見られなくのは必定っぽいですし。
もうテレビ見るのやめようか。どうせ見たいのはアニメくらいだから、そういういのは通販レンタルとかにすればいいじゃない、画質もずっといいんだし。とか思ってたのだけど。

ま、でも、ちょっとPCで地デジを試してみるのもいいじゃないか。それでどうしようもないと判断ついたらテレビは諦めればいいんだし。とも最近思うようになってきました。

で、地デジ完全移行の一年前、今時分あたりにちょっと導入してみようかと思いました。
今時分導入して、6月いっぱい使ってみて、7月からの夏クールから本格運用ってかたちにできますからね。

買ってみたのはアイオーデータのGV-MVP/HZ2Wという品物です。
USB接続の品物です。個人的にはUSB接続はどうも嫌なんですが。USB周りの相性を起こす可能性もありますし、増設カードタイプでPCに内蔵してスッキリとやりたいし。

理由としては。

しばらくは地アナと地デジ、並行利用したいと思っているのですが。今使ってるアナログキャプチャカードは同じくアイオーのGV-MVP/GXWです。Wチューナーで2番組同時録画できる品物。だから、地デジも同じくWチューナーで2番組同時録画にしたいと。そしてWチューナーでなおかつGXWと同時使用可能と明記されている地デジキャプチャはこのアイオーの品物しかなかったのです。
つか、なんでPCIかPCIExpressでWチューナーの品物がないんだ?>アイオー
(追記:出るようですな)

お値段はAMAZONが底値をつけているみたいで、1万2千円ちょっと。ま、GXWの半値ですな。
これで“使える”Wチューナー品が買えればシメたものなんですが。

100528_1

これがGV-MVP/HZ2W本体。タバコは大きさ比較用です。ほんと、小さいですな。
ケース上部はご覧の通りツヤツヤです。
前部中央にパイロットLEDがついてます。
録画や視聴中に点灯するLEDとかはありません。
B-CASカードスロットは底面にあります。。

100528_2

同梱品と。添付品はUSBケーブル、ドライバ&ソフトウェアCD-ROM、導入ガイドリーフレット、mAgicTV Digital(アイオーのデジタル放送録画&視聴ソフト)の簡単な使い方のガイドリーフレット、注意書きのリーフ、それからB-CASカードと添付書類ぐらいです。
保証書は箱の“ベロ”に印刷されているので、箱を捨てる時はその部分を切り取って保管しておくのをお忘れなく。

さて、いよいよ導入です。期待と不安の瞬間ですな。

まず最初にアイオーのサイトから最新のソフトを落としてきて。
で、導入はちょっと面倒です。まず最初に添付CD-ROMからmAgic TV Digitalをインストールします。そしてそれをまたアンインストール。そして改めてダウンロードしてきた最新mAgic TV Digitalをインストールしてやります。ライセンスの件とか絡んでくるんでしょうが、いろんなツール類もセットアップされるみたいでインストールには時間がかかるし、インストール&アンインストール共に再起動しなくちゃならなくて、むちゃくちゃ面倒です。それからダウンロードしてきたファイルに含まれてる最新ドライバをインストールして。

そして、HZ2WにアンテナとUSBケーブル、B-CASカードをセットしてパソコンに繋いでやります。認識とかはうまくいったみたい。
で、説明書通りまず受信可能局を探すため、チャンネルスキャンをかけてみたのですが。まったく1局も認識されませんでした。がーん。

ま、こういう事例もありえると事前情報は得ていたのですが。どうも地デジというのはややこしくて、電波が弱過ぎてももちろん、強過ぎてもダメだそうです。で、電波が弱過ぎるときはブースターを、強過ぎるときはアッテネータ(減衰器)というのをかまさないといけないそうです。

ま、まず地デジが来てなかったというお間抜けは置いといて、私のアパートだと出力不足というのはまず考えられない環境です。たぶん、原因とすれば出力が強過ぎるのでしょう。でも、アッテネータは持ってないし、どうしよう、と考えたのですが。アンテナプラグをわざと浅く挿してみたり…。

ふと気がついて、ビデオデッキ経由で繋いでみることにしました。電波が弱まるかなぁと思って。そうすると電波が弱まったのか、不安定ながらもある程度は地デジが見られました。

ま、アッテネータは買うべきなのかなぁ。しかしネットでアッテネータを検索してみると、その減衰量の差でいくつか種類があるみたいです(可変タイプもあるみたいだけど、そうなるとけっこう高価です)。測定器もないのにそこまで解るか!と思ってさらに情報を調べると、どうやらHZ2Wにはゲインコントロール機能がついてるみたいです。

で、ヘルプをあちこち検索してやっとこさ見つけました。

100528_3

mAgicマネージャDigital設定から、「デバイス」タブをクリック、で、デバイス名として表示されてるGV-MVP/HZ2Wを右クリックして「デバイス固有の設定」に入ってやります。そうするとこの写真のように電界設定が「強電界」「通常電界」「弱電界」の3通り選べます。どうやらデフォルトは「弱電界」のようです。

私の場合は「強電界」ないし「通常電界」にすれば地デジが見られるようになりました。
(あと、WチューナーなのでHZ2Wは2つ表示されていますが、別個に設定はできません。片方の設定を変えるともう片方の設定にも反映されます)

ここらへんいちばん最初でつまずく部分だし、マニュアルにもこの設定変更は明記しとかないといけないのでは?つか、ここらへん自動設定できんか?ソフト的に。

で、これでいいかなと思って今度は予約録画のテストに入りました。
わたしはGXWで録画する時はスリープから自動復帰して、録画終了後またスリープに入るように設定してあるのですが。同じようにHZ2Wも設定してみました。

しかし、どうもエラーが出て録画できません。

で、試しに地デジを見ようとするのですが。どうも「電波が弱すぎる」(こいつはどうも電波が強すぎてもこのメッセージを出すっぽいです)と表示されて映りません。
つまり、スリープから復帰すると地デジが受信できなくなるようです。

で、ゲインコントロールの問題かな?と、もういちどビデオデッキ経由でアンテナ線を繋いでみたんですが。こうすると少々不安定ながらも使えます。どうやらスリープから復帰すると先ほどのデバイス設定の電界設定が狂うみたいです。
また、mAgicマネージャDigitalをいったん終了させてから再起動すると録画も視聴もできるみたいです。だから、ドライバというよりmAgicマネージャDigitalのバグが問題なのかと思いますが。
ま、やっぱりアッテネータがいるっぽいですな。しかし量販店程度じゃ見かけないみたいです。秋葉原とかのアンテナ関係の専門店でも行かないとダメっぽいです。

最後に使用感ですが。

まず、地デジ視聴時の動作は全体的にもっさりしています。立ち上げもチャンネルの切り替えも。
そして、音声にプチプチノイズが乗る傾向があるようです。録画ファイルは問題ないようですが(まだ1番組しか録画に成功してないけど)
ま、「それ以前」の問題があるからその件はあまり気になりませんが(爆)
あと、データ放送を使うには、リモコンがないと少々使い勝手が悪いです。

アイオーにはソフトの改良を強く求めます。アナログ時代のアイオーのGV-MVP/GXWは私のPCでもいちばんの古株パーツで、愛用してきて気に入ってる私ですが、やっぱりこれではアカンだろと。

ぶっちゃけて言えば、GV-MVP/HZ2Wは残念だけどおススメできるレベルの品物ではありません(涙)。もちろんノートラブルで愛用されている方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが。
じゃあ、おススメの品物は何かといわれると皆目見当もつきません。つか、誰か私におススメして(爆)
しかし地デジ視聴が安定しても、今度はHDD増設&BD-Rドライブ導入と色々あるんだよなぁ。完全地デジ化を遂げるには。

地デジの道は茨道。

まず、アッテネータを探すか…。

地デジの道は茨道~2~に続く)

P.S.
私のPCの構成を最後に
OS:Windows7 Home Premium 32bit
MB:Gigabyte GA-MA785GT-UD3H
CPU:Phenom II 945(3Ghz*4)
VGA:RADEON HD 4770

|

« 『放課後プレイ2』 | トップページ | 汽車の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『放課後プレイ2』 | トップページ | 汽車の思い出 »