« 第28回日本冒険小説協会全国大会 | トップページ | 『途中下車の古本屋』 »

2010/04/02

パソコン、強めました。

月曜日は有休をとって、土曜日の日本冒険小説協会全国大会で撮った動画を編集してDVDを作ったのですが。
ソースはビデオカメラのHD規格の?AVCHD、それをDVDにしますから、再エンコしてDVD規格のMPEG2にすることになります。

が、ほんと、編集も出力もクソ重かったです。

使用PCはCPUがSocket939のAthlon64 x2 4200+(2.2G*2)でメモリがDDRの1G*2、これをASRockの939SLI-eSATA2に乗っけてます。自分のブログをひもとくとマザーを買ったのが3年ちょっと前、CPUは3年近く前に買ったもの。
CPUを買った時はもうDDR2が主流だったはず。ただ、もう、DDR2世代はスキップしようと思ってAthlon64 x2 4200+を買いました。

もう今はDDR3が主流だと思いますが、なかなか軍資金も整わず、DDR3世代化もできませんでした。ま、ふつーに使ってるなら4200+で十分ですし。ネットして、アナログ地上波で録画したTV番組をCM抜きしてDVDに焼いたり、古めのゲームを遊んだりするぐらいなら。

しかしこれからHD動画を扱うとなるとちょっと苦しいですな。
どうしようかとしばらく悩んだんですが、「もういいよね」と思ってDDR3世代に移行することにしました。

ま、今まで通りAMD系統で。Intelはもう使わなくなって久しいから、勝手がまったく解らずちょっと手が出し辛いし、Intelマザーってなんか高いって印象もあったし。
それとやっぱり「微妙にマイナー」なのが好きです。ちょっと前のビデオカードで例えるなら、最大手のnVIDIAはそっぽ向くけど、ちょうマイナーなSiSに手を出す勇気もない、でそこそこマイナーなATIを使うって感じ。

100402

買ってきたのはこれだけ。

CPUはPhenom II 945(3Ghz*4)です。ほんとは最上位の965 Black Editionにしようかと思いましたが。HD動画編集ならどれだけCPUパワーがあっても十分ということはないと思いますし。お金の無い時ですから、下位CPUを買って不満になって買いなおすより、思い切って最上位買っておけば逆にいいかなと思いましたし。数千円の違いですし。
でも、Black EditionシリーズはCPUクーラーが付いてないそうで。どのCPUクーラーがいいかとかリサーチするのもめんどくさかったので、リテールクーラーの付いてて最上位の945にしました。リテールクーラーはアルミ製のごくシンプルなものでした。TDPは95Wだそうで、そのくらいならこのくらいでいいのか。

メモリはCorsairのXMS3って奴にしました。Corsairは昔の評判で「高くて良い」メモリのメーカーだと思ってますが。こういう普及価格帯の品物はどうでしょうか?ま、定格で動けば良し、なんですが。DDR3-1600になるそうです。店員さんはDDR3-1333でいいって言ってましたが。ま、オーバースペックならいいかと。ここらへんの規格とか組み合わせもまだぜんぜん解ってないのですが。
容量は2G*2で4G。これも1G*2で2G積んでましたから一気に倍!ですな。といっても使うのは32bit OSですから使えるのは3G超くらいです。64bit化すれば4Gフルに使えるだろうけど、その時には4Gじゃ不足とか思うんでしょうね。

マザーはGIGABYTEのGA-MA785GT-UD3Hという品物にしました。去年の夏リリースされた品物のようですが、1万円ちょっとと安かったので。安いわりに高品質をうたってますし。長もちしてくれるとありがたいです。
AMD785G+SB710というチップセット構成のマザーです。AMD785Gはグラフィックス統合チップセットですが、もちろんビデオ周りは手元のRADEON HD 4770を使います。AMD系の統合チップセットとGPUには、ふたつを組み合わせてパフォーマンスを向上させるHybrid Graphicsという機能がついているそうですから、それもおいおい試したいと思ってます。

今時のマザーはチップセットのヒートシンクもヒートパイプ式の凝ったのが多くて、発熱も凄そうですが、この品物はノースもサウスもチップセットクーラーはヒートシンクです。ま、それもあって安価なのでしょうか。ほんと、2万円くらいのマザーと、こういう1万円ちょっと越えたくらいのマザーと、どのくらいパフォーマンスは違うのでしょうか。

ちなみにGIGABYTEのマザーは確かこれで3枚目。ただ、私はどうもGIGABYTEと相性が悪いようで、以前の2枚はすぐに使わなくなりました。トラブルがあったとかじゃなくて、ほんとうに、「なんか気に入らない」とか「他に目移りした」という理由で使わなくなったのですが。このマザーはどうなるかな?

GIGABYTE、昔、「オーバークロック機能はついてないけど、定格で使うならド安定している鉄板マザーのメーカー」というイメージがありましたが。もうそれじゃ商売できないのか、オーバークロック機能もついてるし、オーバークロック用ソフトも添付されているようです。ま、私は定格で使うつもり。壊したら買い直すお金なんてないもの。

上記の3点の品物はひとつのお店で買い揃えました。底値をつけてるショップを回ってバラ買いするという方法もあるのですが、もし初期不良とか相性とかでトラブルとなった場合はやっかいです。どの部分でトラブルが起きてるか解らないままショップをハシゴしないといけませんし。だから多少高くても同じお店で買い揃えました。ギリギリの予算で買いなおしとかできる状況じゃない時は、逆に多少お金がかかってもこういう方法で買うほうが保険です。

あと、これは別のお店でですが、500Gのハードディスクをひとつ。これはOSのインストール用。もしトラブって動かなくても元の構成に戻せるように。ま、ほんと、500Gのハードディスクでも4千円ちょっとですな。

以上で4万ちょっと。4万が目安だったので少し予算オーバーしましたが。
しかし今月どうしよう。もうすぐアパートの契約更新もあるんだけどなぁ…。
つか、毎月末はいつも給料が出るかドキドキの状態なんだけど。

さて、ほんと、プラットフォームからPCを組み直すのは久しぶりです。

まず、ケースからマザーボードを取り外し。埃まみれになってるのでケース内を簡単に掃除して。
私はマザーにCPU、CPUクーラー、メモリを組み付けた状態でケースに組み込みます。
CPUクーラーの取り付けとか結構力が要ったりするし、メモリもきちんとはめるにはそうしたほうがいいです。

PCの組み立てでいちばん厄介と思ってるのが、フロントパネルコネクターの挿し込みです。
電源ボタンやリセットボタン、PowerLEDやHDDアクセスLED、ケーススピーカーのコネクタの挿し込みですな。これが小さくてケースの中に手を突っ込まねばならないし、ちょっと引っかけるとすぐ抜けるし、けっこう厄介です。ASUSのマザーはそこんとこ工夫してあると聞きますが。

で、電源類を繋いで、まず最初にCPU&クーラー・メモリ・ビデオカードの最小構成で立ち上げてみます。いちばん緊張する瞬間ですな。モニターに何も写らずにピーピー音がするのみって経験もあります。立ち上がらずに、何度も電源ボタンを押してやっと立ち上がったという経験もあります。ま、今回は普通に立ち上がりました。

BIOSはAWARDのようです。ここ数年ずっとASRockのマザーを使っていて、ASRockはAMIだったのでちょっと戸惑います。自作用マザーではAWARDのほうがずっとシェアは多いのですが。
起動時にスピーカーが一瞬「ピッ」と鳴るのですが。このタイミングがAMIだとPOSTが終わったあたりの遅いタイミング、AWARDはAMIより早いタイミングで鳴ります。BIOS SETUP MENUに入るには、このPOST中に特定のキーボードボタンを押さないといけないのですが、だから、AMIなら鳴る前、AWARDだと鳴ったあとに押すことになります。もちろんそのボタンもAMIならだいたいF2、AWARDならDelですし。

SETUP MENUもほんと、なんかごちゃごちゃとたくさん項目があります。なんかうんざりですな。昔、もっとナイーヴな自作PCマニアだった頃はたくさん項目があると嬉しかったものでしたが…。

ま、ほとんど私はデフォルト値で使います。メモリのタイミングをギリギリまで詰めたりとかはもうしません。だいたい録画用にPCを使ってますから、速くなるけれど動作が不安定になるようなことはもうできません。使わないオンボードデバイス、例えばシリアルポートとパラレルポートをDISABLEにするくらい。

で、あとは、他のカード類(といってもキャプチャカードのGV-MVP/GXWをつけるぐらいだったけど)を挿し、ドライブを繋ぎます。今回間違えてフォーマットするのが怖かったので(一回やらかして、秘蔵のエロ動画全滅させました)、Cドライブ用の今回買ってきたHDDと、あとBD-ROMドライブとDVD-Rドライブを繋ぎます。

で、今回はWindows7をインストールします。昨秋、Vistaの7アップグレードつきを買ったわけですが、AM3にするなら7にしようと思ってましたので。前のマザーで公式にはVistaまでのサポートだったGV-MVP/GXWも最新ドライバを使えば7でも動くと確認してましたし。

で、DVD-Rドライブから起動させて…。あらら、どうもデスクトップ画面が出たところ停まってしまい、それ以降のセットアップには進まない様子です…。時計を見ると録画予定の深夜アニメの時間が刻々と迫ってます。

数回再起動してもダメ。やっぱ相性が出たのかしら?元の構成に組み直そうかなと思いながら、数回再起動したのですが…。トイレを我慢しながらやってましたが、もう我慢できなくなって、デスクトップ画面が出たままの状態でトイレへ…。ウ○コをして戻ってくると、モニターにはセットアップ開始の、あの言語とかキーボードタイプを設定する画面が出てます。
んで、インストールできました。

ウ○コに行かなかったらそれに気づかず、そのままショップのサポートにネジ込んでいたところです。(キャプチャカード外してリトライするべきである状況ですが)
いやほんと、ウ○コのおかげでトラブルシュートできる時もあるのですな。

…という事で、Windows7のインストールが最初の方で停まると悩んでいらっしゃる方は、だいたいウ○コ1回分の時間ぐらい待ってみることをおススメします。
しかし何でこんなに停まってるのかな?システムチェックとかメモリチェックでもしてるのでしょうか?

ま、セットアップ終了後、ディスプレイドライバ、LANドライバ、サウンドドライバ類をインストールして、データ用とバックアップ用のHDDを繋いで。ケースを閉じて。
Windows7でのドライバレターの変更がちょっとわからなくて戸惑ったり。XPを何年も使っていて、まだVistaにもじゅうぶん慣れてないのに7ですからねぇ。

録画終了後を待って、ソフト類なんかもぼちぼち入れていって、ほぼ徹夜状態。ヨレヨレです。

2.2Ghzのデュアルコアから3Ghzのクワッドコアにして。メモリもDDRからDDR3だからだいぶ速いはず。やっぱり軽いです。体感でしっかり解ります。
ちょっと動画の再エンコもやって見ましたが、以前の半分~三分の一とか。やっぱり凄いですな。ま、HD動画を本格的に扱うようになればまた時間がかかるようになるでしょうが。

…という方向で、あとは常用ソフト類をぼちぼちインストールして、使い勝手のいいように少しづつカスタマイズして。しかし、ほんと、XPでずっと慣れた体には7はややこしいや。

あとは様子を見つつ。CPUクーラーはカスタムグレードのよく冷えて静かなのにしたいし、チップセットクーラーも発熱状況を見ながら冷却強化を考えたいと思います。

ほんと、こういう出費をして大丈夫かどうか少々心もとない現状ですが、今はシアワセであります。

ケースさえ買えばもう一台、ふつーに使えるスペックのPCも組めますから、そのうち安いケースを買ってきて、予備PCを用意しとこうかとも思ってます。

|

« 第28回日本冒険小説協会全国大会 | トップページ | 『途中下車の古本屋』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第28回日本冒険小説協会全国大会 | トップページ | 『途中下車の古本屋』 »