« PowerDirector 8 Ultra | トップページ | 西欧のペドに対する強烈なタブー »

2010/03/15

UnderGround Party Vol.2

土曜日は神楽坂EXPLOSIONへ、日比谷カタンさんご出演のUndergroundParty Vol.2を見に行きました。
土曜日は出勤日なので、終業後、戸締りをして晩メシ食って神楽坂へ。
神楽坂EXPLOSIONは何度も行ってるけど、改めて気がつくと神楽坂って結構オサレ臭のする街ですな。
つーか前を歩いていたカップルがいかにもオサレデートな会話だったんでコンチクショーだったんですが…。

当日、開演時間が早かったので、入場は2番目の?永見雪尋さんのステージが始まったあたり。
永見さんもマカフェリ使いみたい。マカフェリ使いはめったに見ないのだけど。いや、三上寛ファンクラブ仲間の敬々さんが使っていたのを見たことがあるけど。サウンドホールがD字型になってるほう。
サイトを拝見すると永見さんは日比谷さんの影響でマカフェリを使い始めたようですね。

次は分身師 夢野修也さん。ヴォーカルが夢野さんかしら?あとサポートでアコギの方。
分身師というのは彫師のことだそうですが。刺青を彫る方。でもお姿を拝見してる限り、彫物が見えたりしてないし、優男風の風情ですから、そうは見えないのですが。
ただ、眼鏡越しでも目つきが鋭いのが解って、気がつく人はタダナラヌ方だと気がつきそうです。

プロジェクターで映像を映しながらの演奏。スクリーンに映すのではなくて、ライブを普通にやってるステージに映すかたち。

5月は高円寺の無力無善寺でライブだそうです。
りむさんの*microscope*や、母檸檬の成瀬晃一さんのご出演もあるようです。
そういえば井上陽水にも『恋の神楽坂』って神楽坂を歌った歌があったな…。
結構好きな歌です。

島村秀男さんはカラオケメインに鐘とかアコーディオンとかの方。
昔の美少年アイドル、城みちるとかをちょっと思い出しました。まぁこの程度の連想しかできないプァなあたしの感性&音楽知識&表現力なのですが…。

お次が日比谷カタンさん。

「ステレオボーイVSステレオタイプ」(でいいのかな?)で始まって。何度か書いてるけど、この曲はすっかり中年(つうかそろそろ初老か?)のあたくしのそこにほんの少し残ってる少年的な血が騒ぐ、好きな曲です。
『ウスロヴノスチの切符切り』、それと某カバー曲。

それと新曲がありました。『ベビースキンの世界紀行』とか。
日比谷さん風の「渋谷系」になるそうです。
日比谷さんは寡作な方と思いますが、それで新曲となると嬉しいです。

「渋谷系」、言葉だけは知っていましたし、今回、Wikipediaとかネット検索して楽曲も聴いてみましたが。ほんと、それだけの知識ですが、ま、オサレな感じで好きですね。でも、コンチクショーとも感じますね。オサレさには。「もてない男」としては。嗚呼オリだってよぉ、オリだってよぉ、オサレな服着てヨォ、オサレなカノジョとかつくってヨォ、「あのワインいい香りだったね」なんてオサレな会話をしたかったヨォ(号泣)。

ま、ガン&ミリタリーマニアとして当時の渋谷は良く行く街でしたがね。ウェスタンアームズ、JAC、東京ファントム渋谷店、東急ハンズ(工具とか買いに)、ラピッドファイアー、アルバン…。っていうか裏渋谷系?ただ、渋谷の人ごみを歩いて帰ると帰宅後必ず数時間は寝込んでいましたが。

いや、ま、閑話休題。

曲自体はオサレな、私が解る・感じられる範囲内ですが、「オサレ」な印象の曲。
しかし、曲と同じくらい長い日比谷さんの解説によって、その裏の意味もあって。
こういったダブルミーニングは、オサレでオサレ好きな人たちが好むものの下に毒を潜ませるってのは好きな手法です。

歌ってのはそういうのができますよね。むちゃくちゃオサレな、あるいはロマンチックな楽曲、しかし歌詞をよく考えてみるとダブルミーニングとか。サザンオールスターズとかにあった手法かな。あと、井上陽水とかだと、意味の取れない、シュールな歌詞をむちゃくちゃロマンチックなメロディーにのせて、思わず口ずさむような歌に仕上げてくる。

あたくしとしてもアレは好きです。天然モノはもちろん、人工モノも。その人工するというフェティッシュな部分において。剃刀で剃り跡残ってるのも脱毛剤でつるっつるてのも好きです。美少女が天然モノにしろ人工ものにしろそれで、あと、脇は伸ばしてるってシチュなんて想像するだけでゾクゾクしますな。それにピアシングとかTattooとか加えると更にヨシ、でありますよ。
ああ、私にもそういう風にしてくれる、美少女なカノジョができないかなぁ…。キモメンには無理か。

つか、生え初めのころ、お風呂でそれが気が着いてパニックになった私、思わず剃った経験があります。風呂場にあった親父の髭剃り使ってね。それに気がついた親父は電動シェーバーに替えちゃいました。

『対話の可能性』で〆。私が日比谷カタンさんに出会ったのは、2002年秋の「クッタブタ祭り」。三上寛さんご出演というのと、あと、あの伝説の酒場、青い部屋でのライブという事で。そしてハマったのはその翌年の独唱パンク。あの時行ったのも三上寛ファンクラブ仲間で好きな方がご出演というのがきっかけ。何度か書いてますが。
で、改めて考えると、あの頃の日比谷さんのナンバーがないライブでした。今回は。

しかし、「渋谷系」があるのなら「日比谷系」と言ってよいかもしれません。日比谷さんの世界は。

トリが山田庵巳さん。山田庵巳さんのご出演は知らなかったので嬉しいサプライズ。
つか先日引退ライブというのを拝見したような気がしますが…。
いや、そういうギミックの方なのかしら?「ひくつ系」含めて。
今回ちょっとギターの調子が悪そうだったのが残念ですが。

という方向でライブを楽しんで帰宅。

|

« PowerDirector 8 Ultra | トップページ | 西欧のペドに対する強烈なタブー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PowerDirector 8 Ultra | トップページ | 西欧のペドに対する強烈なタブー »