« 灰色の小さな雪だるま | トップページ | Kim Doo SooさんのCD »

2010/01/14

新アニメ『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』

新房シャフトのアニメが好きです。
いちばん最初に意識したのは『ぱにぽにだっしゅ』あたりから。『月詠』もちょっと見てたけど。
『月詠』はあまり熱心には視聴しなかったんだけど。ネットの評判とかはよく見て、興味は持ってました。

で、同じところ、つまり新房シャフトがが作る『ぱにぽにだっしゅ』が始まって、おおはまりしました。

それから毎期、新房シャフト作品はとても楽しみになりました。
『さよなら絶望先生』シリーズ、『まりあ†ほりっく』、『夏のあらし!』シリーズ、『化物語』。気がつかなくて見逃した作品もあるけれど、ちょっとぴんとこない作品もあったけど、でもおおむね楽しく視聴してきました。

新房シャフト作品の魅力はその演出にあるかと思います。斬新というか前衛的というかシュールというかお遊びたっぷりというか。そういうの、好みが大きく分かれるところだと思いますが、私は大好きです。

今期の新房シャフト作品は『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』と『ひだまりスケッチ』シリーズの3期目、『ひだまりスケッチ×☆☆☆』ですか。

『ひだまりスケッチ』シリーズは2期の『ひだまりスケッチ×365』を見ました。これはちょっとぴんときませんでした。1話ちょっと見て後は見なかったです。今期の『ひだまりスケッチ×☆☆☆』もちょっと…。ほのぼの過ぎて駄目なのかな?あたしは毒のあるほうが好きみたい。

で、今度は『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』第1話「プロムナイト」を見てみました。
(以下ネタバレゾーンにつき)

謎の連続通り魔事件。どうもヴァンパイアの仕業らしいという噂。
それを受けた「ヴァンパイアは実在するか?」という情報バラエティ番組。
その生放送中にヴァンパイアが出現し、ヴァンパイア一族の女王という少女がその低俗ヴァンパイアを倒します。
そしてそのヴァンパイア一族の女王、外見は少女のミナ・ツェペッシュが、今まで闇の存在だったヴァンパイア一族がこれから表に出てくること、そして、湾岸埋立地に自分たちの租界(バンド)を設けることをテレビカメラの前で高らかに宣言します。

ま、そのヴァンパイアが表に出てくるのはその通り魔騒動がきっかけなのか、それともそれは仕込みで、ヴァンパイア一族が表に出てくる計画のひとつだったのかは解りませんが。

導入としてはいい話の作り方だったと思います。

だいたいこういう私たちが暮らしているような現代の“現実”に“非現実”な物、超能力とか魔法とか異界の住人が当たり前に存在する世界観を舞台にした作品って、そういう世界になったきっかけ的な話は描かれない作品が多いように思いますし。

今回は新房シャフトという感じがあまりしなかったような気がします。演出も普通のアクションアニメっぽかったと感じました。今まで見てきた新房シャフト作品みたいに一見して「新房シャフト臭」とでも呼ぶべきものが漂ってきたという感じはしませんでした。
同じことは『ひだまりスケッチ×☆☆☆』にも感じられたんだけど。
(もちろん私はアニメを見るスキルが低いので、そう感じられただけで、見る目のある人が見れば新房シャフトの特徴をいくつか感じられたかもしれません)

お遊び要素としては冒頭の通り魔事件の舞台が東京都杉並区井荻、つまり、シャフトの所在地だったというくらいかしら。

まぁもちろん優れた監督&スタッフというのは、その作品にあった演出手法の引き出しをいくつも持ってるものだろうし、今回はこういう演出が作品に合ってるという判断なのでしょうが。

そしてもちろん本作がこれからどうなっていくかは解らないのだけど。

まだ主要登場人物のひとりが登場していないし(ちらと出た?)、話がどう動いていくかも解らないのだけど。

継続視聴するかしら…?
しかし前期の積読アニメもほとんど消化してないし、ちょっとアニメを見る欲求が最近落ちてきています。そういう私的な事情もあるのだけど。
前期あたりから熱心に見る作品もなくなりましたし。

いや、ま…。

|

« 灰色の小さな雪だるま | トップページ | Kim Doo SooさんのCD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灰色の小さな雪だるま | トップページ | Kim Doo SooさんのCD »