« そして詩学校 | トップページ | 『かってに改蔵 新装版』 »

2010/04/21

三上寛さんのライブ

昨日は高円寺の無力無善寺に三上寛さんのライブを見に行きました。
寛闊(三上寛公式ファンクラブ)の方の企画ということと、5月4日は三上寛さんの無善寺ライブがないということで。

寺山修司の月命日の毎月4日に三上寛さんは無力無善寺でライブされてます。で、祥月命日の5月4日は、昼は高尾霊園の寺山修司のお墓にお参りして、夜は無善寺で三上寛さんのライブというのをここ数年の慣例にしてました。ただ、今年5月4日は三上寛さんの大事な予定があって、無善寺のライブはないということでした。それはそうです。ただ、その予定がちょっと変更になって、5月4日は別のところでのライブになるようです。

寛闊の方の企画ということで、寛闊の集まりでよくお会いしていた方のステージもあって。
「こういう音楽をなさっていたのか!」と驚いたり。
で、やっぱり、三上寛ファンの皆さんですから、そして無力無善寺という場ですから、独特の空気を醸し出していた、レベルの高いライブだったと思います。

敬々さんもご出演でした。初めて聴く曲もありました。
敬々さん、『夢は夜ひらく』を歌っていらっしゃいましたが、あの歌詞は敬々さんオリジナルなのかしら、それとも『夢は夜ひらく』の別バージョンの歌詞だったのかしら。

もちろんトリは三上寛さん。

3月20日に出た新アルバム『弥吉』曲もあったようです。実は『弥吉』は未入手だったのですが。お恥ずかしい。
『弥吉』曲の「古屋君とフクロウ」はそれが生まれる現場に居合わせましたな。わはは。

三上寛さんは最近エレキギターをトレモロアームなしのグレッチからトレモロアームつきのグレッチに持ち替えていらっしゃるのですが。
トレモロアームを多用するような演奏はなさってないのですが、ほんのちょっと、アクセントづけにちょっとだけトレモロアームをお使いになるのがとてもいい感じになってます。

という方向で、ライブを楽しんで帰宅。
帰宅してさっそく『弥吉』をAMAZONに発注しました。

|

« そして詩学校 | トップページ | 『かってに改蔵 新装版』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして詩学校 | トップページ | 『かってに改蔵 新装版』 »