« 新春巴里祭 | トップページ | 『ラブプラス』考 »

2010/02/01

犯人が絶世の美女だったら

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100201-00000026-jij-soci
『連続不審死、35歳女を逮捕=練炭自殺装い男性殺害の疑い-容疑を否認・埼玉県警』
(時事通信より)

犯人が絶世の美女だったら少しは救われるんですけどね。
大美人だったら鼻の下伸ばして騙されやがってって思えるけど。

ほんと、鳥取の事件といい、まぁはっきり言って犯人は“ブス”ですけど。
だから逆に、なんか被害者の心中が痛いくらい察せられるんですよね。
「ブスだけど、オレと釣り合うのはこのくらいの女性だろうな。高望みはすまい。彼女、気立てはいいし、良くしてくれるし。こういう人とささやかだ けど暖かい家庭が築ければ幸せだろうな」
って被害者さんのささやかな希望が伝わってくるんですよね。ほんとに痛いくらいに。

「もてない男」、キモメンの私だからこそそれが良く解るのかなぁと思うのですが。
だからこそ、だからこそ、この犯人が許せません。そういうささやかな希望さえ踏みにじるなんて。

こんな奴は死刑になればいい。
そして生まれ変わっても詐欺師をやろうというなら、せめて絶世の美女に生まれ変わってくださいな。

|

« 新春巴里祭 | トップページ | 『ラブプラス』考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新春巴里祭 | トップページ | 『ラブプラス』考 »