« 三上寛さんのライブ | トップページ | 『対話の可能性』第7回 »

2010/04/22

『かってに改蔵 新装版』

『かってに改蔵 新装版』(今のところ2巻まで)
2巻まで購入&読了。
1巻が表紙カバー共に青一色で2巻が赤一色ですけど……

って、まるで2巻で終わっちゃうみたいじゃないですかーーー!!

…いやほんと、3巻以降は何色になるんだろう。他の色になるのかな?それとも青赤の繰り返し?

Wikipediaによると本作は作者の久米田康治が、現在少年マガジンで連載中の『さよなら絶望先生』の前に少年サンデーで連載していた作品とか。1998年から2004年の連載になり、サンデー連載はこれで最後、そして活躍の場をマガジンに移したということのようです。
ま、あたしはアニメの『さよなら絶望先生』から入って、原作単行本を買い始めた程度のファンですが。本作は『さよなら絶望先生』以外の久米田作品としては初めて買う&読む作品になります。

『かってに改蔵』は『さよなら絶望先生』にもキャラが出てたり、『かってに改蔵』から引きずったエピソードがあったりして、読んでみたい作品だったのですが。ただ、単行本はずっと品切れ中で手に入らない作品でした。ま、古本屋を探し回る根性もないし。
で、今回の新装版の刊行を『さよなら絶望放送』で知り、発売日に書店へ駆けつけた次第。

新装版ということで、普通の漫画単行本の新書サイズよりやや大きくなっています。
そして、新装版として巻末に新たに作者の久米田康治のインタビューコーナーとか追加されています。

絶望した!旧版を持ってる読者にも新装版を買わせようとする小○館の策略に絶望した!!

いやいやいや……

ま、ほんと、「ああ、こういうお話だったんだな」ってのが読んでみた第一感想。

『さよなら絶望先生』と同じく高校が舞台だけど、本作は生徒が主人公。
主人公の勝 改蔵(かつ・かいぞう)、改蔵の幼馴染で、天才だった彼が変人になった原因をつくってしまった名取羽美(なとり・うみ)、ある事故をきっかけに、改蔵は自分が改造人間にされたと思い込んでるんですが、彼を改造したと思い込んでいる相手、彩園すず(さいえん・すず)、そしてなぜだか下っ端にされてしまった、グルグル眼鏡をとれば美少年な坪内地丹(つぼうち・ちたん)。
彼ら彼女らのちょっと不条理シュールなギャグマンガでした。

久米田康治のマニアックな部分は本作でもいかんなく、というか絶望先生よりもむしろモロに出てるようです。まず鉄オタな部分。PCオタな部分。Superπなんて久しぶりに思い出しました。ちなみに自宅PCで久しぶりにSuperπを走らせてみたら104万桁22秒でしたよ。(余白コーナーにありましたが、もうこのころ久米田康治はPC上で漫画の原稿を製作していたようです。凄いです)
あと、C-4(プラスチック爆薬の一種)なんて名称がさらっと出るところを見ると、ミリオタの素養もあるかもしれません。

絶望先生ではサブタイトルは古今東西の名作小説のもじりになってるようですが、改蔵でもサブタイトルは古今東西のフレーズのもじりになっています。
そういった衒学趣味、久米田作品の特徴になるのかしら。

まぁ私は『さよなら絶望先生』から久米田ワールドを知りましたので、『さよなら絶望先生』に繋がっているファクターの萌芽的な部分に興味を惹かれたのだけど。だからこういう見方になりましたが。

あ、あと、多段ぶち抜きでキャラクターのカット、というのも久米田タッチなのかしら?それ、けっこう好きです。かわいい女の子のそういう絵、好きです。

逆に改蔵であって絶望先生だとあまりないのは下ネタかなぁ。改蔵だとたくさんあります。
男の子はチ○コから菊門まで。男ちくびネタも。女の子のぱんつどころか乳首まで出てきますな。
少年誌連載という話ですが、ほんとたくさん乳首出てます。あのころはまだまだ規制がおおらかだったのかしら。それとも当時としても思い切ったものだったのかしら。

んでもしかし、久米田ワールドにはあまり下ネタは似合わないような気がします。
絶望先生で下ネタがかなり減ったのは正解だったかと。
(あ、お約束ギャグでカエレぱんつネタはあるか。あとアニメ版だと晴美の上半身ブラいっちょとか、千里のピーマンぱんつは好きだったけど)
つか、基本的に下ネタ好きな方なのですが、わたし。

う~ん、『かってに改蔵』はながらく絶版状態だったそうですが。そしてそれは久米田康治と小学館の確執があったという噂話もネットで目にしましたが。それでサンデーからマガジンに活躍の場を移したと。ただ、どうなんだろ?ふつーに絶版になるくらいの作品のような気もチラッとします。いや、私は面白く読んだけど。でも、絶望先生を知らずにいきなり改蔵を読んでたらどう感じていたかは……。

という方向で、どうも『かってに改蔵』はこれからいろいろ作風も変わり、さらに絶望先生に繋がっていく作風になるようです。ラストも衝撃的とか。早く3巻以降も出して欲しいです。
つか、書籍関係でながらく絶版状態になってたのが新装版で出る、そして新作も加わるとアナウンスされ、とても楽しみにしていたのに途中で尻切れになって歯噛みした経験もありますし、何とか『かってに改蔵』は最後まで出て欲しいものであります。

しかし多少版形が大きくなったとはいえ、小さな書き文字は読み辛い。
やっぱ眼鏡買わんとな。

|

« 三上寛さんのライブ | トップページ | 『対話の可能性』第7回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三上寛さんのライブ | トップページ | 『対話の可能性』第7回 »