« 誰か故郷を想はざる | トップページ | 追い出される路上弁当 »

2009/12/14

第7回 千石空房寄席

昨日は千石の長屋改造のギャラリー、千石空房さんへ三遊亭歌橘さんたちの落語会「第7回 千石空房寄席」に行ってきました。
去年の12月に始まった千石空房寄席、1年ぐるりと巡って第7回目になりました。

千石空房寄席は真打の三遊亭歌橘さん、二ツ目の三遊亭歌扇さんと古今亭大五朗さんの三人会なのですが、歌扇さんと大五朗さんはご多忙のため欠席、今回は三遊亭歌橘さんだけのご出演となりました。

演目は『金明竹』。前半の与太郎の丁稚さんの頓珍漢な問答、後半の立て板に水の口上、面白いです。歌橘さんの『金明竹』は何度も拝聴していて、お得意の演目のひとつなのでしょうか。

歌橘さんもこれからお席があるそうで、あわただしく向かわれました。ほんと、師走の落語家さんはお忙しいようです。

それから千石空房お身内のお嬢ちゃん方の歌と踊りがあって。

これで千石空房寄席はひと区切り。
来年からは年4回の予定だそうですが。

千石空房寄席が始まったときには前座だった三遊亭歌五さん、古今亭だん五さんは二ツ目に昇進され、それぞれ三遊亭歌扇さん、古今亭大五朗さんとなり。
前座さんの勉強会として始まったこの会として、とてもめでたい事だなと思います。

いっぽう私は落語を聴く機会というとこの会しかなくなっていて、ちょいとさみしい事だなと。

ほんと、勤務先が傾いている状況で、なかなか落語とかも聴きに行けないのですが、かえってこういう時こそ落語でも聴いて気晴らしして、煮詰まらないようにしたいとも思うのですが。

貧すれば鈍す、ですな。
ほんと。

|

« 誰か故郷を想はざる | トップページ | 追い出される路上弁当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰か故郷を想はざる | トップページ | 追い出される路上弁当 »